人気ブログランキング |

タグ:薬草 ( 2 ) タグの人気記事

台北に遊びに行ってまいりました。〜植物検疫で証明書を貰い薬草を持ち込む〜

e0046112_02144826.jpg

皆さまこんにちは〜
タイトルにある通りに内容なのですが、
先週念願であった台北に遊びに行ってまいりました。
ロンドンからは直行便で13〜14時間かかっちゃうんです 汗
今回は香港経由(一泊して香港も楽しみました)をチョイス。

中学生の頃からず〜〜〜っと行きたかった場所の一つですが、
やっと念願が叶いました。が遠かった〜〜 笑

今回は薬草が沢山売られている 
青草巷&迪化街も訪れましたよ〜
今回は時間が無かったので行けなかったけど、
機会があれば、薬草の生産地などにもぜひ訪れて見たいな〜

e0046112_01502212.jpeg

私は時差ボケによって胃腸が動かなくなりやすいのですが、
連日の台湾の美味しいグルメ巡りで
かなり胃腸は悲鳴中。

e0046112_01532344.jpeg

それでも食べておきたい気持ちがあるので 笑
今回もしっかりと薬草茶にお世話になりました。
(前回香港でも薬草茶に救われた 笑 やはりその土地に合ったものが自分には
しっくりきます。)

『苦茶』

e0046112_01543759.jpeg

苦い。。。苦いけど胃腸がすごくスッキリします。
ずっと合った胸焼けがお茶一杯でかなり改善♬
飲んだ瞬間に思わず顔をしかめちゃったら薬草売りのおじさんに
笑われました。

e0046112_01571632.jpeg

今回せっかくなので
英国に薬草を少し買って持って帰ろうと、物色。

e0046112_02180881.jpeg

ただ、帰国する前に一旦日本に立ち寄るので植物検疫を受けなくては行けないのよね〜
(12月に行った「虎の巻」でもお伝えしましたが、日本へ植物を持ち込む際、
商品の形によって(お茶などの加工がされていない場合など)
植物検疫での証明書が必要になるんですよねー。

今までは乾燥であれば大体においてスルーして貰えていたんですが、昨年10月より
購入国での植物検疫検査証明書/Phytosanitary Certificateが必ず必要になる形となりました。

今回は迪化街にて乾燥の薬草/生薬を量り売りで購入。
e0046112_01585203.jpeg

沢山のお店があり、ググるとお勧めというお店も出てきてますが、
今回は現地の言葉が出来ない客が、それも少量の買い物とあり、
声をかけやすい、優しそうな店員さんを探して 笑
ウロウロして見ました。

こちら「正元参薬行」さんにお邪魔しまた。

e0046112_02003068.jpeg

他のお店のように呼び込みもされていなかったのが決めての一つと。

ご主人?店員さんが黙々とお客さんへの薬草の袋詰めなどをされていて、
それでいて自分の拙い中国語の挨拶に、一旦作業の手を止めて、
はにかむようにニッコリ英語で返してくれて(笑)

この方なら筆談と簡単な英語でオーダーできそう!!と
心を躍らせて買い物させて頂きました。

e0046112_02022475.jpeg

実際、日本語の漢字表記だと若干表記が変わるんですが、
でも実際の品モノを見せて確認してくださったので
とても助かりました!
ものすごく親切〜〜
お名前をお聞きしておけばよかった。

e0046112_02033317.jpeg

希望の量も実際に秤でどのくらいの量になるか
見せてくれながら、大丈夫??と一回一回確認してくださる
嬉しい気遣い。涙が出そうです。

e0046112_02042505.jpeg


無事お買い物を完了。

今回はせっかくですので

『個人使用の乾燥した漢方薬の材料ともなる薬草を持ち込む場合の手続き』の参考になればと、
以下に手順なども含めメモ残しておきますね。

日本薬局方に収載されている薬草(生薬)を商売の目的等で輸入される場合の手続きはまた異なりますのでご注意ください。


実はですね〜 
購入国によって日本への輸入&持ち込み規制リストが異なるんです。
台湾の場合はこちら →

何が検査対象になるかや、持ち込めないか
他の国の対象リストの詳しいチェックを
渡航前にこちらで → 
調べておくと安心できますよ〜。

e0046112_02055498.jpeg

さあ〜 リストのチェックも確認し、
購入も済まれたら、

①購入した品を持って空港内にある動植物検疫所(Animal &plant quarantine) にて検査証明書を発行してもらいます。
桃園国際空港の場合は1Fに動植物検疫所があります。
*今回は量り売りで購入した為、小袋に名前の記載が無かったので私の場合は事前に
中国名と学名を記載したメモを用意しました。

e0046112_02071173.jpeg

*今回は桃園国際空港でのケースとなります。
台湾の他地方の空港にも動植物検疫所があるかどうかはご自身でご確認くださいね。

e0046112_02083204.jpeg

②こちらの空港での当日お世話になった検疫所の係員の方は、
日本の植物検疫のシステムの強化改定があった事をご存じなかったので
「通常乾燥した植物であれば問題ないと思うんだけど〜」との事で
(日系の航空会社のカウンターの方は全くこの件に関してはわからず)
「証明書いらないでしょ?」と言われましたが、実は改定があった事を伝えたら
「そうなんだ〜」 やや納得しない感も見えましたが、快く証明書を作ってくださいました。
免税店で購入したものや少量のお土産品でも同等の検査が必要になりますよ〜


*実際に10月1日に台湾から日本に今まで問題なかった植物(果物類)を
持ち帰った方が税関で没収されていますとの事も台湾在住の方より教えて頂きました。

...........................


台湾の場合「証明書」は空港の動植物検疫所で無料で発行して貰えますが、
このシステムは国によって全く異なります。

英国の場合、動植物検疫所は品によって検疫所が分かれていますし、
空港では行われず事前に。検疫所に品を郵送して検査して貰う為の登録を行ってから
(これがまた面倒なんですが)
その後、品を送り検査証明書を発行して貰う(有料)システムです。
証明書発行までに数週間かかるので旅行者には全く向かないんですよね。

...........................

④無事証明書を発行して貰えました。
自分は手荷物で持ち込む形で日本に持って行きました。

e0046112_02093103.jpeg

日本到着後は

入国審査 → 輸入植物検査(植物検疫カウンター) → 税関検査

と必ず税関検査を受ける前に植物検疫カウンターで輸入検査を受けてくださいね〜

証明書と品物を植物防疫官に提出します。
輸入検査に合格すると、「植物検査合格証印」を貰えまして、これで無事「税関検査」を受けられます。

e0046112_02103502.jpeg
...........................

⑤手順は踏みますが、せっかく購入したお土産ですから
面倒くさがらず手続きされますと「税関での没収」も免れますよ〜。

ちなみに各検査の手続きは、商品の数や量にもよりますが、
私の場合少量だったので

台湾での検査証明書手続きには10分もかからず。
日本(中部国際空港/セントレア)では2分もかからず。

でしたよ〜〜。

とは言え、、混んでいる場合もあると思うので
時間には余裕を持っておいてくださいね。


皆さまの旅のお土産購入の際の参考になれば幸いです。



🌿Herbal healing への新規の講座開催のご興味をお持ちの方へ、
ただいま2020年3月の講座をお受付中ですお気軽ご相談くださいませ♡

info★herbalhealing-uk.co.uk /★を@マークに変えてお送りください


講座内容やお申し込み詳細などはこちらの →⭐️  リンクをご参照くださいませ。
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
Herbal Healing薬草芳香植物紹介ブログ → を作りました。宜しければこちらも覗いてやってくださいね。
New ニュースレターが新しくなりました。再登録はこちらから→
*著書のご案内
New 新刊:説話社メディカルハーブハンドブック」2019年1月30日発売致しました→ ⭐️


by PHYTOUK | 2019-02-28 02:11 | 独り言

植物の陰陽

e0046112_18244337.jpg

この一年大好きな本の翻訳監修作業を行っております。
今朝も朝は監修〜作業に当てていたんですが、
今日の監修部分は私も大好きな植物の陰と陽についてのセクション♬

植物を観察すれば自ずとどの植物が陰の性質を持っていて
どの植物が陽の性質を持っているか、
大体の場合。。。(←私はまだ修行中だから100%とは自信ないですが)
分かってきますが、
中には陰と陽の特徴両方を持つものもあります。
e0046112_18252000.jpg

ドライハーブになっている場合も
口に含めば陰陽の特徴があるのでそこからの観察も面白いですよね。

今回はセリ科のハーブ達の写真をいくつかアップしてみました。
陰の性質のハーブ
陽の性質を持ったハーブ
両方の性質を持つハーブ(使用部によっても異なってくるよ〜)

同じセリ科でも色々異なって面白いですよね〜

そしてどのハーブもとある症状に効果的だけど
性質が違う! と言うことは? 
同じ効能がうたってあっても
自分自身の体質や症状に合わせてハーブも選部と良いよ〜と言う事なのよね〜




e0046112_18172061.jpg
e0046112_18210803.jpg
e0046112_18220800.jpg
e0046112_18192161.jpg
e0046112_18121047.jpg
e0046112_18104755.jpg
e0046112_18530548.jpg



2018年10月の日本講座予定:

*各会場の内容決定及び受付準備が出来次第順にブログやFB にてご紹介させて頂予定です!

10月25日:広島
 満席 増席  
10月26日:山口 満席 キャンセル待ち受付中 →
10月27日:大阪 満席 キャンセル待ち受付中 →
10月28日:高知 高知の講座の詳細&申込はオーガナイザー 前田様まで
直接 お問い合わせ下さいませ。メールアドレス
morinoherbal640402★gmail.com(★を@マークに変えてお送りください)
10月29日:三重 満席 
10月30日:名古屋 満席 キャンセル待ち受付中   
10月31日:愛知(稲沢) プライベートグループ講座

2018年12月の日本講座予定:

講座内容やお申し込み詳細などはこちらの →⭐️  リンクをご参照くださいませ。

12月20日:福岡
12月21日:大阪
12月22日:名古屋(プライベート講座)
12月24日:神奈川



*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
Herbal Healing薬草芳香植物紹介ブログ → を作りました。宜しければこちらも覗いてやってくださいね。
New ニュースレターが新しくなりました。再登録はこちらから→
*著書のご案内


by PHYTOUK | 2018-10-12 18:58 | HERB


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
執筆活動案内
コースについて
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー
リフレクソロジー
植物
フラワーエッセンス

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

最新の記事

材料を(ハーブを)その土地に..
at 2019-05-05 18:29
ご参加いただき本当にありがと..
at 2019-05-02 20:03
ジャーマンカモミールの栽培農..
at 2019-04-01 18:50
どこの会社の商品が良いの? ..
at 2019-03-27 06:10
台北に遊びに行ってまいりまし..
at 2019-02-28 02:11

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧