<   2016年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ハーブの大師匠とのハーブトークの1日🌿

e0046112_05550828.jpg
久しぶりのオフの日、朝から珍しく青空が広がりました。
大好きな飛行機も青空に綺麗に映えて見れて、朝からバシャバシャ写真を撮っては楽しんでしまいました。

今日は、私のハーブの師匠ご夫婦のお宅でのランチにお招きをいただきました。
お互い忙しくって、お会いするのも本当に久々だったので、まずはお互いの近況状況からスタート。
そしてもちろん沢山ハーブのお話もしましたよ〜

師匠ご夫婦も私も、入学時期は10年以上異なりますが、同じハーブ医学校を卒業しております。
師匠の頃は「School of Phyotherpy」と呼ばれておりましたが、私の時代は
「College of Phytotherapy」 (フィトセラピーではなく、ファイトセラピーと発音いたします)
大学に組み込まれたコースになってしまってからは、ハーブ医学のコースも随分の趣向が変わったよね〜と
お会いすると必ずと言って良いほど、イギリスのハーブの行き先を心配しちゃう私達です(笑)

私も師匠にお会いするまでは、チンキ剤のちゃんとした作り方など。。。ハーブ基材の基礎の知識も曖昧でしたが
師匠に一からじっくりと丁寧にご指導いただきまして、なんとか「ハーバリスト」として必要な知識が身につきました。
今の学生さんはモジュールにハンズオンの「ハーブ製剤」の授業もないだろうからきっとこう言った知識を学ばずに卒業しちゃうんだろうね〜
エビデンスベースで、英国に伝わり使われ続けている伝統ハーブも学ばずに卒業しちゃうんだよね、なんだか寂しいねと、
時代の流れを感じつつ、それでも少しでも残っていくといいね〜とちょっとしんみりとなるお話から、

どのハーブがどれほど素晴らしい効果を示してくれたとか。。
その中には授業では学ばなかったハーブも沢山あるよね〜 と 笑
何十年経ってもまだまだ植物から学ぶことが本当に沢山あるよね!とワクワクしたり💫

今年は、○○の森には △△のハーブ見つからなかったね〜
去年は どこぞこのお庭ではこんなにすごい収穫があったみたいだよ〜 など、
ローカルハーブ情報交換などもしつつ 

クリニックで行っていた精油の飲用の思い出話や
東欧で伝統的に使われている精油入りの飲用&外用兼用レシピのお話から
e0046112_05594012.jpg
動物と🌿ハーブのトークも💗
昔の飼い猫が重い患っていた時、その猫がお庭で食べていたハーブがJohn Gerardの著に
紹介されていたハーブで、その時の猫の病気にぴったりだんだよね〜
と、16世紀のご活躍されていた先達John Gerard氏を改めて尊敬をしたり(笑)

もう一匹は皮膚アレルギー疾患が酷くなった際、やはりお庭にあったハーブのところに行って、
自分の体をハーブに擦り治していたとか。。。
どちらも現代のハーブ医学では使われていないんですが、
立派な薬草だよね〜
私達って動物からも沢山のことを学ぶよね!とか

師匠はご自分で植物からの染色もされるので、ハーブ染色のお話をお聞きしたりなど。
e0046112_05563674.jpg

ハーブな1日となった休日。
素晴らしいハーバリストの師匠夫婦から
それはもう素晴らしい知識を沢山さんご教授いただきました。

生きた知識、経験って本当にかけがえのない学びですが、
学校で学ぶ知識もとても大切と私は感じます。
今日もこの道30年の師匠達とお話していましたが
「今でも初診の際には、何か見逃していないか? 診断を間違えていないか?」と
緊張するよね。。。と。

自分の選んだ道
決して簡単な道ではなかったけれど
私はこのような素晴らしい先輩や仲間に出会い本当にラッキーだったなあと
改めてその恵まれた環境に感謝をしつつ帰途いたしました。

師匠夫婦は私の治療を受け持ってくださるハーバリストでもあります。
彼らにの助けによって、今働ける自分が居ると言っても過言ではないくらい、
自分の病状が一番酷い時に大きな助けとなりました。
またこの時のお話もいつかゆっくりご紹介いたしますね〜

素敵なハーブな1日に感謝をしつつ💓


2016年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-20 06:55 | HERB

精油が良いの?ハーブが良いの?

e0046112_21214621.jpg
早いもので2月も中旬。今日も朝からハーブチンキ処方から1日が始まりました。

年始年末ってご体調を崩される方も多く、ハーブ診療の方も新患さんが多かったのですが、
皆様ご調子の方が予想よりも早くご回復されている方が多くって私も一安心です♫
ハーブ診療以外のボディーワークでも「初めてのご予約」の方がなぜかこの数週間とっても多かったのもあってか?
新人の受付嬢より「患者さんにどのセラピーが良いと聞かれたらどのように勧めたら良い?」と聞かれることも数度ありました。

確かに「受付」の時点で「どのセラピー」をお勧めするかをお伝えするのは「受付係」の者にとって、
それも新人さんにとっては至難の技ですよね。

患者さまにとっては何よりも「少しでも早く良くなるセラピーを」との願いを持ってのご予約ですから
もし患者さまが迷っていらしゃっている場合や、各セラピーの違いが良く分からない場合は、事前にこちらからお電話やメールでご相談やご要望をお聞きしてからセッション内容を決めることが多いです。

以下は「一例」ですが…

🍀20年以上という慢性の疾患(病院での治療や処方有)をお持ちでお悩みの方が、呼吸器系の感染症へ対処と、冬の間の今後の感染予防のご相談でお越しいただいたケース🍀

ハーブも精油も初めてのご経験ということでしたが、マッサージは大好きとの事。
ご本人のご希望の中に「ぜひマッサージでリラックスできる時間も入れて欲しい」
という強いご要望がございました。

このように、病歴、症状だけでなくご本人のご希望もうまく取り入れる事が出来るよう
ハーバリスト、セラピストは患者さまとじっくりとお話をお聞きしながら、セッション内容を決めていきます。

こちらの患者さまの場合
ハーブも使いましたし、精油も利用いたしました。
急性の感染症の場合、私は精油を使う事(坐薬やカプセル剤も含め)も多いですが、
使用されている処方箋との兼ね合いで、今回は精油の飲用は無し、
皮膚から早く精油が浸透し易いブレンドをお作りし、精油は外用をメインのアプローチ。
5日間分のみお渡しして、最初の3日間は毎日どんな状況かメールなどで状況を確認させていただきつつ。
ハーブは「急性の感染症」のブレンドをまずお作りし、その後症状が落ち着いたところで「慢性の疾患へのアプローチ」に
切り替え。
初診の際には部分マッサージも取り入れさせていただきつつ、リフレクソロジーも少しだけ行わせていただきました。

このような様々なセラピーを行うケースもあれば

「チンキ剤一本」という場合もあります。

本当に、個々のご体調や体質、症状によって様々な形がございます。
表にはあまりご紹介してはおりませんが、フラワーエッセンスを使う場合もございます。
(もちろん全てのセラピーは英国で施術を行っても良いですよといった登録しているセラピー内容のみとなります。)

✨ハーブが一番良い場合もありますし、精油の方が良い場合もあれば、ホメオパシーの方、鍼灸の方が適しているケースもあります。
「個々の患者さまにとって適切なセラピーをご提供できる様にしっかりお話をお聞きする」✨

時間などの状況によっては難しい場合もありますが(旅行中や30分しかお時間がないなど)
セラピストとして患者さまにとって一番良い形をご提案できる様に今後も知識と経験をしっかりと磨いていきたいと思っております❗️


2016年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱





[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-16 21:26 | 自然療法

3月追加イベント&ワークショップ in LONDONのお知らせ

e0046112_22074827.jpg
Herbal Healing がお届けする楽しく学び使う、
ハーブ&アロマティックライフワークショップロンドン講座
3月の追加イベント&Workshop ご案内です。💕

…………………………………………………………………………


①「イギリスのアロマセラピー事情とセラピストとして活躍するには?」

<開催日時: 3月4日 13:30~15:00>

アロマセラピーの資格をイギリスで習得されるか?日本で習得されるか?迷われている方も多いかと思います。

イギリスにて15年近くセラピストとして現場の声を交えながらみなさまにそれぞれの利点や特徴などをご紹介させていただきます。

*英国でアロマセラピーを学ぶー コースや学校選びのノウハウ「初心者向けコースからセラピスト向けコースの各コースの違いなど」

*将来の仕事 セラピストとしては働くには? イギリスで?日本で?

<場所>最寄り駅:ロンドンパディントン駅/Lancaster Gate駅 徒歩約5分

    *お申込み頂いた方に後ほど詳細をお伝えいたします。

<会費>10ポンド

⭐︎こちらのWSはチャリティーイベントの一環として、一部の費用を除き、全ての収益を  

東日本大震災での被災地、陸前高田にて2011年より、アロマ、マッサージボランティア任意団体として活動を続けていらっしゃる震災無償アロマケア活動「COCORO」及び現地スタッフ「COCORO リアスチーム」に寄付させていただきたいと思います

岩手めんこいテレビ FNN NEWSリンク先

HP ➡︎ こちらから



…………………………………………………………………………

e0046112_22080142.jpg

②「初めてのアロマセラピーとハーブ 初めの一歩講座(ダイジェストスタイル版)」


<開催日時: 3月18日 10:30~13:00 こちらのお講座は3名様以上での催行となります


・アロマセラピーやハーブティーなどに興味あるけれどまだしっかり勉強は初めていないのですこーし学んでみたい。

・初めの一歩として、まずは楽しく使える知識を学びたい。

・本などを手に取り学んではいるけれど、不安がある。

と言った方々のお声にお応えできるように


アロマセラピーの基礎知識

ハーブ(HERBAL MEDICINE) の基礎知識をご紹介させていただきます。

通常の基礎講座をぎゅーっと要約し、特に最初の一歩の知識として学んでいただけたらという内容にまとめた講座です♫


● アロマセラピー

アロマセラピーとは?

精油(エッセンシャルオイル)の基礎的な知識と安全な使い方について

どこで買えるの?

果物、花部、葉部などから取られた代表的な精油をご紹介

お好きな香りをいつでも持ち歩けれるRoll onスティックを作ってみよう。(予定)


● ハーブ/HERBAL MEDICINE

ハーブって?アロマセラピーの違いって?

ハーブティー以外に使い方があるの?

どこで買えるの?

小さな子供にも使える?安全?

安全で使いやすいハーブって?

<場所>最寄り駅:ロンドンパディントン駅/Lancaster Gate駅 徒歩約5分

    *お申込み頂いた方に後ほど詳細をお伝えいたします。

<会費>35ポンド(テキスト&マッサージオイルお持ち帰り付き/参加費£32+制作費£3)


<お申込み>

リエコ迄、お気軽にお問い合わせくださいませ。

メール:info★herbalhealing-uk.co.uk(★を@マークに変更してご送信ください)

(3日以内にご返事が届かない場合は、迷惑メールに入ってしまっている恐れもございます。ご確認の上、再度ご連絡くださいませ)

携帯 07946 651742


⭐︎ハーブやアロマ初心者の方でも安心してご参加いただけます。

⭐︎ハーブ&アロマの基礎知識も学ばれたい方はお気楽にご相談くださいませ、別日もしくは同日などで基礎講座もアレンジさせていただいております。

⭐︎4名様以上のお申し込みの場合、出張授業も可能です。お気軽にご相談くださいませ。


★月に一度~2度のワークショップを行っております。3月の次は4月1日の予定です♫


ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせくださいませ。


<講師紹介>

リエコ・大島・バークレー

Rieko Oshima-Barclay

メディカルハーバリスト

アロマセラピスト&リフレクソロジスト

英国メディカルハーバリスト協会(N.I.M.H)会員

国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟(IFPA)会員

英国リフレクソロジスト協会(AoR) 会員

HP: http://herbalhealing-uk.co.uk ; ;


Blog: http://phytouk.exblog.jp


...........................................................................

*2016年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

→ こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-10 22:44 | イベント案内

マッサージ&リフレクソロジートリートメント チャリティーイベントのお知らせ🌟キャンセル待受付中


〜震災無償アロマケア活動「COCORO」支援の為の〜

マッサージ&リフレクソロジートリートメントチャリティーイベントのお知らせ🌟 


<日時> 3月9日 水曜日 11時半〜15時半 

ニールズヤードセラピールームコベントガーデン様のご協力のもと、震災被害地でのチャリティーグループ様への支援金サポートとして、マッサージ及び リフレクソロジーのご提供をさせていただきます。

一部の費用を除き、全ての収益を  

東日本大震災での被災地、陸前高田にて2011年より、アロマ、マッサージボランティア任意団体として活動を続けていらっしゃる震災無償アロマケア活動「COCORO」及び現地スタッフ「COCORO リアスチーム」に寄付させていただきたいと思います💕


🌟 3月4日にワークショップイベント追加となりました!こちらもロンドンで行われます。COCORO代表、安藤さんと2011年に行った支援のための

ワークショップを再度行います。ぜひこちらの」イベント詳細 ➡︎ リンク先 もご参考ください」




動画

岩手めんこいテレビ FNN NEWS

http://www.fnn-news.com/localtime/sp/iwate/detail.html?id=FNNL00031015

HP

http://aroma-jubilee.com/charity.cocoro

Blog:

http://cocoroaromacare.blog.fc2.com


通常、40〜60ポンドのところ、

マッサージ又はリフレクロソジー

A:25分 20ポンド

B:55分 35ポンド にてセラピーをご提供させていただきます。

施術の案内はこちらをご参照ください ⇨ http://www.herbalhealing-uk.co.uk/jp/treatment.html


<ご予約について> 



開始時間、施術時間のご希望(A or B) のご希望(第3希望までご連絡ください)

メール又はお電話/テキストメッセージにて

「リエコ迄」お気軽にお問い合わせくださいませ。

(予約状況:満席に伴い、キャンセル待ち受付中でございます)

E-mail : info★herbalhealing-uk.co.uk (★を@マークに変えてご送信ください)

携帯:07946 651742 (月〜金:10時〜20時)


<出張チャリティーセラピー&WSについて>

セラピールームでの活動は時間に限りがございますが

3月中は可能な限り、4名さま以上(2時間以上のご予約)のグループでのお申し込みに限りまして、ご自宅でお受けいただける出張チャリティセラピー&ワークショップなども受け付けております。


どうぞお気軽にお申し付けくださいませ。


皆さまからのお申し込みをお待ち申し上げます。



[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-05 19:40 | 大震災復旧イベント

ロンドン講座2月以降のご案内

e0046112_21332291.jpg
Herbal Healing がお届けする

楽しく学び使う、ハーブ&アロマティックライフワークショップ

LONDON でのワークショップのご案内です。


前回のワークショップの模様は→こちら をご参照くださいませ。


2月25日:ストレス対策の為のハーブティー&アロマのご紹介(受付終了)


3月4日(金)10:00~12:30:

<ハーブ&精油を使った、肌の痒み、トラブル肌対策 WORKSHOP> (残席1名様)


●皮膚疾患に役立つハーブの紹介&ハーブティーやチンキ剤での飲み方の紹介含む

●痒みや炎症などに役立つ「外用ハーブ」&「精油」のご紹介

●実習:痒み/炎症に役立つハーブから作る「浸出油」作りのご紹介+創傷治癒、炎症に役立つ精油をブレンドした外用剤レシピのご紹介(ジェルベースの外用剤お持ち帰り付き)

場所/最寄駅:パディントン/ランカスターゲート駅 徒歩5〜7分

*お申込み頂いた方に後ほど詳細をお伝えいたします。

レッスン代:£35 (材料費£8込み)


<お申込み>

メール: info★herbalhealing-uk.co.uk   リエコ迄

(★を@マークに変更してご送信ください/*携帯アドレスなどの場合、迷惑メールに入ってしまう事もございます。3日位内に返事が届かない場合はお手数ですが、再度ご連絡くださいませ) 

携帯:07946 651742迄お気軽にお問い合わせくださいませ



⭐︎ハーブやアロマ初心者の方でも安心してご参加いただけます。

⭐︎ハーブ&アロマの基礎知識も学ばれたい方はお気楽にご相談くださいませ、別日もしくは同日などで基礎講座もアレンジさせていただいております。

⭐︎4名様以上のお申し込みの場合、出張授業も可能です。お気軽にご相談くださいませ。


★月に一度〜2度のワークショップを行っております。3月の次は4月1日の予定です♫


お気軽にご参加くださいませ。


<講師紹介>

リエコ・大島・バークレー

Rieko Oshima-Barclay

メディカルハーバリスト

アロマセラピスト&リフレクソロジスト

英国メディカルハーバリスト協会(N.I.M.H)会員

国際プロフェッショナルアロマセラピスト連盟(IFPA)会員

英国リフレクソロジスト協会(AoR) 会員

HP: http://herbalhealing-uk.co.uk

Blog: http://phytouk.exblog.jp



...........................................................................

*2016年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

→ こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社「英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局「ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-02 22:00 | ワークショップ&教室:UK

ローズの香りが嬉しいクリームの出来上がり♫

一足お先にFBにてアップさせていただきましたが、

先日恒例となりました?

ロンドンパディントン駅から徒歩5分の素敵なB&Bのダイニングを

お借りして、「美容」をテーマに「乾燥対策&アンチエイジング バーム及びクリーム」を製作ワークショップを開催致しました。


今回は、イギリス、フランス、日本から

基材を調達して、植物オイル&バター、(本日使った植物オイル&CO2 エクストラクトは8〜9種だったかな?

植物バターも3種 /ご紹介は5種)


e0046112_21361423.jpg

そして美容に役立つその他の材料などをた〜っぷり使った、贅沢な美容スキンケア作りとなりました。

写真は使った基材の一部と、作ったクリームとなります。

ローズの精油もRose Otto& Rose absolute を使って素敵な香りのクリームとなりましたよ♫実は今回使った ローズの芳香蒸留水は飲用のグレードでした❤️


今回のクリームはpH5 の弱酸性タイプ+ 保湿成分もサポート..となりました。 いつか肌タイプに合わせてpH数値も変えながら色々皆様と製作して見たいです。


ぱーっと!ここまでの材料を一気に使えて私も本望です !! 植物基材の内、美容に役立つ種類って一度ボトルをあけてしまうと、劣化が早いので今日の様に必要な分を小ロットで購入して使い切っちゃうのが、私は結構好きだったりします。

湿度や温度、 気密度、雑菌除去などをコントロールできる保管室があれば

小ロットで購入しなくても、良いんですけどね〜 (苦笑)


手作りって雑菌や酸化の心配はもとより、精油も含め、基材を活かす為の工夫など、簡単そうでなかなか難しい事も多い世界です。

化粧品業界は日々こう言った研究を続けていらっしゃるんですよね〜

興味深い世界です。

この美容スキンケア作りワークショップは秋に日本でも行う予定です〜

楽しみにしていてくださいね(^^)💫

...........................................................................

*2016年1月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

→ こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社「英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局「ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-02 21:40 | ワークショップ&教室:UK

aromatopia 134号

東京からの嬉しい郵便物が!

aromatopia 134号が届きました〜


今回のaromatopiaの44頁から4ページにわたり、

世界中で臨床アロマセラピーを教えていらっしゃるRhiannon 女史により、フランスにて開催されている「アドバンス クリニカルアロマセラピーコース」の模様のレポートを書かせていただきました。

Rhiannon女史のセミナーなコースに行き始めて、10年以上??立っている私ですが、毎回毎回貴重な知識と経験を学ばさせていただいております。

偶然にもRhiannon女史のオーストラリアでのアロマ癌ケア情報の発表の模様が、同じ号の81ページ オーストラリア在住のセラピスト古川様のAromatica2015 の記事のなかにご紹介されていました。この学会もすご〜〜〜く 行きたかったのですよね。。


aromatopiaさまでの執筆のお仕事をさせていただく様になってから

おそらく10数年(笑)の歳月が過ぎようとしておりますが、毎回ほ〜〜んとうに国際色豊かで、濃い内容満載ですよね!今号も世界の最新の情報がギュ〜〜っと集まった内容でございました。


素晴らしい面々の執筆者さまの中に、こっそり紛れ込んだ私でありますが。。

皆さま機会があれば是非お手にとって見てくださいませ053.gif


Rhiannon女史は2年に一度、アロマセラピーや植物療法に関わる研究者や臨床にかかわる世界中の方々が発表される国際学会「botanica」の主宰者でもあります。(今年は9月にブライトン近郊にて「botanica」http://botanica2016.com

が開催されます。こちらの日程に合わせて、ロンドンツアーを企画しておりますので

ご興味有る方はお気軽にご一報くださいませ♪(ご案内頁:http://phytouk.exblog.jp/24099411/)



...........................................................................

*2016年1月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

→ こちらから 

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社「英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局「ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-01 17:36

2016年2月以降の講座&イベントのご案内


e0046112_22350275.jpg

メールマガジンのご購読のお申込みはHPトップ頁下から行う事ができます

■日本でのセッション:ハーブカウンセリング&マッサージ等のセッション詳細などをメルマガにてお知らせしております

■公式FBアドレスとなります。こちらも良かったら遊びにきてくださいね。


■WORKSHOPS


★2016年 4月の日本での講座スケジュール

...................................................


2016年 4月14日〜 20日


●4月14日 岡山(木) 14:00-19:30 


岡山 倉敷 でご活躍されていらっしゃり、英国 オーラソーマティーチャー

でいらっしゃるフルリール(佳織様)様の元で

『英国流ハーブセミナー』を開催させていただきます。


☆講座の詳細お申し込みは → フルリール様 のブログをご参照ください。


●4月15日 大阪(金)10:00-16:30

「メディシナルハーブをより一層楽しむステップアップ講座 in Osaka」

こちらのお講座はキャンセル待ちお受付中となっております。

詳細&お問い合わせは、花織り屋(kaoriya)の坂下さま(いつもお世話になっております!)

→こちらまでお願い申し上げます。



●4月16日 東京(土)

基礎講座+実習予定です。(JAPAS協会様主催/詳細は後日アップさせていただきますね。)


●4月17日 宮崎(日) 10:00-15:30?(16:00)

とっても笑顔の素敵な ボタニカル研究家 Pluis 廣渡 美穂 様のもとでの

お講座です♪ 今回は「トロピカルファーム」様で行わせていただけるとの事。

私自身もとっても楽しみにしております。
*詳細お問い合わせ&お申し込みはPluisさまのブログ→こちらをご参照くださいませ♪



●4月20日 東京(水)10:45-17:45


「メディシナルハーブをより一層楽しむステップアップ講座 in 東京」

ハーブのメディカルな効能や利用法から実際の活用法を学びます。

2015年10月に同会場にて行った講座の追加講座となります。


*詳細問合せ&お申込みは →こちらをご参照くださいませ。


...........................................................


只今2016年秋の講座の日程を各会場とご相談中です。

10月、または11月の予定中です。出張講座など、ご興味ある方はリエコまでお気楽にご連絡くださいませ。


..........................................................

★イギリス


8月28日〜9月3日:アロマ、ハーブ、ホメオパシーの宝庫ロンドンツアー開催!

*詳細は→こちらをご参照くださいませ。


●イギリス国内でのワークショップ相変わらずの〜んびり開催中です♪

初級&上級講座詳細頁「こちら」もご参照くださいませ。


<2月>

2月25日 ストレス対策&リラックスの為のハーブとアロマ(受付終了)

<3月>

3月4日 ハーブ&精油を使った、肌の痒み、トラブル肌対策 WORKSHOP

(お申し込み受付中)詳細は →こちらから


基礎講座やその他のご希望のアレンジ講座などは

平日午前~午後&土曜日午後~夕方限定で受け付けております。


★お問い合わせは

info★herbalhealing-uk.co.uk迄、(★を@マークに変更してご送信ください)

...........................................................

その他の講座

メルマガにて随時お知らせ中です。

ご購読のお申込みはHPトップ頁下から行う事ができます。

...........................................................


★日本でのハーブ&アロマ等の商品開発等のお問い合わせは

info★herbalhealing-uk.co.uk迄、(★を@マークに変更してご送信ください)



..............................................................

*日本でのセラピー&ワークショップの講座開講のお申し込みについて

日本での新規の講座(グループでの)の開講可能日は

2016年4月以降となります。ご希望の方は  

info★herbalhealing-uk.co.uk (★を@に変えてお送りください)迄、

お気軽にお問い合わせください

..........................................................


その他:

■説話社より「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍が発売中。

■文化出版局より 「ハーブの薬箱」発売中


....................................................................



[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-01 09:17 | ワークショップ&教室:日本

アロマ、ハーブ、ホメオパシーの宝庫ロンドンツアーのお知らせです!

アロマ、ハーブ、ホメオパシーの宝庫ロンドンツアー


アロマセラピーとハーブの祭典ボタニカ2016



ロンドン在住のメディカルハーバリスト、リエコ・大島・バークレーとシカゴ在住の臨床アロマセラピスト、ルッツ・小平悦子と一緒に、アロマ、ハーブ、ホメオパシーの宝庫ロンドンでショップ、ガーデン、補完療法を実践する病院などを訪れ、世界中(イギリス、フランス、ドイツ、アイスランド、アイルランド、オーストラリア、日本、オランダ、南アフリカ、クロアチアなど)のハーブ、臨床アロマの専門家が講演を行うボタニカ2016(初日)http://botanica2016.com/ に参加するまたとないチャンスです、是非ご参加ください!(前回のbotanica2014の記事こちらhttp://phytouk.exblog.jp/22402091/

もご参照くださいませ)


日程: 2016年8月28日(日)~9月3日(金)


参加費: 770ポンド(ツインルーム)、870ポンド(シングルルーム)、

455ポンド(宿泊無し)



参加費に含まれるのはロンドン滞在中の交通費、宿泊費、日本語通訳、全てのツアー、見学にかかる費用。参加費に研修費用に含まれないものはロンドン・ヒースロー空港までの航空券、オプションツアー、ボタニカ2016参加費、食費、海外保険(必須)、ゲストハウスから個人的に使用した電話代やその他のサービスにかかる費用など。


宿泊先は日本語対応が出来て、ロンドンに住んでいるような感覚で滞在していただけるゲンダイ・ゲストハウスで予約してあります。http://www.gendai-guesthouse.co.uk/


✢申込み締切日:2016年4月30日までに参加費の支払いをしていただいて正式な申し込みとなりますのでご了承ください。ご希望の方には詳細申込用紙をお送りいたしますので、下記までご連絡ください。


☞お申込みやツアーに関するお問い合わせ先:

リエコ・大島・バークレー Email: info@herbalhealing-uk.co.uk

ルッツ・小平悦子  Email: etsukokobira@gmail.com  


……………………………………………………………………………


旅程

8月28日(日)1日目 

ロンドン到着・オリエンテーション


8月29日(月)2日目 

ロンドン市内の薬草園を見学。チェルシー・フィジックガーデンにて散策&ランチをお楽しみいただきます。またその後自然療法商品が豊富に揃うケンジントンのWholefoodsを訪問。


8月30日(火)3日目 

コベントガーデンになるニールズヤード本店、ホメオパシー専門店のHeliosを訪問。ワールドカフェでベジタリアンランチをいただき、午後はロンドン市内にあるハーブの専門店Ainsworth、 John& bell Croydon、 Nelsons Pharmacy、Nutricentreを訪問。


8月31日(水)4日目

自由行動 オプション:ユーロスターにてパリ日帰りハーブ・アロマショップ散策


9月1日(木)5日目

午前中はロンドン市内にある補完療法を提供している病院を訪問見学し、午後はロンドン市内のホテルでアフタヌーンティーを楽しみながらイギリスのハーブやアロマ、アメリカの補完医療事情などについての講話を行います。


9月2日(金)6日目

午前中は自由行動。午後からイギリス南部、ブライトンに電車で向かいボタニカ2016の展示会場で様々なエッセンシャルオイル、ハーブ、自然療法を体験・ご購入いただけます。


9月3日(土)7日目

ツアー解散  希望者は9月5日(月)まで開催されるボタニカに参加可能 

.......................................................................................

e0046112_04261840.jpg


皆様とご一緒できる機会を楽しみにしております♫


[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-01 04:27 | イギリス関連


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(185)
(133)
(80)
(78)
(50)
(25)
(25)
(20)
(18)
(13)
(8)
(7)
(3)
(2)

最新の記事

香りを楽しむ/アロマロールオ..
at 2017-05-21 17:53
2017年10月開催:日本講..
at 2017-05-18 15:47
ハーブに埋もれながら 笑
at 2017-05-14 19:18
オーガニックハーブおわけしま..
at 2017-05-11 17:06
Plant Sprits &..
at 2017-05-08 00:45

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧