「ほっ」と。キャンペーン

タグ:Garden ( 25 ) タグの人気記事

5月のハーブ&6月の薬草園散策のお知らせ


5月になりハーブのお花も少しずつ楽しめる季節となりました。
我がフラットの小さなお庭にも色鮮やかなハーブの花が咲き始めております。

ロンドンの薬草園もお花が開花し始めて散策が楽しい季節となっております〜
(🌟6月のロンドンの薬草園散策に関してのお知らせをこちらの投稿の末尾に
ご案内しておりますのでご興味ある方はご参考くださいね)

Aesculus hippocastanum(ホースチェストナッツ)の木の花が咲くと、
ああ、初夏がやってくるな〜と季節の訪れを知らせてくれます。
e0046112_19003389.jpg
ホースチェストナッツの花が終わりを迎える頃、

Crataegus app、別名5月の木と呼ばれる(May tree)ホーソーンの花が
満開となります。

また同じ時期にエルダーフラワーも咲き始めます。

昨日も道沿いの木や、垣根として使われている ホーソンの見事なお花を楽しむことができました。
e0046112_19005296.jpg
e0046112_19012186.jpg

お庭のハーブたちも冬を越してくれたハーブは元気に成長しておりますが、
一部残念ながら虫に食べられてしまったり、リスに掘起こされてしまったり。。。
とで、姿を消してしまったハーブもあったので、
昨日はご近所のガーデンセンターに足を運びました。

残念ながらこの日は「これだ」っという苗を見つけることができなかったのですが
ハーブの種を数種購入。(一部の発芽したハーブをカタツムリに食べられてしまったので)

このガーデンセンターは植物やガーデン器具だけでなく、
地元の野菜から、お菓子、キッチン用具まで色々揃っております。
このところ暖かな日々も続いていたので(寒い日もありましたが)
ドリンク類も夏に向けて色々飾ってありました。
e0046112_19030287.jpg

ハーブが入ったお酒類や嗜好飲料も色々置いてあります。
ハーブのワインやリキュールなんかもあって面白いですよ〜(甘そうですが)
これからのピクニックの季節に活躍しそうですよね❤️

e0046112_19014081.jpg

e0046112_19023653.jpg


e0046112_19191045.jpg
🌟ロンドン薬草園散策のご案内

<日時>
6月17日 金曜日 11時より (小雨は決行予定しております。)
2日前の15日にお天気予報を見て決行の有無をご参加者の皆様にご連絡いたします。

<場所>
ロンドン市内 薬草園
定員 6〜8名予定

<内容>
午前に集合場所でお集まりの後、
ガーデンの薬草&芳香植物を観ながら
その使い方などをご紹介させていただきます。
お時間はおよそ1時間半を予定。
その後お時間がある方は13時よりガーデン内のカフェにてランチをご一緒しながら
ハーブやアロマのお話または薬草園のはしご?も構想中です。
人数や参加者のご希望によってお時間や場所などが多少変わるかもしれません。
★この日程以外の薬草園散策ご希望もお受付しております。ご希望の方はリエコまでご相談くださいませ。

<お申し込み&参加費等の詳細>
リエコまでメールにておご連絡くださいませ。
info★herbalhealing-uk.co.uk 迄 (★を@マークに変えて送信くださいませ)
お申し込み&お問い合わせメールを頂いた後、詳細をご連絡させていただきます。

*3日以内に返事が無い場合はお手数ですが再度お問い合わせくださいませ。
*海外からのメール受信可能なメール設定の上お問い合わせください。


2016年5月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-05-16 19:08 | HERB

ロンドン薬草ガーデン散策&ワークショップのご案内

e0046112_20102345.jpg
7月&8月のロンドン薬草ガーデン散策&ワークショップのご案内です。


<7月>

7月24日「ハーブガーデン散策」(満席)

7月28日「ハーブガーデン散策」(残席1名)

7月30日「基礎から楽しむ精油の化学」(満席)

<8月>

8月13日「ハーブガーデン散策&メディカルハーブの使用法(基礎編)ワークショップ」(お申込み受付中)


散策やワークショップ等の詳細は info★herbalhealing-uk.co.uk迄、(★を@マークに変更してご送信ください)リエコ迄

迄お気軽にお問い合わせくださいませ。


その他の基礎講座や上級者向け講座などご希望のアレンジ講座などは

8月も平日午前~午後&土曜日午後~夕方限定で受け付けております。

こちらもお気軽にお問い合わせくださいませ。


9月以降の日程は近日中にお知らせいたしますね。


--------------------------------------------------------

*2015年7月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2015-07-23 20:12 | ワークショップ&教室:UK

ハーブを楽しむ日々&イギリスでのハーブ/アロマ講座日程について

e0046112_21340099.jpg
イギリスにも「夏」がやってまいりました。

先日は晴天にめぐまれた気持ちのよいお天気の中、生徒様達とご一緒に薬草園に訪れました。

6月ともなると薬草園もとっても賑わっていましたよ〜〜

e0046112_21082520.jpg
この時期を120%楽しみたいので(笑)私もランチタイムなどを利用して

時間のあるかぎりロンドン市内の薬草園、ハーブガーデンなどに足を運んでおります。


7月末に皆様とご一緒にまわる薬草園散策を予定しておりましたが、こちら公募する前に満席となってしまった為〜〜

また私の休みを調整しながら機会を作りたいと思っております。。。

しばしお待ちくださいませ〜〜


と同時に。。。


6月以降のロンドンでのハーブ&アロマ講座の日程をお出しできずのままでございますが、

7月の講座は只今以下の通り&満席状態でございましてご迷惑をおかけ申し上げます。


<7月予定>

7月24日「ハーブガーデン散策」(満席)

7月30日「基礎から楽しむ精油の化学」(満席)


基礎講座やご希望のアレンジ講座などは2名様以上などのグループでのお申し込みは

8月も平日限定で受け付けております。


9月以降の日程は近日中にお知らせいたしますね。


--------------------------------------------------------

*2015年5月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせはHPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2015-06-30 21:56 | HERB

イギリス&フランス/ハーブ&アロマの旅①「The Organic Herb Trading Company」




e0046112_03035064.jpg

The Organic Herb Trading Company

HPは→こちらから

イギリス中のハーブ会社がお世話になっているといっても過言ではないくらい、イギリスオーガニックハーブ業界のパイオニアの会社です。

私ももちろんとーってもお世話になっております。

ここでは、自社農園で育った素晴らしいハーブそして及び世界中から選び抜かれた「高品質」のオーガニックハーブをあつかっていらっしゃいます。

スタッフも本当に素敵でして、毎回訪れるのを私も本当に楽しみにしております。

今回私達が訪れた事もなんと会社HPのニュースの項→ こちらにアップしてくださいました〜〜

恥ずかしい〜〜でも嬉しい♪

e0046112_03042118.jpg


午前中は雨が気になっていましたが、さすが晴れ女ばかりの旅!

大雨で心配していましたが、現地では小雨〜晴れ!となりましたよ。

e0046112_03062297.jpg

現地到着後、農園マネージャーのSarah Westonさんから直接自社農園を案内いただきました。この時期はちょっと訪れるの早いかな?っと心配しておりましたが、そんな不安はまったく吹き飛ぶような見事なハーブの成長が見れました。

セージは満開、ロディオラも満開、ボリジも。。。そして巨大化したミルクシッスルやバレリアンなど元気なオーガニックハーブ達が私達を迎えてくれましたよ。


そしてBlue tit(アオガラ)の赤ちゃんも顔を見せてくれました。

e0046112_03040231.jpg


農園を見学し、害虫や天敵駆除の話しで盛り上がりながら、

ハーブ乾燥室や苗床を見させていただき、(オーガニックの種まき様の土。。。欲しい〜〜)

e0046112_03043985.jpg

そして今度は「液体管理室」にを見学に。

こちらでは「液体商品」チーム代表のJane Wallwork-Gushさんにより、チンキの作り方、グリセリンチンキの作りの説明をじっくりと学ばせていただきました。

各浸出油や精油など色々な商品もたっぷりと手に取らせていただきましたよ〜

e0046112_03041220.jpg

Janeさんはハーブから作る液体製剤作りのプロ!

私もいつも色々なお話をさせていただきます。

彼女が自宅の家畜やペットにも長年ハーブを使われていらっしゃるので

色々と為になる情報を学ばさせていただいております。


やはり現地で、そして農園で、世界中のハーブを扱われていらっしゃる方々の

知識と経験は、どんな教科書よりも素晴らしいですよね〜


実は、Janeさんのこの素晴らしいハーブのご経験と知識を日本の方々にご紹介したいなあと、いつか彼女をぜひ日本にご招待できればとも願っております。


名残惜しいですが、お迎えの時間が迫ってきてしまったので〜〜

次回は8月に再び訪れるお約束をしてグラストンベリーに向かいます。。。


--------------------------------------------------------

*2015年5月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせはHPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社「英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱




[PR]
by PHYTOUK | 2015-06-22 03:09 | 自然療法ツアー

春のハーブ達

e0046112_05561114.jpg
一旦暖かくなったと思ったらいきなり寒くなったりといった天気が続きましたが、

今週はまた暖かくなる予報みたいです♪

初春の間はどのハーブがちゃんと冬を越してくれたか気がかりで、

毎日ガーデンを見回っておりましたが(笑)

今年も無事に多くのハーブが頑張って冬を生き延びてくれた様です。

e0046112_05562140.jpg


然し乍ら。。乱暴ものリス達にせっかく種から発芽させた

新芽達をかなり破壊されてしまいましたが。。。(一からやり直し中)

可愛いんですけどね〜〜

e0046112_05565675.jpg


うちの庭は半分が日陰なので、引っ越して数年は「日陰でも育つハーブ」の内どのハーブが根付いてくれるかとドキドキしながらの毎日でしたが、3年目となった今年は

根もしっかり張ってくれたようでとっても元気な姿を見せてくれております(感涙)。


e0046112_05563100.jpg


秋に植え替えをしたので、ちょっと心配しておりましたが

ブラックコーホッシュもすくすく成長しております。

e0046112_05564299.jpg

あと芽が出ていないのはセントジョーンズワートくらいかしら?



驚いたのが、2年前に地植えした Sweet woodruff( Galium odoratum)

去年は全然花も咲かず、元気もなく「土地にあわなかったかしら」と半ば諦めていたのですが、今年はとっても元気に花を咲かせてくれました!

e0046112_05531050.jpg


薬草として今は余り使われませんが、昔はこの生葉を打ち身や傷などの治療薬として使ったり、健胃薬としても利用されていたそうですね。

このハーブはフレッシュの時はあまり気が付きませんが、乾燥させるとその香りが(クマリンの香〜♪)が高まります。

特にお花の甘い香りはとっても素敵です。

e0046112_05560040.jpg
摘み取った瞬間は「そうかな〜〜」といった感じなのですが、摘んで10~30秒後にはバニラの甘い香りが混じったような、とっても素敵な香りを楽しませてくれるんです。

せっかくなので今年は少しだけ収穫してポプリにしてみようかな?と計画中です。



--------------------------------------------------------

*2015年5月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱




 


[PR]
by PHYTOUK | 2015-05-11 06:02 | HERB

夏の思い出のハーブ 〜 Monarda didyma 〜

アロマセラピーやハーブは、色々な角度から楽しむ事ができますよね〜

私は「アロマ(精油)」「ハーブ(薬草)」を「治療に使う」という職業なので、

なんかあまり上手く説明できないのですが、仕事で使う時と、「ピュアに楽しむ」という

時とでは、すこ〜〜し (時には、かな〜〜り)使い方も変わります。


精油やハーブに対する自分の姿勢がかわるというわけではないのですが、

やはり「治療に使うときは」治療家の目になってしまっているので

見方が変わるのかな?? 基本「自然からの贈り物」を使わせていただいているのですが、自分や家族、友人に使う時とは違うんですよね〜


でもどう違うかを文字にする事がなかなか上手くできません、表現力が乏しくって悲しい〜〜。


で、私は色々事務作業(また?)に煮詰まった時には

香りを「精油から」「ハーブから」に楽しんだり

ハーブを摘んだり、触ったり、口にしたりと

いわゆる「五感」から楽しませていただいております。


これがほ〜〜んとうに、私にとっては、絶対かかせない楽しみなんです。


こういった時、自分使い、治療目的ではない楽しみとして摂する場合、

普段仕事では使わないハーブもちょこちょこ使って楽しみます。



8月に入ったら、すっかり「秋モード」に入ってしまって、

お庭のハーブも莟のまま、開花できずっていうお花も少々みかけます。

そんな中、可憐に咲いてくれたお花に感謝しつつ、お茶を楽しませていただきました。


e0046112_20050576.jpg


Monarda didyma 別名 Scarlet beebalm、 Mountain mint、 Oswego teaそして

Bergamot(実がなるベルガモッドの木とは異なります〜)などとも呼ばれています。

葉そしてお花の両方を楽しむ事ができます。

この使い方、国や地方によって異なるの傾向がありますが、基本

咳、風邪、消化不良などに使われてきました。



こちらはドライの Monarda didymaのお花です。

e0046112_20041817.jpg

たっぷりのお花でハーブティーを作りますとこんな素敵な色が楽しめます♪

e0046112_20043028.jpg


さてこの Monarda、実はこの他にも多くの品種がありまして、

ハーブティーとしては、別名Bee Balm, Wild Bergamotの名前で親しまれている

Monarda fistulosaも薬草としても愛用されている品種です。



今回のフレッシュ使い(少ししか使ってませんので)では「薬効」よりも

「ハーブそのもの」を感じるといった形で楽しませていただきました。

e0046112_20045652.jpg

こういった時間や機会って、私にとっては本当に本当に大切なんです。



ハーブって、精油(アロマ)って 薬効だけじゃないんです〜〜

それ以外にもとても素晴らしい、こうなんといったら良いか、心と身体にシンプルに、でもとてもダイナミックに響く、そんな素晴らしい贈り物を私達に与えてくれるんです。



ああ、なんか今回は上手く文章で伝えれないのですが、

こういった「ものすご〜〜い シンプルな楽しさと自然の恩恵」といったものを

感じれる事ができる一瞬一瞬に感謝をしつつ、、


仕事に戻りたいと思います。笑



......................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年8月以降のイギリス&日本での講座などの情報は →こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」 


[PR]
by PHYTOUK | 2014-08-22 20:07 | HERB

イギリスガーデン巡り2014 ④

今年はとっても夏らしい「夏」を、迎える事ができたイギリスでしたが、8月も過ぎるとやは〜〜り、例年のごとく、
肌寒い日々に戻ってしまいました。寂しい〜〜、
e0046112_19323261.jpg
その中で、以前からとってもとっても楽しみにしていたJekkaさんのハーブ苗ファ−ムの
オープンの日は、多少のにわか雨もありましたが、概ね晴れ間が楽しめた、素晴らしい遠出日となりました。

今年はかなり、薬草色強いハーブをコレクションから外されたそうで、正直お目手だった、伝統的な薬草ハーブを
購入する事ができず、個人的にはとても残念〜〜。せっかくなので? ラベルも無くひっそりと売れ残っていた(笑)エキナセアのパリダはゲットしましたが
後は園芸種ばかり〜〜を購入。

ハーブガーデンも手を入れているからぜひ見て行ってね♪との事で
購入する苗をじっくり選んだ後は、ガーデンを散策です。

おお〜〜たしかに昨年よりも規模も大きくなっておりました。


e0046112_19330291.jpg

e0046112_19331268.jpg
今日はオープンデーという事なので、特別に「即席カフェスペース」もありました。
Jekkaさん自らサービスされていましたよ。
私はお手製の「エルダーフラワーコーディアル」をオーダー。
美味しかったです。というかもうこんな素敵な場所で味わうコーディアルは最高です♪
e0046112_19325203.jpg


いつも種類は他のファームからメールオーダーする事が多いのですが、せっかくなので
今回はこちらで収穫された種も購入。
あったらいいなという種類の園芸種ハーブを数々仕入れる事ができまして、
帰りの車の中はハーブの香りがここちよい感じでドライブ♪


帰途途中、ふと思い立って、、途中ちょっとよりみちして
ブリストル大学植物園に立ち寄りました。

前回訪れたときは、生憎に天気だったんでリベンジです 笑
こちらのガーデンは、文化出版局「ハーブの薬箱」 にもご紹介させていただいておりますが、
中医学で使われるハーブと、欧米のハーブ医学で使われるハーブが両方楽しめる
貴重なハーブガーデンがありまして、それぞれのハーブの配置の仕方も、とってもとっても
考慮されていまして〜〜 すばらしいの一言なんです!
観光で訪れず場合、ちょっと遠いのが難点、でも実はコッツウォルズやバース地方に行かれる時に
もうちょっと足を伸ばす事で行ける場所にあるので。。。ぜひぜひ皆様訪れてみてくださいね。

下の写真は「中医ハーブガーデン」の入り口
e0046112_19322154.jpg
シベリアンジンセン

e0046112_19320831.jpg
欧米ハーブも、へ〜〜こんな種類迄ってという種類も見つける事ができて楽しいです。
夏といったらエキナセアの花の季節。
これはパリダ。
e0046112_19315205.jpg
日本だったらとっくに満開してしまっていますが
こちらは「チェストツリー」
私も育てたいのですが、我が家の日照条件だと厳しいかな〜〜
e0046112_19314152.jpg
ここでもまたまたお茶タイム♪ 至福の時を過ごし、ロンドンに戻りました〜〜
今年は例年と比べ、ガーデン散策があまりできなかったのでとっても残念。。
来年はもう少し事前に計画をたてて、今年の分まで沢山楽しみたいと思います。



.......................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年8月以降のイギリス&日本での講座などの情報は →こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」 


[PR]
by PHYTOUK | 2014-08-17 20:04 | ガーデン

ハーブブレンドを楽しむ

e0046112_05544980.jpg
色々調べものが(やらねばならないのに、気分がのらずのいつものパターン)重なって、「何だか気分をリフレッシュしたいなあ」と思い立ち、「ハーブブレンドを楽しむ」と、そのまま題名の通りの事をして、つかの間(30分以上楽しんだかな?)のリフレッシュという名の、一人遊びを楽しみました(笑)。

冬に行う、日本の講座でも(詳細は→こちらから)ご紹介しますが、
「ハーブブレンドって難しい」と、思われがちなのですが、
頭で考えず〜、気楽に、気分と感で楽しむ事ができるものなのですよ〜〜
(もちろん処方といった場合は、しっかりと腰を据えて考えますが)

私の場合、まずは「シンプル」を最初に追求します。

で、今回はお庭をぐる〜〜りと歩いて、
色と形でピンと来たハーブをまずは採取

①カモミール(本当はジャーマンの方が好きですが、今咲いているのは、ローマンなので、ローマンカモミールを)
と スカルキャップ

気分を変えたい自分にぴったりかも 笑
甘い香りと少しの苦味で消化を助けながら、そして疲れた脳(そんなに使っていないのに)を和らげてくれます。
そういえば今朝は朝ご飯が喉に通らなかったんですよね〜〜 苦味を欲しがっている自分を発見!


e0046112_06075674.jpg

② 次に気になるハーブをまたまた採集。①に、淡い優しいピンクの花をつけるマーシュマロウの花と葉を追加。
少し胃が疲れているのかな? ピンクの色が目についてしまいました。



e0046112_06132563.jpg

③ここまで採集した時に、なんだかすご〜〜く誰かに優しくされたいような、寂しいような気分になってきたので
(ええ、分かっています。調べものは私がやるしかない仕事 笑)気分を明るくするぞー
と言う「目的を」もって庭を旋回。

で、セントジョーンズワートとヴァーベインをピック。カモミールは要らない気分なので、
セントジョーンズワートとヴァーベイン、そしてスカルキャップのブレンドで「不安寂しい気分解消&気分アップブレンド」の出来上がり。
e0046112_06154662.jpg

④で、今度は「すっきりした味を楽しみたいな〜」と言う事で
再度散策。 シンプルに、ローズマリーとスペアミント。あ、これも気分アップと消化に役立ってくれるわ〜
やっぱり胃腸が疲れているのね 笑。
e0046112_06194800.jpg

⑤今の自分には必要ないけれど、、気分が憂鬱だったり不安な朝を迎えている時には、これにセントジョーンズワート足したら「朝の快活ブレンド」の出来上がり♪
e0046112_06222377.jpg
⑥ う〜ん 胃が疲れていて、仕事(自分が溜め込んだ)をやる気分がのらない私に、少し味の変えたブレンドも作ってみよう〜 という事で最後にピックしたのは、レモンヴァーベナ、レモンバーム、ローマンカモミール、スペアミント。

e0046112_06245674.jpg
楽しかったです。笑

今回選んだハーブは10種類も無いですが、これだけでも十分様々なブレンドを楽しみ事ができますよ〜〜
どれも植木鉢でも育つハーブばかりです(マーシュマロウはやや大きめの鉢が必要ですが)
ぜひ皆さんも、フレッシュハーブを育てて、ブレンドハーブを楽しんでくださいね♪




.......................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年7月以降のイギリス&日本での講座などの情報は →こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」 



[PR]
by PHYTOUK | 2014-07-30 06:31 | HERB

イギリスガーデン巡り2014 ③

e0046112_03204326.jpg
ガーデンと言えば、毎年かかせないのが
Sissinghurst castle garden でございます。

毎回どの季節に訪れて飽きずに楽しめますが、
その中でも6月中旬〜後半のガーデンは、
私の中では一番お気に入りの季節となります。















この日も晴天!日光浴の準備もばっちりしてのお出かけです。

このガーデンは最寄りの駅からちょっと距離があるので
車が無いと不便なので、、、旅行者の方は最寄りの駅からタクシーをご利用されると
良いかと思います。

なんといっても、ここのガーデンの一番人気は
ホワイトガーデン♪
e0046112_03261424.jpg
この日も開園から大勢の方々で賑わっていました。
毎回の事ながら、今回もドイツ人の観光客が多かったです〜〜

e0046112_03242627.jpg
下から青空をぱちり

e0046112_03271389.jpg
白色のボリジ 可憐ですねえ。
e0046112_03245743.jpg
e0046112_03244114.jpg
ホワイトガーデン以外も素晴らしい色合いのガーデンを楽しむ事ができます。
e0046112_03260486.jpg
草原エリアのお散歩も気持ちがよいですよ〜
e0046112_03255448.jpg
小ぶりですが、ハーブガーデンもあります♪

e0046112_03263820.jpg
........................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年7月以降のイギリス&日本での講座などの情報は →こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」 

[PR]
by PHYTOUK | 2014-07-20 19:17 | ガーデン

イギリスガーデン巡り2014 ②

e0046112_02351784.jpg
今回は毎度お馴染みのChelsea Physic Gardenです。
毎年、春から夏はほぼ毎週の様に訪れる私ですが、今年はまったくそんな時間が取れず。。。
6月に訪れたのが今年初となってしまいました。

いや〜〜 びっくりです。
この数年、ガーデンのデザインを大幅に変えていらっしゃいましたが
今年の薬草ガーデンは今迄の中でも最高の出来なのでは??

e0046112_02314384.jpg
まだまだ植え替え途中のもありますので、植物も小さかったりしていますが
これが成長したら、きっと素晴らしい見栄えになると思います。

テーマ別のガーデンは見易くなった気がしますし、説明の看板などもおしゃれになっていますよ〜
e0046112_02321208.jpg
薬草園となっておりますので、なんだか地味?と 思っていらっしゃる方いらっしゃいませんか?
いえいえ。。薬草でも素敵な色合いの花をつける種類も多いんですよ〜〜
↓はイーブニングプリムローズ

e0046112_02322661.jpg
そして、こちらは ↓
Viper's Bugloss 最近はあまり一般的には使われなくなってしまいましたが
ミツバチが大好きな植物として、ガーデンの花を添えてくれます。(私のガーデンにも去年あったのですが
残念ながらサバイバルできなかったようです 涙)
e0046112_02343023.jpg
動物達にとっても、都会のオアシスとして愛されているこのガーデンでは、沢山の鳥にも
会う事ができます。

e0046112_02350574.jpg
素敵なデザインですが、、、1点悲しいのが、果実のつまみ食いがしにくくなってしまった 
事でしょーか 笑

ロンドンの中心部のこのガーデン
ぜひぜひ皆様も午後のひと時に、お散歩にご利用くださいませ。

.........................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年6月以降のイギリス&日本での講座などの情報は →こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局 「ハーブの薬箱」 

[PR]
by PHYTOUK | 2014-07-08 19:32 | ガーデン


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

お気に入りブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(179)
(129)
(78)
(76)
(46)
(25)
(23)
(20)
(18)
(13)
(8)
(7)
(3)
(2)

最新の記事

ハーブや精油の学び、講座について
at 2017-02-09 22:06
4月17日(炭酸コラボ/東京..
at 2017-02-05 21:21
コンビネーションセラピーについて
at 2017-01-19 21:14
Merry Christmas
at 2016-12-24 18:04
2017年 4月の講座のお知..
at 2016-12-17 15:30

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧