ハーブの効き目は?

e0046112_84237100.jpg「メディカルハーブ」といっても 穏やかな作用の種類のモノから効能が強いモノまで様々です。
もちろん、その効き方にも差は出てきます。

慢性の症状の場合ほど、効果が現れるまでに時間がかかることが多いですし、また同時に
お薬の処方を併用の際など、また処方箋を度々利用されている場合などは、使えるハーブも
限られてきたりする場合もあるので、効果があがるのもゆっくりといった場合も少なくはありません。 





元来ハーブ医学(ハーブ療法)というものは 「その人が持つ 自然治癒能力を高める」事に重点を置いた療法であります。

エディンバラにお住まいのsaoriちゃんがおしゃるように
まさに「患者さんが主体の治療」であります。

「同じ病名」の方がいらっしゃっても そのハーブ処方は、その症状や体質 そして生活習慣などが違うAさんとBさんでは異なったものとなります。


慢性の症状・・・例えばME/CFS(chronic fatigue syndrome) リウマチ・膠原病などいった場合などでは、全体の免疫力のサポートを行いながら その時々に現れる急性の症状を緩和する為のハーブ処方を行ったり、その時々の体調によって細かく調整していきます。
使うハーブも 穏やかな作用モノ&即効性のある種のものなどをその時々の必要に応じて処方されます。
慢性の症状で とてもポピュラーなのが皮膚疾患でありますが、こちらも 症状や体質によって
その治癒には個人差がでます。 全身赤くただれた皮膚炎が1週間で引く場合もあれば、1ヶ月目からその効果が現れる場合とそれぞれです。特に「癜風」などの真菌感染などは効果が見られるまでに1ヶ月以上かかることも珍しくありません。

また、ホルモンバランスの不調や不妊症などのサポートの場合も、ハーブの効果が見られるまで、やはり最低3ヶ月くらいかかる場合が多いです。
(例:先日無事男子を出産された、不妊症でいらしたBさんの場合、生理の不順の緩和が見られるまで3ヶ月、その後妊娠しやすい体作りのサポート(旦那様も含め)に約2ヶ月かかりました、PCOSなど・・・といった疾患がある場合生理不順が改善するまでには半年以上かかる事も
あります。) 半年間来なかった生理がハーブを飲み始めた翌月から再び来始めた。というような例も少なくありませんが、やはり長く続いた生理不順の場合などは 最低3ヶ月規則正しく生理が来るかを見届けながらのサポートを行ったりいたします。

痛みや吐き気、下痢と言った急性の症状には、急性症状用のハーブ処方の仕方があり、数回の飲用で症状が緩和するような形が多くなりますが、症状が良くなった時点で、
完全に回復するまで「サポート」的 レメディーの処方に切り替えたりします。(サポートがいらない場合も、もちろん有)



また、アロマセラピーやフラワーレメディーなどを併用することによって、効果が早くあがることも! 特に皮膚疾患などの場合 私は外用クリームなどに必ずといっていいほど精油を利用しております。

不眠症などには 精油を芳香浴やマッサージなどで利用したり・・・
フラワーレメディーを利用したり・・・ と 様々なレメディーと組み合わせることによって 幅広いアプローチが可能になります!

症状を抑えるのではなく、自然治癒力の向上をめざし、体質からしっかりと改善することに力を置くハーブ医学。


慢性の症状の場合の改善には確かに時間がかかることもありますが、「自然治癒力を向上」することによって 「未病を防ぐ」病気になりにくいからだ作りにも役立ってくれます。















 
[PR]
by phytouk | 2005-12-17 09:44 | HERB


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
planet*plant...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
執筆活動案内
コースについて
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー
リフレクソロジー
植物
フラワーエッセンス

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

最新の記事

メルマガにご登録頂いている皆様へ
at 2018-05-22 19:28
オーク、ホーンビーム& ビー..
at 2018-05-08 19:35
ホリー(Holly)を見つけ..
at 2018-04-30 00:35
これからの講座の形、感謝と共に
at 2018-04-23 22:19
学生時代の参考書の整理整頓
at 2018-04-01 18:51

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧