<   2017年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

咳緩和と二次感染対策用ハーブ&精油

e0046112_04215547.jpg

クリスマス前のこの時期って、風邪が流行りますよね〜
クライアント様の多くも、
11月の中旬くらいからずーっと風邪で苦しそうな方が増えています。

私も一瞬ひいたかな??という時期もありましたが、
ちゃっちゃとハーブ対策して2日で元どおりとなりましたが、

我が家には風邪ひきさん一人、、

旦那さんが毎日咳き込んでおります。
TV見ながらソファーで 朝の4時まで仮眠!!とか(ため息)
ほぼ毎晩。。。

いつも常備ストックしている
免疫アップ風邪対策用のチンキ剤も飲んで入るものの、
全くもって、治るような体調管理していないんだもんな〜〜
なので「そりゃ治らんだろう〜」と傍目に見ているのですが、

それでも、
さすがに2週たっても咳が治らないので、
新たに、咳緩和用のハーブチンキ剤ブレンドと
持ち運びできるようの精油ブレンド
作ろうと思い立ちました。


風邪対策って個々によって症状も違うので
これ一本!というレシピというよりは、
症状に合わせてクリエイトをした方が良いですよね♫

e0046112_07314263.jpg
今回は
「咳止め緩和ハーブ効果強め
ブレンドにしました。なので、うっかり間違って
連続して飲み続ける間違えがないように、10日間分の容量しか作りませんでした。

旦那さんは
風邪を引くと必ず「鼻炎」「咳」の症状が出ます。
鼻炎は慢性なので、風邪によってちょっとひどくなる感じ。
最初の1週間は何を食べても味がわからなくなり、
鼻がグズグズ。。。
そしてその後は咳がひどくなるパターン。

今回はこの後半部分の「咳」と「鼻炎」にフォーカス。

e0046112_07305042.jpg
で選んだハーブは

Tussilago farfara コルツフット葉
Thymus vulgaris タイム
Marrubium vulgare ホワイトホーハウンド
Inula helenium エレキャンペイン
Hydrastis canadensis ゴールデンシール
Glycyrrhiza glabra リコリス

本当はPrunus serotina ワイルドチェリーバークも使いたかったのですが、
在庫を切らしていたので、代用で
3日間だけ、スケジュールⅢのハーブの
Datura stramonium ソーンアップルも使います。こちらはハーバリストの処方が必要なハーブです

もし自分が風邪をひいた場合は
全く違うブレンドになりますね〜

e0046112_05215152.jpg

私は熱と喉、節々の痛みだけという症状が多いので
Phytolacca decandra ポークルート
Eupatorium perfoliatum ボーンセット 
そしてヤローなどがメインのハーブとなります。



今回のハーブブレンドチンキ剤は、一回5mlを水で薄め、
一日マックス5回まで利用ですますが、

クリスマス時期は移動も多い時期なので、
ハーブを飲めない時で咳が出てしまう事を考えて

バックアップ用に精油のブレンドも作りま〜す。

・ホテルなどではマグカップやお風呂にはった熱いお湯に
 数滴精油を少し垂らしてお部屋の空気の殺菌に

・移動中はロールオンタイプにして胸部に塗って咳の緩和に
(肌の弱い方や、妊娠授乳中、乳児や幼児には向かない精油も入っていますが
今回は特に持病もない大人で、部分のみに/日光の当たらない部分に使うので、
5%濃度でブレンド予定)

こんなイメージの精油ブレンドです。

Cinnamomum camphora ラヴィンサラ
Cupressus sempervirens サイプレス
Melaleuca alternifolia ティートリー
Mentha × piperita ペパーミント
Citrus limon レモン

今回、ペパーミントは効能よりも、香りの調整の為に
利用しています。


せっかくなので先日ご紹介したDropsimithのデータベースを使って
ブレンドを見て見ましょう。

データーベースに入力したこの精油のブレンド効能や使用例は以下 ↓ ↓ ↓ 様になります。


e0046112_07501290.png


そしてこちらのデータに入っておる精油を使った成分表と
効能一覧は ↓ ↓ ↓ になります。

e0046112_07510747.png


そしてこのブレンドを、
Franchomme氏と Pénoël 氏の資料を使った
「電子座標図」に当てはめると

こーんな感じです。

e0046112_08002831.png



そしてPhilippe Mailhebiau氏のトライアングル位置ずけにて
見てみると、、、こんな感じです〜


e0046112_08074268.png




この様に図表で見ると楽しいですね〜

旦那さん、、、ソファーのうたた寝や薄着を改善して(笑)
しつこい咳。。早く良くなってほしいです。。





*2018年4月開催の講座のご案内は → Linkをご参照くださいませ。


[PR]
by PHYTOUK | 2017-12-18 08:29 | HERB

期間限定アクセス無料の精油のデータベース”DropSmith”

今回は新しい精油のデーターベースのご紹介です。
登録方法はこの記事の最後にご紹介しております。登録の際はsign up まで進んでくださいねー

e0046112_04584987.png
世界には精油を扱う私たちによって、数々の便利なデータベースが開発されています。
一部のデータベースは私の日本の講座の中でちょこちょこ紹介させていただいておりますが。。。

今回ご紹介するDropSmithはMelani Kovacさんよって
この秋にサービス提供開始となった新しいデータベースです。
スマートフォンフレンドリーのスタイルも今開発中とのことですよ〜

さてさて、こちらのフルサービスは通常
月単位 €18.95(ひと月)
あるいは
年単位 €193.29(一年)の契約にて提供されていますが

なーんと2018年1月3日まで
フルサービスへのアクセスが無料という期間限定オファーをされていらっしゃいます。
期間限定の無料サービスへのアクセスの仕方はこの文の最後にご紹介いたしますね





さてこのデータベースはどんなサービスがあるかと言いますと


e0046112_05011349.png
アロマセラピーを学んでいる方やセラピストやプロダクツを作る上で
「精油をブレンド」をされる方向けのサービス (左)

精油を紹介したい(売り手や蒸留会社)の方の為のサービス (右
*このサイトにて自身の精油の紹介(GC/MS の詳細含む)を世界中の利用者に案内できます。


大きく分けてこの2つのサービスがあります。


このソフトは全て英語なのですが使い方のコツさえ掴めば、
翻訳機能などを使っての利用で日本の皆さんにも
使いこなせそうかな?と思いますので簡単ではありますが
今回は ⑴の 精油利用者へのサービスを
ほんの一部日本語にてご紹介しますね。

何ができるの??

①各精油の成分を調べたり、固有成分の効能のリサーチを学んだり
その精油の注意事項などを調べる事ができます。

②ソフト上でブレンドを作り、そのブレンドの総合精油成分や
効能、主な利用価値、注意点などを知る事ができます。

③自分で作ったブレンドをこのデータベースを使っている方全員にシェアを
することも可能。

④あまり知られていない精油のデータもありますので
新しい精油との出会いもあります。



以下、一個ずつご紹介しまーす

各精油の成分を調べたり、固有成分の効能のリサーチを学んだり
その精油の注意事項などを調べる事ができます。


TOPページの左上にある catalogue のクリックすると
このソフトに記録されている精油ページが現れます。
そこから自分の木になる精油名をサーチしますと
同じ精油名でも、異なるロットや蒸溜所/会社の精油が出てくる事がありますので、
各精油を見比べる事ができます。
今回は、ヘリクリサムのとある会社の特定のロットの精油をクリック。


e0046112_07591260.png
 ↓ ↓

円グラフの横に
この精油の情報(生産地、蒸留法など)
 と その下に「効能」「使用症例」「注意点」一覧が表示されます。


 

e0046112_08344376.png


炭化水素、アルコール、エステルなど各成分をクリックしますと、
更に細かい成分一覧がが表示されます。
e0046112_08381225.png
こちらは ↓ ↓ セスキテルペンをクリックした時の一覧表の一部

e0046112_08381099.png






そこから固有成分のα-クルクメンをクリック ↓ ↓
(➡︎の表示がある成分は詳細が紹介されています)
そう致しますと、右にα-クルクメンの抗炎症、抗バクテリア作用(3種)の
研究資料の紹介が出てきます。

e0046112_08413518.png

それぞれの成分からではなく
各効能を持つ成分もチェックできますよ〜
今回は 31.75%の「抗炎症」作用を持つ
「抗炎症作用」の項をクリック 
↓ ↓ そうしますと。。。。こんな風に各成分が表示されます。


e0046112_08440668.png



便利ですよね〜〜
勉強中の方にも復習の際にも役に立ちそうですね。


②データーベース上でブレンドを作り、そのブレンドの総合精油成分や
効能、主な利用価値、注意点などを知る事ができます。

まずはcatalogue をクリックし、自分の作りたいブレンドに沿った精油を選びます。
(この作業を案内するとかなり長くなるのではしょりますが、生産地や成分の含有率などを
入れてフィルターして精油を選ぶ事もできる機能も付いていてかなり便利ですよ〜)

今回は「皮膚治癒」のブレンドをイメージして作りました。
新しいブレンドを作る時は「ブレンド名」を登録して
保存ができます。(データーベース上で皆とシェアしたい場合はシェアを選びます)

ml, g, 敵数など好みを選べます。今回は滴で行いました。↓ ↓ ↓



e0046112_08234102.png
ヘリクリサム3滴、ラベンダー 5滴、 ジャーマンカモマイル 2滴
↓ ↓ ↓
の効能と使用例他、注意点も表示されます。

e0046112_08203336.png



もちろん、下の ↓ ↓ ↓ の表のように
このブレンドの成分、効能一覧も表示されますので、
ここでも各成分の効能などをチェックできます。
e0046112_08471697.png


③自分で作ったブレンドをこのソフトを使っている方全員にシェアを
することも可能。 ➡︎ これは保存の際に 自分のみ閲覧か全ての人からの閲覧可能かを
選んでくださいね〜



④あまり知られていない精油のデータもありますので
新しい精油との出会いもあります

➡︎ ユニークな精油も一覧にあるので是非チェックして見ましょう!
各精油会社が少しずつ精油の紹介をアップしていっています。
私も使った事ない精油も載っていてワクワクしました!


e0046112_07574924.png




今回はほんのさわりのご紹介ですが少しでもお役に立てれば嬉しいです。

★最後に期間限定のDropSmithへのフルサービスアクセスの申し込み方をご紹介です。

①DropSmithのFacebook ページ ➡︎ にアクセスし 「いいね」 をクリック
②support@dropsmith.com に 件名「I like Dropsmith」にてメールを送る
③サポートセンターから、使用例のPDFファイルと共に+期間限定アクセスの
案内メールが来るので ↓ ↓ ↓
Verify account をクリックして登録に進む。

追記:★必ずここでsign up まで行ってくださいね!
そうしないとサポートの方で認証できないので

です。


もしかしたら時間帯によっては登録までにタイムラグがあるかもしれませんが
もし1日たってもうまくフルサービスが受けれない場合は、
サポートにお問い合わせして見てくださいね!(英語になります)





e0046112_09090269.png




また今後もブログ内で私もちょこちょこデータベースを使った
精油ブレンドのご案内もしていきたいと思いまーす。


*2018年4月開催の講座のご案内は → Linkをご参照くださいませ。


[PR]
by PHYTOUK | 2017-12-16 09:23 | AROMA

選択をする時(長文注意 笑)

e0046112_18072099.jpg

今回はちょっと長文です 笑
書きたいなって思う時にはとっても長文となってしまいますが
良かったらお付き合いくださいね!

今回のブログは
私も大ファンのビューティスト 入江円香さんのBlog →
《人気ブロガーの美容ブログ》と《専門的美容家》どの情報を信じたら良いのかわからない!
のブログ記事を拝読させていただき、インスパイアを受け、

ハーブ&アロマの世界でも同じ事多いなな〜と思い
綴らせていただきました。


ハーブやアロマセラピーの世界って
色々な選択肢がありますよね。

精油もハーブも
本当に数え切れないほどの会社が
世界中にありますし、
それぞれの会社の持つ哲学や
商品への拘りも異なります。

「何処のメーカーの商品がおススメですか?」

という質問も良く受けますが、
どの精油やハーブが良いかは
使う方の好みから
拘りから
予算まで色々異なるので

私からはなかなかお応えするのが
難しく感じます。


ワークショップなどで
私が使う精油やハーブを見た方の多くが
「ここのメーカー(その日のワークショップ持ってきた商品メーカー) の品は良いですか?」

とお問い合わせ頂く事も多いです。

e0046112_18064959.jpg

私自身が大ファンのメーカーさん
自体も数多くあり、
使える機会がある場合はなるべくお気に入りの
品を使う事も多いです。

然し乍ら、「時と場合」によっては

「好みでは無いがそこのメーカーの物しか売っていない場合」
「授業内容から、便利なのでもってきた場合」
「香りが好きで持って来た場合」

など、目的、予算などによって
その時のベストであるチョイスにて異なる
メーカーのモノも使っています。
なので皆さまにも、
私の好みに合わせず、紹介されたものだけではなく、
自分の目的と好みに
合わせて納得できる物を見つけてみてくださいと
お伝えする事も多いです。

e0046112_19381159.jpg

スクール出たての方は、
そこのスクールで勧められたメーカーの品を
使う事も多いでしょうし、
割引率が良いメーカーさんから買われる場合も多いと思います。

ずっと同じメーカーさんの品しか使わない!
という方もいらっしゃれば、
色々違うメーカーの品を試される方も多いかと思います。

ここで言えるのは
「自分で試し比べをしない限り自分で選ぶ、選択するスキルを磨いたり、自分の好みを探求出来ない」
という事でしょうか?



失敗も時にはあるかと思います。
私自身、

“このメーカーは名前が売れているから”
“ここは大きなスクールが使っているから”
“知人に勧められたから”
と言った理由で購入したけれど

なんかしっくりこないな?
とか
質が信用できないなあ

など 自分には向かないなあと
感じた事も数え切れないほどあります。

他にも、

栽培収穫方法も蒸留方法も
素晴らしいけれど、その会社の製品
使うとなれば、自分が使いたいと思う品は限られるかな?

と言った事も多いです。

これって、セラピー、セラピストを選ぶ時や
受けたいと思う講座を選ぶ時にも
共通すると感じますが、

自分にとってはしっくりと来るセラピストやセラピー、
または、講座内容も、他人にとっては
ちっともプラスの方向に行かないって
時も多々ありますよね!

ましてや
ネット社会に流れている莫大な情報から
自分にとってプラスになる得そうなモノを
「選択」する事ってすごーく難しく感じる方も
多いと思います。

自分のとってプラスになる情報を選択できるように
なるのは時間もかかるでしょうし、
時にはその選択が失敗という事も出てくるかと思います。

でも、
その選択がプラスになるかならないかって
自分自身のタイミング(たまたまその知識が自分には使いこなせない時期など)
にもよると思いますので、
色々な角度から物事を見て見ることも
とても大切かと。。。
e0046112_19365957.jpg

私自身も
セラピスト向けセミナー、そして国際カンファレンスなどに参加し続けていますが、
どのセミナーやトークを聞きに行くかは、
この世界で国際的に名が通っているスクールや講師のお話だから、
といって「名前」で決める事はありません。
(学生上がりから数年は有名なスクールのセミナーにもよく行きましたが)

自分にとって興味がある研究内容か? トークか?
はもちろん、

もし、研究内容などが入るトークの場合、

自分に使いこなせる内容か?
自分の国で使える材料を使った研究内容か?
講師自身が自分で行っている研究発表なのか?
講師自身が行っているセラピーの実施内容からの発表なのか?
何人くらいを対象にした発表なのか?

などもじっくり検討してから
お話を聞くかどうかを決める事も多いです。
(あるいはこれらをしっかり頭に入れた上で拝聴します)


基本、私自身は
「その方自身の手で、処方、施術、あるいは研究を行なっていて結果を見てきている」
その道の専門家となる教育を受けていらっしゃり、実践派でいらっしゃる方の
お話や発表」に興味を覚えます。有名無名は気になりません。

またセラピストさんを選びたいときも同じく
有名=手技が素晴らしい という場合も多いですが
私自身にとっては、
「自分に合うか」「の自分にどんなセラピストさんが合うか」
が何よりも大切だと感じています。

セラピスト経験値が少ない方でも、
生まれ持った才能に長けている方も多いですもの!
(知識や手技は大切だけど、それだけ求められているわけでない世界ですから)
実際にこの夏、
「全然まだ自分の実力に自身がないんです」とおっしゃるセラピストさんに
偶然にも、世界的にも著名なBさんとご一緒の時にお会いしたのですが、
その方が持っていらっしゃる 雰囲気、動き、声、全てがもう
Bさんと私の心をグッと掴んでおりまして 笑

「私たちには無い生まれ持った素質だよね〜」 って

感動した事を覚えています。

自分が不調になった時(急性の)はおそらく
いつも通っていて、自分の身体をよく知ってくれている
セラピストさんに施術をお願いすると思いますが、
リラックスへのセッションを頼むなら彼女にぜひお願いしたいな〜
( ↑ これも選択 )

ネットの情報や他人からの情報だけで選択するって本当に大変ですが
実際にお会いしたり、見たり、聴いたりという機会を作るのもこれまた簡単では無い事です。

でも、私はできる限り
自分で自分の希望の選択をできるように、情報だけに埋もれないように
色々な方、色々なメーカーさんに
出会う機会を作り続けて行きつつ、
自分の知識も偏りなく柔軟なアップデートをし続けたいなーって
願っています。


円香ちゃん、、、素敵なブログアップに感謝です!
こうやって見つめ直す時間も、、自分にとって大切なのでとても嬉しかったです。


長文を読んでくださった皆様にも感謝でございます〜♡

*2018年4月開催の講座のご案内は → Linkをご参照くださいませ。


[PR]
by PHYTOUK | 2017-12-13 19:49 | 独り言

風邪の季節に役立つハーブとアロマ

e0046112_05080770.jpg

先日は今年最後のハーブ&アロマ講座をロンドンにて開催させて頂きました。
風邪も流行っている季節ともあり、
風邪や鼻炎などに活用できるハーブとアロマを
ご紹介させて頂きました。

風邪と言ったらタイム、エキナセアは欠かせないハーブですよね!

e0046112_05080607.jpg

精油の場合
タイム、っと言ってもケモタイプの種類も多いので、ご自身の体調に合わせて適切なタイムをお選びくださいねー。


e0046112_05080513.jpg

実はエキナセアも、色々種類があります。
写真はEchinacea pallida。
薬草としては、Echinacea angustigolia とpurpurea が良く使われてています。
使用部分は地上部、根、そして種と、
メディカルハーバリストの場合
症状や目的に合わせて使い分けたりも致します。

e0046112_05090431.jpg

その他にも、鼻水がグスグスする〜
と言った時には、Golden Rodや

e0046112_05093155.jpg

アイブライトもおススメハーブです。

精油も、今回はご自身がお困りの症状に合わせていくつか選びつつも、「香りもお好みに」
合わせられる様に、
効能 8:2香り
と言った形でブレンドオイルを製作しましたよー。
最初はお薬みたいな香りでも、
一種の精油を1-2滴足すだけで、とても素敵な香りに
なる事も多いですので、皆さんも是非色々挑戦して見てくださいね!

次回のロンドンでのハーブ&アロマ講座は
2月となります。
ご興味ある方はリエコ迄お気軽にお問い合わせくださいませ。

日本の講座は4月となります!
(日本の講座については各オーガナイザー様に
お問い合わせくださいませ)


*2018年4月開催の講座のご案内は → Linkをご参照くださいませ。


[PR]
by PHYTOUK | 2017-12-09 19:33 | ワークショップ&教室:UK


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
planet*plant...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
執筆活動案内
コースについて
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー
リフレクソロジー
植物
フラワーエッセンス

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

最新の記事

6年めハーブ達 
at 2018-06-17 18:53
資格で得る自由と不自由
at 2018-06-14 20:41
Flower Essence..
at 2018-06-08 06:19
エルダーフラワー Sambu..
at 2018-06-02 00:20
メルマガにご登録頂いている皆様へ
at 2018-05-22 19:28

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧