<   2018年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

6年めハーブ達 

e0046112_18333185.jpg
6月になってからすごーくお天気に恵まれているロンドンです。
昨夜は久しぶりに雨が降りました。
今朝起きて庭を見たら、ハーブ達は雨を楽しんだ見たい♫
明日からまた暖かくなるので、きっとまたまた成長するでしょう。

夏に向かって咲き始めるハーブの蕾達

e0046112_18361952.jpg


ブラックコーホッシュ もしっかり根を張って、毎年どんどん大きくなっていきます。

e0046112_18273790.jpg

引越しと共にガーデンにハーブを植えて6年めを迎えました。
一部のハーブは育て始めたのは引越し前からだから、、、
もう17数年以上一緒に暮らしています!!
長い付き合いとなっております。
          
       ↓↓↓

17年目のヴァレリアン嬢  

e0046112_18282210.jpg

今年入った新人のローズゼラニウム(昨年の株をダメにしてしまったので)

e0046112_18291595.jpg

最初に選んだハーブは、(大先輩のハーブガーデンからの贈り物♡)
以前住んでいたのフラットの日照条件が悪かったことから、
日陰でも育つ種類でしたが、
今のお庭では日照条件も随分と良くなったので
色々な種類を迎えることができました。

とはいえ、、、
しっかり根付いてくれるもの
数年で枯れてしまったものもあります。
あ、りすに掘られてしまったものもかなりあります 笑

e0046112_18221069.jpg

お庭のスペースが限られているので
植木鉢もかなり利用しております。

と、なんだかんだで
料理用にと迎えたハーブも含めると
50種近くのハーブをお庭で楽しめるようになりました。

基本、キッチンや観賞用を除いては

・メディシナルハーブ(薬効効果が高いハーブ)
・精油(香りを楽しめるハーブ)
・フラワーエッセンスで楽しめるハーブ

といった種類を楽しめるようにしております♡

e0046112_18461094.jpg

実は後10種類くらい増やしたいのですが
スペースをどうしようか検討中です〜〜


今年はヤローのお花がピンクっぽくなっています。
昨年までは白いお花だったので、、
ヤローが育っている部分の土壌が酸性にか他向いているのかも!
少し土壌の改善もしなくては〜〜

e0046112_18214252.jpg
とお花によって色々教えてもらえ
感謝です。


以下 うちの小さなお庭のハーブリスト一部です♡

アコナイト
アグリモニー
アンジェリカ
ウッドベトニー
ヴァーベイン
ウッドラフ(スィート)
エレキャンペイン
エルダー
オレガノ
エキナセア 
(アンガスティフォリア/ プルプレア/パリダ)
カモミール(ジャーマン&ローマン)
カリフォルニアポピー
クランプバーク
コモン(ブルー)マロウ
コーンフリー
ジャスミン
スカルキャップ(アルビジア&ヴァージニア)
チコリ
マージョラム
メドゥスィート

ハーツィーズ
パッションフラワー
パルサティラ
バレリアン
フォックスグローブ
ブラックコーホッシュ
ヘリクリサム
ペパーミント
ベルガモッドミント

マーシュマロウ
モナルダ
ラベンダー
レディースマントル
レモンヴァーベナ
レモンバーム

ローズゼラニウム
ローズマリー
ローレル
ロディオラ
ヤロウ

ワイルドキャロット



2018年10月の日本講座予定:

*各会場の内容決定及び受付準備が出来次第順にブログやFB にてご紹介させて頂予定です!

10月25日:広島

10月26日:山口
10月27日:大阪 キャンセル待ち受付中
10月28日:高知
10月29日:三重
10月30日:名古屋
10月31日:愛知(稲沢)


*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
New Herbal Healing薬草芳香植物紹介ブログ → を作りました。宜しければこちらも覗いてやってくださいね。
*著書のご案内

[PR]
by PHYTOUK | 2018-06-17 18:53 | ガーデン

資格で得る自由と不自由

e0046112_20065819.jpg

この10日間ほど「セラピスト」という資格について
色々と異なった覚悟から考える機会がありました。

イギリスでは、この国のセラピストの協会等で
認められた資格があるからからこそ出来る公共での
提供サービス(セラピー&処方)がある一方で、
(★イギリスでは、興味が高く学ぶ方も多い一方で、
資格コース=セラピストとして活動したい方の為という形が主流となっています

協会もなく、個人レベルや賛同者の間で行なっている機関で
の学びをされた方々には、その教育や経験が例え資格スクールよりも素晴らしくても、

「公に認められた資格を提供されていない場合」

公の場(セラピールームやヘルスセンター等)では
セラピスト保険が認められているかの有無などの理由もあり、
せっかくの知識や経験を活かすサービスを提供できない可能性もあるという
ジレンマがあります。


本日も朝からセラピー関連のお問合せを受けた方に
自分が出来る事をお返事させていただく機会がありました。

その方の今の状況を判断すると、
ハーブや精油よりも他のセラピーが向いていると
感じたのですが、推薦したい他のセラピーの資格を持っていない自分には
アドバイスできる事が限られてしまいます。

また、公の場を通して(協会/セラピールーム)
お問合せがあった場合は、やはり協会のそして公の場で
働くルールに基づいて、慎重にお返事を出す事も必然となるのですが、
その場合、自分の「個」として発する言葉/意見がかなり
狭まってしまうなあと感じます。


何が正しくて、何が間違っているといった事ではないのですが、
公の場で働くことを選択し、そこで皆様のお役に立てる事を行いたいと
決めて活動している今現在の自分には「守らなくてはいけないもの(規約)」が多くあります。

その場所で働く上で、「法律/ルール」に従う形が必然となります。

普段はそこまで気にならないのですが、
このところ「ホリスティックなケアを提供する者」として、

”あれもお伝えしたい、これもご紹介したい”
”このお話をお伝えしたい”
”本当はここまで言葉で発したい” 


「規則の中で行うセラピーではなく、自分にできる全ての事をご提供したい」 

願う自身の気持ちを
かなり押さえつけているなあと改めて気付き感じました。

資格を持っているからこそ出来る事
資格を持って行動するから限られてしまう事

があります。(国によって大きく異なります)

どちらの形を選択するかは自分自身。

そんな事を改めて考える事ができた、とても貴重な機会と時間を
持てたことに感謝です。

さて、、、私自身はどの道を今後選ぶのか??

色々な選択がありますが、
まずはゆっくり自分の希望する道を見つめてみよう思います!



2018年10月の日本講座予定:

*各会場の内容決定及び受付準備が出来次第順にブログやFB にてご紹介させて頂予定です!

10月25日:広島

10月26日:山口
10月27日:大阪 キャンセル待ち受付中
10月28日:高知
10月29日:三重
10月30日:名古屋
10月31日:愛知(稲沢)


*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
New Herbal Healing薬草芳香植物紹介ブログ → を作りました。宜しければこちらも覗いてやってくださいね。
*著書のご案内


[PR]
by PHYTOUK | 2018-06-14 20:41 | 自然療法

Flower Essence の旅

e0046112_05290434.jpeg

Herbal Healing では、
通常のセラピーのお仕事の間に
イギリスやヨーロッパの薬草園、ガーデン巡り、そしてセラピーの現場や、
ハーブ、精油、その他のセラピーの為の会社の見学等をご希望されるお仲間の方々の
アテンドやオーガナイズなども行なったりしております。

今月は「フラワーエッセンス」の教師/プラクティショナーであり、昨年は精油&ハーブの旅をご一緒した、レラさま→ ともみさん→ のお仲間の
方々が日本からいらっしゃり、
とても素敵な時間をご一緒させていただきました。


初日はロンドンの薬草園
チェルシーフィジックガーデン散策&ガーデンランチ
今回のテーマはフラワーエッセンスですので、
薬草ももちろんですが、エッセンスの原料として使われる植物もしっかり観察致しました。

e0046112_05295409.jpeg

そして
二日目は Dr. Bach の診療室も残っている、
バッチセンターにお邪魔しました。

e0046112_05330910.jpeg

診療室には彼のお手製の家具や、
マザーティンクチャー、
エッセンスの以前に使っていたホメオパシーの錠剤などをはじめ、

e0046112_05321768.jpeg

彼の業績やこのセンターを残すために
力を合わせてきた方々のお写真などを見る事ができます。

e0046112_05345582.jpeg


お庭ではエッセンスで使われる
植物達も見る事ができます。
以前はこのセンター内でレメディーの製作、梱包発送などもされていたとのこと。

今は主に教育センターとして
世界中からバッチのエッセンスを学びにいらっしゃる方で
賑わうそうです。この日も翌日に行われるワークショップに参加する為にと
オランダからのプラクティショナー仲間さん達が訪れていらっしゃいました。

e0046112_23501501.jpg

ゴース

e0046112_23544985.jpg

ロックローズ

e0046112_23515930.jpg

ワイルドオート

e0046112_23524777.jpg

クラブアップル

e0046112_23552765.jpg

ハニーサックル

e0046112_23512362.jpg

e0046112_23560078.jpg

ウォールナッツ


ランチはDr. Bachのゆかりのパブ The Red Lion

e0046112_23591802.jpg

その途中の道にラーチを発見


e0046112_23574306.jpg

お花の季節は終わっていましたが、
可愛らしい松かさに出会えました。

e0046112_23583411.jpg

この日はの夜はAbergavennyという街に移動して
宿泊。 何気に選んだホテル(旅の疲れがしっかり取れるようにとシングルルームで全員分のお部屋をブッキング出来るという条件で予約したのですが) の横には小さなGavenny川 が流れており
その川がUsk川に流れていく川であった事、

e0046112_06051360.jpeg

バッチ博士が最初の3つのエッセンスを生み出した時期に乗り降りした、Abergavenny 駅から
エッセンスを探す為に歩いたであろうGavenny川の川沿いと、彼の足跡の軌跡を我々もたどって居た事を後から知ることに(笑)

ちなみに私達が泊まったAbergavenny ホテル
とっても綺麗で快適でしたよー


翌朝 三日目は
今回の旅のメインとも言える
Healing Herbs社」見学です。
私はここに何回か訪れているのですが、
全員がフラワーエッセンスを使っている というグループをお連れしたのは実は今回が初めてでして、
皆さんの熱い思いと愛をひしひしと感じました♡

e0046112_00004517.jpg

代表のジュリアンさんにもお会い出来て
本当に良かったです〜
今までの中で一番と言って良いほど、
とっても丁寧に、ご自身の事、会社を作った道のり、 植物、 エッセンスのお話にお時間を割いて頂きました。

e0046112_00000578.jpg

ジュリアンさんが植えられた木々やエッセンスの植物も
とっても元気でした!

e0046112_00013185.jpg

ジュリアンさんの作った大切なマザーティンクチャーを前にドキドキしちゃいました💓

e0046112_06122968.jpeg

本当にありがとうございました😊
また突然の爆買い (笑) に
暖かくご対応頂いたスタッフの皆様にも
感謝でございます!


この日はそのままタクシーでグラストンベリーへ。
宿は一部のお部屋からTorが見れちゃうという場所に泊まりました。

e0046112_06134144.jpeg

私は遠くからTorを見るのが一番心地良いので
今回は登りませんでしたが、宿のお庭から道が続いていますので、Tor目的で来られる方にはとっても便利ですよね!

e0046112_00023829.jpg

翌朝は朝食後、私も毎回訪れるChalice Wellへ。
何回きても飽きません。静かで優しくとっても大好きな場所。

e0046112_06171102.jpeg

ここでもフラワーエッセンスの木々やお花に
会えますよー

e0046112_06182178.jpeg

この後訪れたAbbey にも沢山のエッセンスの木々やお花に会えて、本当にエッセンスエネルギー三昧の日々でした。

e0046112_00033423.jpg

沢山の植物に会えたはもちろん嬉しかったですが、
私にとっては何よりも皆さんが、長年想いを寄せていた場所や植物達に出会った時の、ドキドキワクワクの笑顔
そして感激の涙されるお姿と、フラワーエッセンスへの語らう真剣さ、深い想いに心から感動を覚えました。

ここまで深く人々の心を癒やすフラワーエッセンスの
旅に少しでも関わる事が出来て本当に幸せでした💓

皆さま本当にありがとうございました!



2018年10月の日本講座予定:

*各会場の内容決定及び受付準備が出来次第順にブログやFB にてご紹介させて頂予定です!

10月25日:広島

10月26日:山口
10月27日:大阪 キャンセル待ち受付中
10月28日:高知
10月29日:三重
10月30日:名古屋
10月31日:愛知(稲沢)


*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
New Herbal Healing薬草芳香植物紹介ブログ → を作りました。宜しければこちらも覗いてやってくださいね。
*著書のご案内



[PR]
by PHYTOUK | 2018-06-08 06:19 | 自然療法

エルダーフラワー Sambucus nigra Black Lace

e0046112_23465879.jpg
早いもので6月となりましたね!
この1週間は、いや、、この数週間は色々重なって
最低限のお庭のお手入れなどしかできておりませんでしたが、
それでもハーブたちはとっても元気に育ってくれております。

今朝はそんなフレッシュハーブを少しカットして
この季節にしか楽しめないハーブティーを楽しみながら
事務作業を行いました。

3年目で初めて花をつけてくれた
エルダーフラワーのフレッシュハーブティーも楽しむことが出来て至福です。
e0046112_23443159.jpg
エルダーフラワーといえば、、
オフワイトのイメージがありますが、
実は こーんな種類のエルダーフラワーもあります。
Black Lace 黒のレース と呼ばれています。
e0046112_23434067.jpg
あまり頻繁に見かけないですが、
薬草園や、植物園で見かけることが出来ます。
(園芸店でも)ピンクがかったのお花と黒みがかった色の葉のコントラストも
また素敵ですよね!
e0046112_23500828.jpg






2018年10月の日本講座予定:

*各会場の内容決定及び受付準備が出来次第順にブログやFB にてご紹介させて頂予定です!

10月25日:広島

10月26日:山口
10月27日:大阪
10月28日:高知
10月29日:三重
10月30日:名古屋
10月31日:愛知(稲沢)


*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
New Herbal Healing薬草芳香植物紹介ブログ → を作りました。宜しければこちらも覗いてやってくださいね。
*著書のご案内


[PR]
by PHYTOUK | 2018-06-02 00:20 | HERB


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2018年 12月
2018年 11月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
執筆活動案内
コースについて
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー
リフレクソロジー
植物
フラワーエッセンス

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

最新の記事

じっくり観察は楽しい♡Pas..
at 2018-12-02 20:27
ご参加本当にありがとうござい..
at 2018-11-06 20:45
ハーブ/精油の気質を読み解く

at 2018-10-15 19:38
植物の陰陽
at 2018-10-12 18:58
ハーブやアロマを生活や仕事に..
at 2018-10-11 05:23

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧