人気ブログランキング |

警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』

本日は精油の飲用についての警告記事をシェアさせて頂きます。
(The Sydney Morning Herald での記載の記事を
Rhiannon先生のFBにてシェアいただいたものです)





こちら ↓ は リアノン先生のFBよりの画像
警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』_e0046112_09131740.png





「植物などの天然素材/原材料から出来ているナチュラルレメディーは安全」

「ナチュラルレメディーは身体に優しい」

っというイメージって強いと思いますが、 
ハーブも勿論、そして精油も
使い方を間違えれば「有害」「危険」 なモノとなる事はご存知ですか?


(✨このブログを読んでくださっている方はご存知の方々が多いと思います!)

The sydney morning herald 12月9日記事 より:

オーストラリアのメディカルジャーナルで発表された
シドニー大学の分析では、
エッセンシャルオイルに関連する事件に関する
NSW Poisons Information Center(NSW毒物情報センター)への
電話が2014年から2018年の間に毎年約5%増加していることがわかったそうです。


2017年から2018年にかけて、
エッセンシャルオイルの使用によっての中毒に関する1177件の電話が寄せられ、
63%が15歳未満の子供が中毒にかかったというものでした。

これらの電話のうち、80パーセントは子供がボトルを見つけて飲むなどの偶発的なケース中あり、
13パーセントは別の薬と間違えるなどの「治療上の誤り」として発生しています。

次の文が今回の記事で特に問題としている指摘です。

However, roughly one in 20 cases occurred through intentional use, with 105 cases (2.4 per cent of calls over the four-year period) described as "misinformed misuse" i.e. a person deliberately ingesting the oil with therapeutic intent.

しかしながら、(毒物情報センターへの電話の)約20ケースに1ケースが
意図的に使用したケースの発生であり、105ケース(4年間で電話の2.4%)が「誤った情報による精油の誤用」、
つまり意図的に治療目的で精油を「飲用摂取」してのケースと言われています。😵

今回の分析を主導したシドニー薬科大学 のローズケアンズ博士は、
精油はアロマセラピーで最も一般的に使用されていますが、
オンラインサイトのウエルネスブロガーなどが紹介しているレシピ
 〜 精油を水と混ぜて摂取できるなど〜 (*注意:これ絶対真似しないでくださいね 💦 by Rieko) によって、
(そのようにして摂取すると)私たちの身体にとって、有害となる精油を摂取している人が少数ではあるが増えているという懸念があると述べていらっしゃいます。

そして、

「これらの製品は、多くの場合、資格の低いまたは資格のない人々によって宣伝されています」

彼女は警告していらっしゃいます。


そうなんですよね〜

精油を芳香浴やマッサージなどに使う場合
アロマセラピー関連の本などを読んで参考にして使う方が殆どでしょうし、
しっかりしたアロマセラピーの資格を持った専門家や薬剤師などに
聞いて使うことは少ないでしょうが、

なんかね、
この10年ほど
「メディカルアロマ」だのの名前がついた言葉が
一人歩きしているみたいですが、、

もしそんな言葉を発して近づいてくる人が来たら、

それなあに? って 
今一度丁寧に聞いてみてあげてくださいね。

多くの場合笑いどころ、
ツッコミどころ満載なので!
聞くと楽しいですよ〜 😁

....................................................

さぁ皆さん 準備は出来ましたか?
行きますよ〜 

ツッコミどころ例 (日本の法律の元で)


例①「純度が高い」とか 👉 

?? へ???。。。精油の成分をちゃんと分析して売っている精油会社の精油は当たり前です。。。
だって 精油だよ? 
植物から精油って成分のみを抽出(抽出方法はハーブによって異なるけど)しているからね〜 爆笑



例②「飲める、口にできる」 👉 

はいは〜い✋ それらの精油を食品添加物として輸入/販売している場合ですね〜 

でも食品添加物としちゃうと〜 

医薬品医療機器に非該当の、いわゆる「雑貨」としての輸入&販売になるので
当然ですが『効能・効果をうたう表示はできませんよね〜』 

ん? 飲めてかつ効能もあるって めっちゃあかんやつですね。
通報レベルですね〜 😁



精油をね

「美容・健康増進等の効果を持つもの」との、
表示をする場合は、医薬品医療機器等法の規制が適応されまして〜 
販売に関しても薬剤師など総括責任者の常時配置、事業所の一定の設備構造等が要求されるんですよね〜

人体への効能・効果をうたわず、香りを楽しむオイル、いわゆる「雑品」については、
医薬品医療機器に非該当の、いわゆる「雑貨」としての輸入&販売になるので
当然ですが『効能・効果をうたう表示はできませ〜ん』 これ当たり前の法律なんですが、、
知らない人多いよね。



例③ CPTG®基準 セラピーグレード 👉 なあにそれ? お!よく見ると
「®(Rマーク)登録商標で」 付いてますね! 
そもそもセラピーグレードって意味不明ですね。


もうね、こーいった怪しい宣伝に迷わされたり、信じちゃったりする人
耳にするとめちゃめちゃ多いみたいですね〜

なんで簡単に「大丈夫」って「調べもしない」で
信じちゃうのかなあ?

高濃度で希釈した精油や原液の精油とか、、
種類によっては、
ペンキさえスポイトボトルのスポイト部分さへ溶かしちゃうんですけど〜

それを体内や消化器粘膜に安全と言えるほどの形に
拡散できない媒体となる水に落として飲むとか、、

専門知識がない人が使うなんてありえないでしょ?


なんで「へ〜そうか 使ってみよう」
ってなるのかな?
「危険じゃない?」「怪しくない?」って危険信号が 点灯しないのかなぁ????


不安だけど、
どんな質問したら良いのかわからないってケースもあるのかなあ?


もし私が誰かから
精油は飲用できないか? と聞かれたら

「医学 薬学 精油成分等の専門の知識を得た人であれば飲用の形の剤型にして処方する事は可能」(*国の法律にもよりけりですが)

とお答えしています。

実際に英国もですがフランスでも
精油を使ったのど飴的なトローチや内服用に専門家によって「飲用しても大丈夫な様に」
安全に作られたカプセル剤も薬局などで
手に入りますからね。(あ、勿論、人によってはそれらの使用が禁忌となる場合もありますよ!)

英国のメディカルハーバリストは卒業した学校によりけり(&知識をお持ちかどうか次第)
ですが精油や芳香蒸留水の飲用の処方も行う人いますしね〜



専門知識や資格がない人からの

「飲用できる精油だよって」

言葉を耳にした時の

私からのアドバイス✨は


① 精油の薬物動態学は学ばれていますか?

②ご紹介いただいた今回の精油の比重や成分はご存知ですか?

③その精油の飲用と外用での注意事項を教えていただけますか?


の3つの質問を「口にできる精油だよ」崇拝者件セールス者ちゃんに投げかけることかなあ?

悲しいけれど
専門知識も無い方々がちょっと健康や美容に良さげな事を耳にして
がっつり信じ、疑問も無いまま他の方に勧めてしまう〜ってパターンが多いと思うので、
とりあえず、消費者がまずは「賢くなって」
危険回避を取るしか無い世の中なんですよね〜。

難しいよね、、アロマセラピストって資格も
国によってはめちゃくちゃ低いレベルの資格もあるわけで、、

未だに古きアロマの時代の 笑
『アロマバスソルト作り』なんて安全性大丈夫??なんて
ハラハラするクラフトレベルを奨励している講師の方も居るみたいですし、、、

資格って何?というグレーな世界が広がっている場所にある
アロマの世界ですものね💧


この記事の他、IFPA 国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟にて
日本語に翻訳(翻訳を志鹿紀子さん、デザイン制作を小林彩子さん/ありがとうございます!)
されたFB記事もシェアさせていただきますね。
FBをされていらっしゃらない方ですと、もしかしたら見れないかな??





念のためこちらの記事からの画像もお借りして貼っておきますね〜


警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』_e0046112_08371966.png
警告記事のシェア『精油/ナチュラルレメディーは安全?』_e0046112_08365591.png

皆さん安全に楽しく精油を楽しんでくださいね〜〜



2020年前期の日本での講座のご案内は こちら ↓ ↓ ↓
をご参考くださいませ💕







🌿Herbal healing への日本での講座開催のご興味をお持ちの方へ、
info★herbalhealing-uk.co.uk /★を@マークに変えてお送りください


講座内容やお申し込み詳細などはこちらの → リンクをご参照くださいませ。
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
Herbal Healing薬草芳香植物紹介ブログ → を作りました。宜しければこちらも覗いてやってくださいね。
New ニュースレターが新しくなりました。再登録はこちらから→
*著書のご案内
New 新刊:説話社メディカルハーブハンドブック」2019年1月30日発売致しました→ ⭐️

by PHYTOUK | 2019-12-11 08:48 | AROMA


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
執筆活動案内
コースについて
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー
リフレクソロジー
植物
フラワーエッセンス

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

最新の記事

ゴルゴ13のハーブカード P..
at 2020-02-20 00:53
🌹アロマセラ..
at 2020-02-17 19:44
Neal's Yard Re..
at 2020-02-06 23:07
アロマトピアさんにお世話にな..
at 2020-01-05 22:26
大掃除モードでの新年
at 2020-01-02 20:54

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧