タグ:Homeopathy ( 4 ) タグの人気記事

"Pharmacie Homéopathique Maubeuge à Paris" 編 フランス薬局店で扱うナチュラルレメディー②


フレグランスジャーナル社
aromatopia主催「フランスオーガニックハーブ&精油ツアー」
「ナチュラルレメディーを扱う専門薬局店」"Pharmacie Homéopathique Maubeuge à Paris" 編です。

二番目に訪れたのは、北駅にも近い
"Pharmacie Homéopathique Maubeuge à Paris" HPさんです。

オーナーさんはDidier BOEUFさん。
実はツアーのお打ち合わせに訪れた時は違うオーナーさんだったので
私個人は今回が初のお顔合わせとなりました。
息子さんが日本で日本酒醸造のお勉強をされていたそうで、
日本繋がりがあり、快く薬局見学を引き受けてくださいました。

e0046112_22505931.jpg

名前にホメオパシーとある様に、こちらの薬局も特にホメオパシーと
の繋がりが強い薬局です。
ホメオパシーの調剤ルームでの
レメディーの作り方の説明を受けさせていただき、
錠剤にポーテンシー液剤を入れた後の乾燥機の説明なども
お聞かせいただき、
ふと、、横を見るとラベルを貼る前のレメディー、、、
staphylococcinum が準備途中でした。
お忙しいなか中断させてしまってすいません!

e0046112_22495200.jpg

必要に応じた調剤室がいくつかあります。

e0046112_22505311.jpg
e0046112_22504715.jpg

危険物や毒となる薬剤を取り扱うお部屋もちろん
別に作られています。

e0046112_22495755.jpg

液剤の調剤ルームには
ハーブ液剤から精油まで所狭しと並んでいます。

e0046112_22510308.jpg

今回私も事前オーダーで
TM(teintures mères) マザーチンキと呼ばれている液剤 数種と
EPS (フレッシュのハーブをグリセリンを利用して抽出したアルコールフリー&成分
調整済み液剤と言ったら良いのかな?)を購入しました。
イギリスでは見たことが無いものをという事で、
呼吸器系などの感染に使ったりもするサイプレスのEPS

TMはイチョウ、スパイクラベンダー、エキナセア・アンガスティフォリアを購入。

TMといえどしっかり成分も出ている作り方ですね。
1:10の比率のみでなく、1:8などもありますし、
アルコール濃度は薬草の成分、含有水分量などに
合わせてものすごく
決められていらっしゃる様です。


本当はいわゆるチンキ剤 EF (Les extrais fluides) も購入して見たかったのですが、
次回のお楽しみにします。

後、せっかくなので?
自分で処方箋を書いて、飲用の精油も調剤してもらいました。
(写真のカプセル)


e0046112_22502059.jpg

ドライハーブの調剤室もあります。
今までも地方を含め、いくつかの調剤薬局を見学させていただきましたが、
薬局の場合、取引されていらっしゃるハーブ会社は
ほぼ同じ感じでいらっしゃいますね〜
分析結果などを手に入れやすいのでしょうね。

e0046112_22504294.jpg


精油などの液剤に関しては
成分分析や質のチェックなどを引き受けてくださる
ご贔屓のラボとの関係なども関与して、どこの製品を取り入れるか
決めたりされていらっしゃるそうとの事。

今回もこう言ったいくつかのラボ会社の近くまで行ったのですが
訪れる機会が作れず、残念無念!
またぜひ機会を作って見学させていただければと願っております。
e0046112_22502502.jpg

最後はなんととても美味しいスナックとそしてワインまでご用意いただけました!
感謝感激です。

We visited specialised pharmacy
"Pharmacie Homéopathique Maubeuge à Paris" → HP

The team are specialists in natural therapies,
they advise, specialise and prepare in homeopathy,
phototherapy, aromatherapy and nutrition.
It’s situated not too far from Gare du Nord so,
I visit there when I’m in Paris.
La Pharmacie Homéopathique Maubeuge has a very strong specialisation
in homeopathy since its creation in the 1920s by Roger Caillaud.

They also prepare and prescribe many
different forms of natural remedies.
This present owner Mr.Didier Boeuf took us a tour inside of pharmacy.
They have Liquids room:
Where all the liquid preparations, lotions, suspensions,
mixture of essential oils, suppositories.
Capsule Room:
Where the capsules of plant powder, solids and non-hazardous powders are prepared for patients.

Dried Medicinal Plants room:
Where they make the mixing of herbs.
There is also a separate room with special ventilation, this is dedicated to
the handling of carcinogenic, mutagenic or reproductive toxicants.
The operator is protected by an external exhaust hood and suitable safety equipment.
Unfortunately we didn't have time to check
different types of liquid remedies,
Which included Tinctures, FE etc. however they did have
a whole list of mother tinctures and 
glycerinated macerates,another form of alcohol extraction,
or Standardized Plant Extracts (EPS) .
I have pre-ordered several forms of natural remedies from them.
Its so interesting to see difference between
British Herbal/E oils preparations and French pharmacy preparations.
I would like to say a big thank you to Mr. Boeuf for showing us the inside of the pharmacy
which was an invaluable experience and
treating us to a yummy lunch!


[PR]
by PHYTOUK | 2017-07-04 00:03 | France

Pharmacie Homéopathique de l'Europe編 フランス薬局店で扱うナチュラルレメディー①

*2017年10月開催の講座のご案内は →link をご参照くださいませ。



6月19日から25日までの1週間、
パリ、リヨン、プロバンスの

①「ナチュラルレメディーを扱う専門薬局店」
②「薬草店 Herboristeria」
③ 薬草、芳香植物を採集、栽培され、
  ジェモセラピーのチンキ剤、精油、芳香蒸留水、浸出油、ドライハーブなどを
  製作されていらっしゃる「製造農家」

にお邪魔し、お勉強させていただく
フレグランスジャーナル社
aromatopia主催「フランスオーガニックハーブ&精油ツアー」の企画オーガナイズさせていただきました。

ご参加者の皆様のブログやFB等でも、こちらのツアーの内容を
アップしてくださっていらっしゃると思うので、
私は特に「個人的気になった製品」や「製造など」に関しての
記事を少しずつご紹介させていただきたいと思います。


ツアーでは
精油、ホメオパシー、薬草などのナチュラルレメディーを
調剤されている専門薬局3軒を訪ねました。

通常の薬局の数に比べると、決して多くはありませんが、
このような専門薬局がフランスの都市ごとに存在します。
私自身も今まで数件訪問させていただきましたが、
それぞれ薬局ごとに品揃えなども違ったりと
ありますので、今回もあえて、数軒訪問させていただき、それぞれの違いを
感じていただけるようにアレンジさせていただきました。


天気良すぎ。。。猛暑となってしまった1週間でしたが
ご参加いただいた皆様本当に本当にありがとうございました。
皆様との素敵な思い出を作れて幸せ一杯です。

この旅ではaromatopia編集部の岩倉様には
一年近くの長い期間、準備、相談等本当にお世話になりました。
とても素晴らしいお人柄の岩倉様。
旅の期間もとってもとっても楽しいお時間をご一緒でき
一生の思い出となりました。

そしてこのツアーを企画にあたって
下見や事前連絡等で、イギリスで精油をそしてフランスで薬草を学ばれた
Eriko Blanc-Mathieu さんにも本当にお世話になりました。
Etikoさんとはご一緒した場所などもあって、グループ訪問に向くか?? 時間のタイミングなど
細かな相談などもさせていただき助かりました!

また今回前半の旅ではパリ在住で精油を学ばれた
Tomomi Kurisu さんに通訳をお願いいたしました。
とても分かりやすい通訳で、感謝感激です!
暑い中立ちっぱなしの通訳で本当にお疲れ様でした。



以下 訪問先のレポートになります。


最初の訪問先は31 RUE D AMSTERDAM - 75008 Paris
Pharmacie Homéopathique de l'Europe HP さんです。
パリでも古くからある専門薬局の一つとなります。

We have visited several pharmacies during our stay in France.
Firstly, we visited ‘La Pharmacie Homéopathique de l’Europe” in Paris.
The Homeopathic Pharmacy of Europe is a specialist of natural products in Paris, and one of the oldest homeopathic pharmacies.

They offer a very important choice in homeopathy, phytotherapy,
aromatherapy, nutrition, dietetics, food supplements, organic and natural cosmetics.

The Pharmacy owner, Mr.Eric Myron and his colleague kindly took us a tour inside of the pharmacy.
They have several preparation rooms including total service office above the main pharmacy.
They showed us how to make homeopathic remedies and, how to prepare medicinal orders.
There is a huge amount of stock of Herbal extracts and Essential oils too.

As many of our member of group are Aroma therapists,
we asked several questions regarding “French Aromatherapy” .

I tend to feel that many Japanese aromatherapists do not have the correct information about French aromatherapy.
In particular, who or how to prescribe the essential oils for example.

I hope this visit made it a little clearer to them.
The pharmacy also has Parapharamcy store, opposite to the mail pharmacy.

This is where you can buy many pre-packed essential oils, massage oils,
insect repellent sprays, Herbal teas, herbal extract remedies etc….
Unfortunately, we didn’t have time to visit, but they also has orthopedic, orthotics and podiatry services.

These are available next to the main pharmacy.
It was so interesting and such a useful experience.

I very much wish to say a big thank you for Mr. Myon’s hospitality.

e0046112_18582516.jpeg
今回薬局をご案内いただいたのは、やはり薬剤師であった叔父様から
この薬局を引き継がれたMyon氏さん。
朝にお伺いいたしましたが、薬局はすでに大忙し。
そんな中、とても丁寧に薬局内のお仕事の事や、製剤のお話などを
ご紹介いただきました。

e0046112_22284245.jpg

ずらりと並んだ数々の製剤。ハーブ液剤、精油、マザーチンキなど他、ミネラル、ビタミンなども
取り扱っていらっしゃいます。
必要に応じて、調剤してカプセル剤なども作られています。
ご丁寧にカプセル剤の作り方のデモンストレーションを行っていただきました。

ここまでの規模の専門薬局で(そして1日に数百というオーダーがある忙しさの薬局で)
グループ見学、それも薬剤師や医師でないグループの見学を受け入れてくださったのは
本当になかなかありえない事なのです。

その上、ご多忙なのにお時間を割いてくださって
ここまでのご案内をいただけるとは夢にも思っておりませんでした、、
感謝の気持ちで一杯です。

e0046112_22353732.jpg

薬局の中はとても機能的です。間違えがないように再々チェックをしないと
処方箋を作り終え、患者様にお渡しすることができないように、いろいろな工夫がされています。
精油の処方も同じくです!

精油に関しては、どのような形で処方されるのかなど
いくつかの質問をさせていただきました。
専門の調剤薬局としてのお話も含め、ここら辺は詳しく
aromatopia様で秋にもレポートが掲載されると思いますので楽しみにしていてくださいね。

e0046112_19421925.jpg

ホメオパシーの調剤室 です。
↓ ↓ ↓

ナチュラルレメディーナチュラルレメディーの中でも一番ポピュラーとあって、
調剤室も広く多くのマザーチンキや、ポーテンシーの調整済み(希釈震盪/ポーテンタイゼーション)の液剤なんかも
もちろん豊富なストックが用意されています。


e0046112_22314637.jpg
こちらでもアルニカ5CHの錠剤を作る際のデモンストレーションをいただけました。
e0046112_22393876.jpg
イギリスとフランスではメジャーなポーテンシーが違うので面白いです。
使うポーテンシーだけじゃなくて、よくある疾患などに使うファーストエイド的なリメディーの選択も
違ったりしますよね〜 興味深い!

イギリスのホメオパシー薬局とはまた一味違う感じですね。

e0046112_18414676.jpg

個人的に一番興味深いのが、
ハーブの液剤かな。。。

e0046112_22424115.jpg

こちらの写真は、最近よく見かけるようになった
EPS フレッシュハーブをグリセリンで抽出させています。
この製剤の好き嫌いは薬剤師さんや個人の消費者によって分かれるみたいです。

e0046112_18552036.jpg


e0046112_22422600.jpg
こちらはLes teintures mères (TM)
いわゆるマザーチンキ剤ですね。
とても分かり易く陳列されていました。
フランスでのハーブ液剤はイギリスのものとまたかなり異なります。

この件に関してはまた後日お伝えしますね。


e0046112_19002525.jpeg

またこちらでは調剤薬局の他、お隣の建物には整形外科に通われているような疾患をお持ちの患者様の為の
専門器具や、サポートグッズなども取り扱う部門も設立されていらっしゃいます。

そしてお向かいの建物にはparapharmacy(処方箋がなくても帰るレメディー類やコスメなどを扱う
ドラッグストアー)もあります。
e0046112_19052277.jpg



精油や精油入りのレメディー類(トローチ系も豊富)も沢山扱っていらっしゃいますよ。
ハーブ液剤からお茶も、そしてこちらでは化粧品も豊富に取り揃えていらっしゃいます。
フランスのパラファーマシーやナチュラルレメディー系のお店は、店舗によって取り扱いされているメーカーさんが
違うので、できれば数カ所訪れると見比べができて楽しいかもですね。
e0046112_19345944.jpg
まずは薬局第一弾のレポートでした!
Myonさん スタッフの皆様 素晴らしいおもてなし本当にありがとうございました。



[PR]
by PHYTOUK | 2017-06-30 19:48 | 基材紹介

2017年6月「オーガニックハーブと精油の旅 9日間」in フランス

フレグランスジャーナルさまご主催
<アロマトピアツアー>
"🇫🇷フランスのパリ、リヨンそして南フランスを廻るツアー"
「オーガニックハーブと精油の旅 9日間」2017年 6月18日(日)〜6月26日(月)
詳細が出来上がりました〜〜
お申し込み受付もフレグランスジャーナルさまのHPから
こちらから 開始いたしました💕

🌟 現地集合・現地解散での参加もお申し込みいただけるようになりました!

現地集合/解散の詳細は→ http://www.fragrance-j.co.jp/news/n16895.html



私もコーディネーター&通訳として参加いたします。
訪問先となる場所の殆どは、過去に私が訪れた場所、
そして今回のツアーの為に実際に足を運んで厳選させていただいた箇所がメインとなります。

ご滞在中に、沢山の経験を楽しんで頂けますように、色々なタイプの訪問先をアレンジさせて頂きました💓
今まで色々なツアーのお手伝いさせて頂いておりますが、
今回のツアーアレンジでは今まで以上に素敵な場所から訪問許可を頂けることができました。

皆様と一緒に訪問できるのがとても楽しみです。

以下簡単ですが、ツアーのご案内です。日程などの詳細は
フレグランスジャーナル社さまの旅の案内ページをご参照くださいませ。
..........................................................

🌿前半の旅は、自然療法のリメディー(ホメオパシー、ハーブ&精油等)を調剤されている、
パリの調剤薬局を数件回り、薬局、調剤室などを見学いただきます。
薬局の中の自然療法をこの目で見ながら、
ハーブや精油関連、もちろんホメオパシー関連の商品などのお買い物もお楽しみいただけます。
e0046112_19244198.jpg

🍽「食」で名高いリヨンですが、
実はリヨンそしてオーヴェルニュ=ローヌ=アルプ(Auvergne-Rhône-Alpes)地域では、
ハーブや精油、芳香蒸留水をはじめとした様々な生産農家や、
薬局へ卸す品物を生産されている会社が集まっており、
またリヨンの街には数件の薬草店やナチュラルレメディーを扱うお店が店を連ねています。
今回はそんなお店を4〜5件時間のある限り、皆様とご一緒に回りたいと思います。
途中アロマティックなランチまたはディナーを設ける予定です。

e0046112_19243191.jpg

🌿リヨン近郊の街ではオーガニックハーブ蒸留農家さんで、芳香蒸留水やこちらで作られている
ジェモセラピー用のチンキのお話を頂きます。
オーガニック農家として厳しい基準をクリアにしつつ、
伝統的な農法を今もなお行う農家さんです。
午後はこの近くのもう一つの蒸溜所またはオーガニックワイナリーを訪ねる予定です。
e0046112_19234999.jpg

🌿後半の旅は、クリニカルアロマセラピーの世界で活躍されていらっしゃる
「リアノン・ルイス先生」に南フランス地方のハーブ&アロマの世界をご案内いただきます。
グラースの、フランシス・アジミナグロウ氏の薬局訪問から始まり
オーガニックハーブ&精油の生産農家さん訪問、そして
リアノン先生からの特別セミナーも含む盛りだくさんのツアーとなっております。

e0046112_19245298.jpg

✴︎パリ・リヨンの通訳には
パリ在住、アロマトローグのTomomi Kurisuさんにもお手伝い頂けることになりました。Tomomiさんのファンの皆様必見ですよー♫
e0046112_19283721.jpg


✴︎コーディネート作業では Eriko Harada (Blanc-Mathieu) さんの素晴らしいサポートをいただきました! ご一緒に廻ったリヨンのお店やお互いの蒸留所見学経験からの的確な参考意見とても助かりました。

✴︎アロマトピアの編集チーム、岩倉さまにはあ〜でもない、こ〜でもないと、
企画からルートまで24時間?日夜問わず (苦笑)
親身になってご相談いただきありがとうございます。素敵な旅にいたしましょうね!


e0046112_19240237.jpg
薬局の中の自然療法から
薬草店、ナチュラルレメディー店、
ハーブ、精油&芳香蒸留水生産農家さん等を訪れ、学びはもちろんお買い物もたっぷりと楽しんでいただける他、
リアノン・ルイス先生の特別ワークショップも含まれた盛りだくさんのツアーとなっております💫 

ご興味ある方は是非フレグランスジャーナル社さまの旅の案内ページを
ご参照くださいませ♪ 多くの皆さまからのご応募をお待ち申し上げます。



2016年8月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱

[PR]
by PHYTOUK | 2016-10-17 17:18 | イベント案内

英国・ドイツ散策紀パート5(ドイツ篇)

■7月5日
ドイツ2日目! 今日も晴天です。さすが晴れ女2人の旅だなぁ。天気に感謝しつつ
国民宿舎っぽいホテルでの又これも地味でも機能的な朝食。
決して悪いホテルではないですが全てが古く、70~80年代の造花とかぬいぐるみとか
そういったレトロなモノがあちこちに見えています。朝食会場は住宅地の古い公民館ぽく
懐かしい感じ。私たちの他はドイツ人の観光客ばかり。
ドイツ語に自信がない場合は駅近くのNH系のホテルか 観光客で(もう少し)賑わうリューデスハイムのホテルが便利でしょう。

続きを読む
[PR]
by phytouk | 2008-07-14 23:21 | その他


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(195)
(134)
(84)
(79)
(53)
(33)
(26)
(20)
(18)
(15)
(8)
(7)
(4)
(3)

最新の記事

2017年 10月25日の講..
at 2017-09-15 07:33
自分にとってちょっと特別なハーブ
at 2017-08-31 20:38
ハーブと星(占星術)
at 2017-08-29 19:43
ハーブとアロマセラピー最初の..
at 2017-08-26 05:26
情報をしっかり理解していますか?
at 2017-08-18 20:43

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧