<   2017年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

天然原料をしっかり理解して使いこなそう。

*2017年10月開催の講座のご案内は →link をご参照くださいませ。


一足先にHerbal Healing FBのページでも
アップさせていただいたのですが、


10月に日本で行う講座に向けコツコツと準備をしている中、
ちょっと気になったことをブログにもまとめてみますね。

<注意> 長文です! 爆笑

時間があるときにでもよかったら読んでやってくださいね♬

.............................................................

ハーブなどの天然材料を使ったナチュラルコスメは、
近年ますます人気が出ております。

「手作り」
をする際に良く使われる基材、植物、ハーブからの天然材料を、
皆さんうまく使いこなせていますか?

これら天然材料からの有効成分は

・水に溶けやすい成分(親水性)
・脂溶性 油脂に溶けやすい成分(親油性)

とに大きくわけることができますが、


水に溶けやすいからといっても、その温度やpHなどの影響もありますし、
もちろん抽出時間なども抽出力に影響しますよね。

溶媒(溶剤)は水の他に
エタノール メタノール アセトン などの有機溶媒なども挙げられますが、

どの溶媒を使うかによって
どんな抽出法を使う方によって

ハーブなどの天然材料のどの成分が抽出されるか
変わってきます。


ハーブの飲用の世界では
溶媒としては主に、水、飲用エタノール+水の混合液、グリセリン
を使いますね。

外用ですと、上記プラス ハーブ浸出油を作る際に、植物油も溶媒として使われます。


飲用エタノール+水の混合液はざっくりと(端折って)書きますと
親水性成分/疎水性/難容性の成分も抽出する時の溶媒として
チンキ剤を作るときに使われますが、
どの有効成分を抽出したいかによって、使う際にアルコール濃度を変えます。


抽出力がきっと高いだろうから原液やアルコール度数が高い方がいいんじゃないの?
と思いがちですが、
成分によって実は、、異なるのです。

例:Balansard G, Chausse D, らが1983に発表したブラックホー(Viburnum prunifolium)
の鎮痙作用の効果は30%濃度のエタノール溶液の方が60%濃度のものより、5倍も高かったとされています。
スイスではちょっと昔の話ですが、
1961年Munzel Kらのカモミールジャーマンの抽出において、55%濃度のエタノール抽出で
十分と言える精油成分が抽出できたと発表されています。

ここら辺のお話は、私のチンキ剤の講座の中では
いつもお伝えしている事なので、目新しい事じゃないですよね。


.............................................................

でここからが今回の本題。 (長くなるわよ〜 笑)

今回の10月の一部の講座にて、
飲用じゃなくって、外用へのハーブなど天然材料やそこから抽出された
製剤を使ったアプローチをご紹介すると言う内容の講座を予定しておりまして
それに関しての準備を色々ろし始めております。
★10月25日(東京)10月26日(宮崎) 10月31日(東京)11月1日(名古屋)
の講座の準備です♬ 詳細はリンク ↓↓ をご参照くださいね〜



親水性
親油性
の成分/製剤を家庭で使う際の

使いやすいな形とか注意点を
製剤と一緒にご紹介したいな〜ってこと
普段私が使わない製剤も取り寄せてみようと
試みたわけです。

実は、日本では人気の基剤や材料等もイギリスやヨーローッパでは
「手作り材料サイトでは見かけない」という、品も多かったりします。

防腐剤や乳化剤なんかもね
国によって規制が異なるので当然ですがラインアップも変わります。

ここら辺は 高橋弘美さんのブログサイトの記事や
「コスメを読む」の講座などすごく参考になりますよ〜

で、今回は私がこちらでは使ったことがない
製品類をごっそりサンプル程度の量で取り寄せてみました。

購入前に、それぞれのHPサイトの
商品解説を念入りチェックしたんだけど

あれあれ??  てことが結構ありました。

確かに原材料のハーブには
入っているであろう成分が、
抽出剤にも全て入っているように読めちゃうような
書き方だったりとか。。。

「抽出力が高い溶剤です」って書かれちゃうと

ハーブそのものが持つ有効成分が与えてくれる形と同じような
効能を期待しちゃうよね〜〜

あとね。。可能な限り「分析表等がすぐに手に入る」
会社から材料を購入したいわあ〜〜
伝統的な使い方の製剤の場合あえて成分分析していない場合も多いけどね。
目新しい材料はしっかりと何が抽出されているかを
知りたいです。

だって私は抽出のプロでもないし、
有機化学等の化学者でもないし
ラボともコネクションがないから
買った材料の有効成分を自分では調べられないもの!

あと、
手作りコスメなんかを作る際に私もうっかりはまってしまいそうになる
落とし穴なんだけど

「このハーブは美肌効果ありますよ」とかの情報を耳にした時は

まずは落ち着いて。。。以下のポイントを今一度、考えてほしいなあ

・どの有効成分がどんな効果をもたらせてくれるのか?

・その成分をどの溶媒でうまく抽出できるか

抽出した有効成分の酸化などの劣化に関してのどうサポートできるか?

・どんな形で使ったら使いやすい?

・有効成分は真皮まで働き変えてくれる成分??
 それとも表皮ケアくらいに使った方が良い感じ?


などなど。。。

ここまではやっぱり理解して使わないとね!
せっかく材料を購入するわけだから。


化粧品会社=肌/有効成分抽出&肌浸透研究の専門家が作る
コスメとの違いもしっかりわかった上で

楽しく失敗のないように作っていきたいですよね。

aromatopia141号でも手作りコスメの特集されていますよ〜
よかったらご参考くださいね。

e0046112_20455686.jpg

精油も一つの天然素材からの材料ともなりますが、
最近は二酸化炭素を用いた超臨界抽出法、CO2エクスラクトも以前よりも
うーんとお手軽な価格で見かけることが増えて、
うまく使いこなせば、治療にも美容にも本当に活躍してくれそうですよね。

.............................................................

気になる材料は沢山ありますが

それぞれの使い方、抽出法や、保存方そして
何が含まれているか、注意点などを十分に理解し上手く使いこなそう〜

基礎を抑えて応用にいかそう〜〜


と言う事で10月の下記の日程のお講座でも日本/イギリス/フランスで販売されている
色々な基剤をお持ちしながら
もう少し色々突っ込みつつ(笑)基礎〜自分で作るには??までの
お話をじっくりご紹介させていただきます。

★10月25日(東京)では 基礎の基材についてじっくりセオリーを

1)外用使いの薬草芳香植物
2)知っておきたいポイント/基本の手作りコスメ作成に欠かせない知識
3)容器について
4)抽出溶剤/ハーブの成分をどう使う?
5)薬草芳香植物を使う手作りコスメ作成レシピ(炭酸水入りレシピも)


★10月26日(宮崎) 10月31日(東京)11月1日(名古屋)では

基礎&セオリーも抑えつつ、
それぞれの溶媒や精油や芳香蒸留水、天然素材の抽出液を使いつつ
クリーム作りを実践致します♬

場所によって若干の内容の違いがあるので詳しくはトップにある10月講座のリンクを
ご参照くださいね。

長くなりましたが
読んでいただきありがとうございました🌿

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内



[PR]
by PHYTOUK | 2017-06-09 21:15 | 基材紹介


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(186)
(133)
(80)
(78)
(50)
(26)
(25)
(20)
(18)
(14)
(8)
(7)
(3)
(2)

最新の記事

天然原料をしっかり理解して使..
at 2017-06-09 21:15
香りを楽しむ/アロマロールオ..
at 2017-05-21 17:53
2017年10月開催:日本講..
at 2017-05-18 15:47
ハーブに埋もれながら 笑
at 2017-05-14 19:18
オーガニックハーブおわけしま..
at 2017-05-11 17:06

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧