タグ:Essential Oils ( 41 ) タグの人気記事

メディシナルハーブをより一層楽しむステップアップ講座 2016年4月 in Tokyo



e0046112_19364636.jpg
メディシナルハーブをより一層楽しむステップアップ講座 in Tokyo


沢山の皆様からお申し込みをいただいたこちらのお講座、少人数で行うため

10月には多くのキャンセル待ちを頂いたため、急遽2016年4月にも行う事になりました♪



【日時】 2016年 4月20日(水曜日) 10:45〜17:45(お昼休憩1時間含む)

開場& 受付開始:10:30

【場所】 ジアスセラピストスクール東京本校

     東京都港区西麻布1-4-9 2F

(東京メトロ日比谷線・大江戸線 六本木駅2番出口より徒歩6分)


【参加費】 ¥13,000(テキスト、実習費&お持ち帰りアイテム込み)

【お申し込み&問合せ】


●こちらのお講座はキャンセル待ちお受付中となっております。


リエコまで(★を@マークに変えてお送りください)info★herbalhealing-uk.co.uk

*メール受信後 お申込みお手続きお知らせをご連絡させていただきます。

*3日以内に返事が無い場合はお手数ですが再度お問い合わせくださいませ。

海外からのメール受信可能なメール設定の上お問い合わせください。


<講座内容>


ステップアップ①:


基礎となる剤型をステップアップした形で学び使う講座です。

学んだ事はあるけれど、一度も作った事が無い。

名前は耳にした事があるけれど、見たり触ったりした事がない。

もう少しハーブを使える様になれるようにコツや意見を聞いてみたい。

など、ハーブを一度でも学んだ方にとっても、そして初めてハーブを学ばれる方にとってもお役に立つ情報や深く学べる機会満載の講座となります。


ステップアップ②:

精油の使用法について。ハーブ治療の中での精油の利用とは?

イギリスやフランスなどでの精油はどのように使われているの?

メディカルアロマセラピー/アロマティックメディスンとしての

精油が持つ効能/治癒力に注目をした精油の使い方を体験してみよう。


精油の使用方法は国や各協会によって本当に様々な捉え方や使用法があります。

メディカルハーバリストとして(治療家)、アロマセラピスト(セラピスト)として、過去20年に渡りイギリスやフランスにてアロマセラピーを学び、その実状を見て来た経験を踏まえて、「より安全に楽しめる、精油、アロマティックメディスン」を 皆様に様々な剤型と共にご紹介。


★実習込み&授業の中で作った剤型を一部お持ち帰りいただけます。




剤型紹介(予定)


【内服剤ステップアップ①】


有効成分に合わせてハーブを上手に摂取しましょう。

数種のハーブを例に取り、それぞれのハーブにとって適した飲み方(摂取法)を

実習や試飲を交えてご紹介


【内服剤ステップアップ②】


①精油の安全な飲用の仕方のご紹介

カプセル剤

*実習

飲用専門の希釈液剤や錠剤

②精油成分を重視したチンキ剤のご紹介

③アロマティックメディスンの中の「ハイドロソル/芳香蒸留水の飲用について」

e0046112_19451156.jpg

【外用剤型ステップアップ①】


浸出油を楽しむ 

普段は太陽高熱法(Macerated oil)で作りがちの浸出油ですが、

温熱法(Infused oil)で作った方がベターなハーブ類は多いのが実状です。

今回はドライハーブを使い 温熱法(Infused oil)の浸出油を製作します。

様々な浸出油の使い方やお役達レシピなども一緒に学びましょう。

*お持ち帰り付き(時間が許せば2種類の浸出油を作りたいと思います)




【外用剤型ステップアップ②】


精油の高濃度&直接塗布(部分利用)について

吸入について

座薬(肛門/膣など)

*座薬を作ってみよう。(実習もしくはデモンスとテーション予定)




[PR]
by PHYTOUK | 2015-11-10 19:48 | ワークショップ&教室:日本

Jasmine Enfleurage

フランスにて行われたクリニカルアロマセラピーのコースから戻りました!

またこのコースでの模様をゆっくりとアップさせていただければと思いつつも

今回は「剤型作り」のお話を。。。

e0046112_19242111.jpg

先月→こちら

の記事でご紹介させていただきました

Michelle Cavallierさんから、植物基剤のみで作る アンフルラージュ(Enfleurage)製法

(HPは→こちらからをご紹介いただいてから「自分でも作ってみたい〜〜」と

“作りたい病”がむくむくわきまして、

また丁度家にはそろそろ使い切った方がよいであろう

オーガニックのシェアバターもあったので、

「試作」として

自宅のジャスミンにてアンフルラージュに挑戦してみました。


今回は次の旅迄での間という事もあって、1週間しか試作期間がなかったのですが

ほんのりとジャスミンの香りがバターに浸透しました♪


試作してみて分かった“コツ”も学べましたよ~

シアバターだけではちょっと肌に直接付けるに際に硬さが気になるので

次回は植物オイルもすこしベースに混ぜてみようと思います。


この後グラースの香水博物館でも アンフルラージュの作り方を復習できる機会があったので、また来年も数種類作ってみようと計画中です♪

--------------------------------------------------------

*2015年7月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2015-07-21 19:31 | 基材紹介

カモミールパウンドケーキ

e0046112_07465216.jpg
今回のケーキはジャーマンカモミールのパウダーを使ったスペルト小麦のパウンドケーキです。
オレンジの果汁&ピールも入れたフルーティーな味わいです。

テーマは「ほっこり気分&お腹に優しい」という事で
選んだハーブは「ジャーマンカモミール」
そしてローマンカモミールとスィートオレンジの精油も使い、
最後の仕上げにはオレンジ果汁とジャーマンカモミール芳香蒸留水で作製したシロップを
焼き上がりに使いしっとり&香り深いパウンドケーキとなりました。

地味なのでマリーゴールド&ヤグルマ草のフラワーを使って華やかに仕上げてみました♪

.....................................................
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。*
*2014年12月以降のイギリス&日本での講座などの情報は→こちらから
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」


[PR]
by PHYTOUK | 2014-12-01 08:20 | HERB

Aromatic Scones

急に冷え込みが厳しくなってきたイギリスです。
今日も朝から冷え冷えだったので、身体が暖まりそうな、そして元気でハッピーに
してくれるようなお菓子を作ってみようと急に思い立ちまして
ハーブ&アロマティックスコーンを試作してみました。

パウダー状のハーブで何かあったかしら?と
ごそごそ探してみましたら
Eleutherococcus senticosus
シベリアンジンセン(エゾウコギ)の根のパウダーが少しだけ
余っていたのでさっそく使う事に。

e0046112_00252682.jpg
私は小麦粉が今一お腹に合わないので、今回もスペルト小麦にお世話になります。
今回のベースの材料はこんな感じ

・スペルト小麦
・無塩バター
・砂糖少々
・牛乳少々
・乾燥無花果


e0046112_00251141.jpg

ここまではひじょーに普通のスコーンですが
ここに

・シベリアンジンセンパウダーとシナモンパウダーを1割程

そして 

・精油のカルダモンとスィートオレンジを数滴使いました。


e0046112_00253660.jpg

出来上がったスコーンはちょっと膨らみが今一でしたが 笑
スパイスとオレンジのアロマの香りがふんわりと香って
とっても美味しかったです。

次回はガトーショコラでも久しぶりに作ろうかな?


......................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年10月以降のイギリス&日本での講座などの情報は→こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」 


[PR]
by PHYTOUK | 2014-11-06 00:32 | AROMA

外用ハーブ剤

今週末から日本でのお仕事なので、その前後2週間程はこちらの仕事をお休みさせていただく関係上
かな〜〜りばたばたしてしまいます。
ハーブリメディも私が日本にいる間に必要となる患者さま向けに、出発前にお作りさせていただく事から
この週末も沢山のリメディをご用意させていただきました。
チンキ剤他外用リメディもお作りしたのですが
やっぱり楽しいですね。外用剤作りは♪

ハーブ基剤、精油をたっぷり使った
外用剤達〜〜 



e0046112_18283915.jpg
かゆみ炎症用、ストレス性の片頭痛用、肩こり用、乾燥&安眠用と
ジェルベース外用剤や軟膏剤を製作させていただきましたが
精油の香りがお部屋中に広がってこちらまでリラックス♪させて頂く事ができました。


......................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年8月以降のイギリス&日本での講座などの情報は →こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」 


[PR]
by PHYTOUK | 2014-10-06 18:35 | HERB

French Aromatherapy study tours 前半

*6月以降のイギリス&日本での講座UPなどの情報はこちら
そして治療やセラピーの詳細やお問い合わせはメインHPサイトをご参照下さいませ。



e0046112_1871011.jpg


二週間以上となりましたアロマセラピー研修からもどりました!
今回は偶然?必然?的に2カ所 異なるオーガナイザーの元での研修に参加する事ができました。
前半は 化学、植物学、製剤に関するレクチャーなど毎日朝9時半から18時半までお昼休みのみのぶっ続けの勉強モード!
ものすごーく勉強になりました。

最初の研修先はこんな素敵なプロヴァンスの山々に囲まれた自然の美しい場所で行われました。

e0046112_18153880.jpg


一日目は長旅での身体を元気にしようと
山歩きです。


e0046112_1822928.jpg


最初の休憩場所で見つけたのはとっても凛々しいエルダーフラワー。

この地方で育つ野生の真性ラベンダーや
この地方に育つタイムのケモタイプの話しなどをしながら
野生のタイムを摘み(街が管理している場所なのでハーブも守られています♪)
海側と山間と異なった顔を見せてくれる地域で
植物の生態を垣間みる事ができる貴重な場所でもあります。



e0046112_18161630.jpg


これまた自然、この地方に育つ芳香植物の大切さを伝える為に街から
託されている蒸留器を管理してくださっている素敵な農家のご夫婦のお宅で
タイムの蒸留そしてできたてのタイムの蒸留水を試飲♪


必死で授業について行かなくてはいけなかったので
前半は授業が終わる夕方にはぼろぼろ状態でしたが 笑

途中途中でとっても素晴らしい体験をさせていただき
大好きなグラースの街にある博物館では
久しぶりに 手の込んだ「enfleurage」の見本を見れたりと
学びに体験にと120%楽しむ事ができました。
e0046112_18273035.jpg



一番良かったのは、ずっと正しいと思っていた事が間違っていた事を
知る事ができた事かな? うわーー これも間違った情報だったんだ!って
赤面する事が多くって びっくりでしたよ〜 苦笑。


e0046112_18472297.jpg

もっともっと学んで行きたいと思った貴重な9日間でありました♪

中盤&後半に続く 笑
[PR]
by PHYTOUK | 2013-07-09 18:21 | AROMA

aromatopia No.116

*1月以降のイギリス&日本での講座などの情報はこちらをご参照下さいませ。


e0046112_7453253.jpg
この数ヶ月 セラピー以外の時間のほとんどを
執筆の時間に費やしている私です。
面白いもので(客観的に見ると面白いですが...)雑誌などの原稿締切などは数件なぜか同じタイミングで
来てしまうもの。。
自分で言うのもなんですが、割と仕事のスケジュール調整をするのが得意なんですが
さすがにこう同じタイミングでの締切が重なりますと
何を書き終わったか記憶が怪しくなってきてしまいそうでちょっと怖いです 笑。

幸運にも記事の内容がまったく違うので間違いといった事は無いのですが
めずらしく間に合うのか!!と焦る毎日を過ごしました。。。


校正がまだまだありますが とりあえず
一部は修了。(ほーんとうに一部ですが、、終わりはきっと来るはず!)
脱稿しおわった後のハーブティーは格別です。
今後2週間がラストスパートです。がんばりまーす。

そんな中、記事の一つをフレグランスジャーナル社様発行の
aromatopia No.116  2013/1月号(vol.22/No.1)
にて掲載させていただきました♪ (*画像はHPからお借りいたしております)

「イギリス文化の香りと最近のアロマテラピーについて」の特集です。
私の尊敬する多くの方々が同じ号にて記事をお寄せになっていらっしゃって
そこにずうずうしくも(その上自分の記事の内容はイギリスよりもフランスの話しが多いというのに関わらず)一緒に載せていただき、とっても光栄であります。
今から冊子を手に取るのが待ち遠しいです。

aromatopia様とも2001年の45号よりの、気が付けば、かれこれ10年以上のお付き合いですねー。でもハーブ以外の記事を書かせて頂いたのって今回が始めてだったかもです。
何だか新鮮で楽しかったです。
今後とも宜しくお願いもうしあげます。
[PR]
by PHYTOUK | 2013-01-26 07:55 | 執筆活動案内

ペットとオーナーの為のハーブ製剤セミナー

*1月以降のイギリス&日本での講座などの情報はこちらをご参照下さいませ。

e0046112_18194077.jpg



2013年最初のセミナー紹介はペットを癒すプロになる!ペットアロマ・ハーブでプロフェッショナルを目指す方のためのセラピスト養成スクールジアスセラピストスクール東京校様でのハーブ製剤セミナーです。今回オフィシャルにするのは初ですが
この数年ずっと一緒に動物も交えて楽しく学ばさせていただいているスクール様です。

ペットにも使える用にと工夫した内容となっておりますが
もちろん全て人間用として(笑)ペットがいらっしゃらない方にも
オーナー様用にもなる製剤ばかりです。皆様お気軽にご参加くださいね。

ペットとオーナーの為のハーブ製剤セミナー
日時:3月11日(月)午前10時30分~午後5時30分(途中休憩有)
場所:ジアスセラピストスクール東京校 (人数によっては場所が変更になることもあります)

セミナー内容

1:クリーム作り(抗炎症/湿疹対策のクリーム)
2:砂糖を使ったシロップ(オーナー向けのもの)
3:煎剤を使ったグリセリンチンキ
4:即席ジェル(ケガの傷口対策用)
といった製剤作りセミナー他
後半では、英国でのメディカルハーバリストのお仕事について、カウンセリ ング方法なども(5:メディカルハーバリストの仕事について&6: 質疑応答 ※希望があればカウンセリングのデモンストレーションも)予定しております。

詳細&お申し込みはジアスセラピストスクール代表迄
s.nishimura★theearth.jp (★を@マークに変えてご送信ください)
お問い合わせ下さいませ。
[PR]
by PHYTOUK | 2013-01-06 18:24 | ワークショップ&教室:日本

南フランスアロマスタディーツアー

*12月以降のイギリス&日本での講座などの情報はこちらをご参照下さいませ。

e0046112_1943829.jpg


毎年恒例の英国アロマセラピー学校Penny Price アカデミーが主催する
南フランスアロマスタディーツアー
(6月30日-7月6日 現地時間)が
今年も開催されます。

日本人参加ご希望者様用の 企画ツアーもPenny price aromatherapy社 輸入元/Penny price academy 日本校 でいらっしゃいます
(株)ティリィア 様 が企画されていらっしゃいますのでご興味があられる方は
ツアー詳細など、ぜひお気軽にティリィア様までお問い合わせなさっ下さいね!
(株)ティリィア 電話:093(654)8001 
www.tilia.jp
お問い合わせメールはこちらから→:inf@tilia.jp

*ティリアさんは過去何度もこのツアーに参加されているベテラン(!)様ですので頼もしいかぎりですねー。現地でのちょっとしたお手伝い&ティリアさんのサポートも兼ねて私も今回参加いたします。

e0046112_1947650.jpg


天候に合わせてのプログラム実地の事ですが。

★ハーブ畑での花の摘み取り
★ハーブのエッセンシャルオイル蒸留作業体験
★ハーブのハイドロソル製造工程体験
※自分で蒸留したエッセンシャルオ イル、ハイドロソルは、分けて持ち帰りも含まれるとか!
※天候に合わせて以上のプログラムを実施します。
★カレンデュラ浸出オイル作り ★現地農家の方による薬用ハーブのお話
Diois 地域のハーブ畑を見学
★ 浸出オイル工場の見学 ★ 薬草園の見学 ★ DIE村の共同蒸留所の見学
★ 地元ワイナリーの見学 無添加オーガニック認定スパークリングワインの製造工場見学と試飲

などなど。。。 

今からとっても楽しみです。
[PR]
by PHYTOUK | 2012-12-06 19:58 | イベント案内

ワークショップ in 名古屋

*12月以降のイギリス&日本での講座などの情報はこちらをご参照下さいませ。

私の地元でもある名古屋でのワークショップのお知らせです。
アロマトロジー Aromatology イントロダクション&芳香蒸留水Aromatic water ワークショップ in 名古屋

e0046112_4461995.jpg

<日時>3月8日 10時ー14時
<会場>鶴舞駅から徒歩約10分
<代金> 8500円
<定員>15名様 *先着順とさせて頂きます。

アロマトロジー / Aromatology
精油のよりクリニカルな使用法、直接塗布や高濃度での使用、カプセル剤の作り方などの簡単なご紹介及びデモンストレーション及び
英国では内服薬として使用されるグレードである「英国ハーブ会社Avicenna社」の芳香蒸留水の使用法、作られ方、ハイドロソルなどとの違いを英国メディカルハーバリストでもありアロマセラピストでもあるリエコがご紹介。

e0046112_18303368.jpg


芳香蒸留水の試飲や精油の肌への塗布なども踏まえたワークショップとなっております。
クリニカルなアロマやハーブの使い方を一緒に楽しく体験してみませんか?
(妊娠中や疾患をお持ちの方にはお使え頂けない事もございますが予めご了承くださいませ)

<ご予約>
アロマコミニュケーションサロンのjepun様が受付を受け持ってくださっております♪
acsjepun@yahoo.co.jp までご予約下さい。ご連絡頂いた方より振込先をお伝え致します。振込確認後、正式受付となりますのでご了承下さい。

皆様ぜひお気軽にご参加くださいませ♪
3月4日の大阪の講座のお知らせはこちらから。(残席数名でございます)
3月のその他の講座も順次アップいたしますね。
[PR]
by PHYTOUK | 2012-12-03 04:52 | ワークショップ&教室:日本


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
planet*plant...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
執筆活動案内
コースについて
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー
リフレクソロジー
植物
フラワーエッセンス

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

最新の記事

メルマガにご登録頂いている皆様へ
at 2018-05-22 19:28
オーク、ホーンビーム& ビー..
at 2018-05-08 19:35
ホリー(Holly)を見つけ..
at 2018-04-30 00:35
これからの講座の形、感謝と共に
at 2018-04-23 22:19
学生時代の参考書の整理整頓
at 2018-04-01 18:51

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧