<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

素敵な休暇をお過ごしください♪

e0046112_19062637.jpg
イギリスでは、日本の年末お休みよりも一足早く、クリスマス休暇に入ります。

この数日はクリスマス前に体調を整えておきたいというクライアント&患者さんも多く、

そして常連のお客様も多く、連日セラピールームも賑わっております。

今年も沢山の患者さまクライアント様にお会いできお仕事をさせていただけた事に心から感謝申し上げます。


また皆様には今年もブログに遊びに来てくださりありがとうござした。

そして多くの方に日本、イギリスそして海外にて講座、カンファレンス、仕事を通しお会いでき、素晴らしいお時間とかけがえの無い知識と経験をシェアする事ができとても幸せでした。


今年は「ゆっくり」をテーマに本当にいいのか?と自分でも怖くなるくらい

ゆっくりさせていただきましたが(笑)、

来年は色々事にチャレンジしたいと願っております。


クリスマスから来年1月は休暇も入り、少し不定期な日程での勤務時間となっております。

以下ご参照くださいませ。


★年末年始は12月24日より1月4日までお休みさせていただきます。


★1月勤務日/時間は以下の通りです。

各セラピールーム&セラピーの詳細はHPをご参照くださいませ。


●Neal’s Yard Remedies Therapy Rooms. Covent Garden:

 1月6日&20日(13:30-15:30 & 16:30-19:30) 27日(12:30-15:30 & 16:00-19:00)


●The Greenwich Natural Health Centre: 1月7日&1月9日(通常通り)

1月10日(日曜日:11:00-15:00) 1月21日、23日&28日(通常通り)

1月30日(9:00-18:30)


●The Sunflower Centre: 1月5日、11日、25日&26日(通常通り)


楽しいクリスマスそして良い新年をお迎えくださいませ。

Herbal Healing RIEKO OSHIMA-BARCLAY


...........................................................................


*2015年12月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

 こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局「ハーブの薬箱






[PR]
by PHYTOUK | 2015-12-23 09:12 | 独り言

イギリス式? フランス式?? どこの会社の精油を選ぶ?

今回はちょっとめずらしく真面目なトピックを

以下 👇  かなり長文ですので

電車の待ち時間、ロースト焼いてる間など

お暇な時にどうぞご覧くださいませ 笑。



11月、12月と連続にて、仕事で使うハーブやその他の基剤を購入がてらパリに行ってまいりました。

11月には毎年パリで行われる最大規模のオーガニック物産市に行きますが、

12月のオーガニックサロンは今回初めて。。。

今回はロンドンでのお教室の生徒様もご一緒の

旅でありました🎵


e0046112_22040801.jpg


NOËL en BIO ってなっていたので、ちょっと期待しておりましたが、

まったくクリスマスな感じはなく、ふつ〜〜〜 通常の小ぶりの物産市でした、

残念〜〜。それでも少しだけ精油&芳香蒸留水をゲット。


e0046112_22035958.jpg


多分、セラピーや処方には使わないと思いますが、あまりお見かけしない

ハーブの香りの精油はどうしても手が伸びでしまいます。

こちらのオーナーさんはタイム種とラベンダー種に非常にご興味が深い様で 笑

色々面白い種の精油や芳香蒸留水も置いてありましたよ〜


特産市といっていいのか物産展といってよいのか?

こういったイベントにはご自身で蒸留所を営む精油会社さんが

いつも何件かいらっしゃいます。


ラベルなんかもいかにも「手作り感」満載です 笑


毎年&毎回こういった市にいらっしゃる会社もあれば

今年のみ。。。といった会社もあるので

特に「この会社の品物は!」と興味をもったら

その時に買っておいた方がベターです。

こういった市にお出での(特に一回きりの参加などの)会社

主にオンラインやメールオーダーでの販売を主とされていらっしゃるのもありますが、

家族経営のすご〜〜〜〜〜く小さな会社も多いので、

オンラインでのお買い物もまだまだ受付準備を

されていない会社も多いので、フランス国外に

住む方にとってはちょっと不便となりますよね〜


先月に続き、今回も会場にて

パリでアロマトローグとして

初級者向けから上級者向けのアロマのお教室を

開催されていらっしゃる、

Tomomiさん✨に お会い致しました。

お可愛らしいですよね〜〜



e0046112_22043262.jpg

私が会場にて、いつものごとくウロウロとオーガニックワインやチーズを

試飲&試食している間(これも今回イマイチで残念〜)、Tomomi さんはしっかり本をチェックされたりお勉強されていて、不真面目な自分に

大反省、、、



と、話を戻しますが、




所謂、世間で言うところの、イギリス式 フランス式 アロマセラピーって

確かにあると言えばあるんですが、


結構日本ではその情報が

色々誤って伝えられていることが多いようです

💦 もー いつの時代の情報をお伝えされているのやら〜 というお教室が多いのかしら?


イギリス&フランスのアロマやハーブの現状

についてのお話や、現在と20-30年くらい前の

業界の変化など、、

色々なお話を致しましたよ〜


ほーんとうに学ぶ機関、教師陣によって(通学コースもあれば

通信コースも多いですし)

学ぶ内容も、そのレベルも大きく異なりますよね!

フランスでハーブや精油を学んだ知人、教授陣、専門職の方々に

この20年間、コースや研修、学会などを通じてお会いして参りましたが、

フランスのアロマはこうだ! と言うよりは、

フランスのこのスクールでのこの教授のやり方は◯◯といった形や傾向である、 といった様にご理解頂くのが一番しっくりくるのでは? と感じております。

内服の処方にしても、個人個人の異なった(法的に処方を許された立場の方々の処方を例にとっても)

傾向ってありますよね。



私はひょんなことから、イギリスの精油会社(複数)の精油の検出(GC)検査を担当している機関で、

研修させていただいた時期もあった事から、

ハーブ医学のコース在学中にも、精油についての特別授業などがあれば、他校での授業も図々しくお邪魔して学ばせて頂いたのですが、うーん かれこれ 20年前と現在とでは、精油の研究も進んで、処方などの仕方も大きく異なっていますよね〜




イギリスのアロマラピーは

「マッサージ」が必ずといって資格の必須科目に入って参ります。

精油をクライアントに飲用処方は通常アロマセラピストさんは

できません。

また「治療」「治す」「効果がある」となどの宣伝行為は禁止されています。とまあ

色々な決まりもあれば、使う精油に関してもフランスで使われる様な良く精油でも

イギリスではあまり使われなかったり、まあお隣の国でも色々大きく異なってきます。

(ご興味がある方はご機会があればこちらのような

お講座に是非おいでくださいませ〜〜色々ご紹介させていただいております♪)


また、同じアロマの協会の資格が修得できる

コースといえど、学ぶ内容には決められたモジュールは

同等でも、やはり若干異なる部分(精油の化学が強い学校やマッサージが上手教師陣が居る学校など)がある訳で、

せっかく学ぶのならば、

しっかりリサーチして、自分に合ったコースを

なるべく受けたいですよね(^-^)


私自身は、今とってもフランスの

通信での植物療法のコースを受けたいのですが

フランス語の壁 高し 😅〜〜〜


e0046112_22034276.jpg



少し話題から逸れますが、アロマの話題のついでに

もう一つ。


私が多くの生徒さまに質問されることが多いのが


「どこの会社の精油&ハーブを推奨されますか?」


と言うご質問。



私は

「⭐︎自分が使う目的に応じて使い分けております」 とお伝えすることが多いです。


写真は ↓ 私が持っている精油のほんの一部ですが、アメリカ、イギリス、フランス、ベルギーなど

会社も大手から家族経営の小さな会社まで様々です。

e0046112_22044311.jpg


日本ではメディカルアロマセラピーというものにご興味を示される方々がとても多いようです。


ご自身が精油の蒸留、流通、検出の現場に

今まであまりご縁がない場合、何をとって

「良品」 と言えるのか、その判断基準は本当に難しいですよね!


● GC/MSの検出結果の分析一覧が付いている会社の製品は、

購入の際に成分チェックができて便利ですが、


● 会社側が絶対の自信を持って

ロット毎に検出されているのであれば、品によっては絶対に必要になるモノではないでしょう。

(ただし宣伝文句には決して騙されないようにしなくてはいけません〜〜

これは実際にあった経験ですが「我が社は必ず ロット事にGC/MSの分析を専門機関に依頼して行っています」といいつつ

会社にはその分析表が実は届いていなかったり 苦笑 もある世界)


● ロット毎の検出結果を毎回親切に出して頂いても、毎回毎回かな〜〜り異なる成分に

成分チェックできているから買う時に購入するかどうかの判断をできやすいとしても

「できればもう少し成分のずれが無い品だといいなあ=品によっては毎回分析結果をチェックしないと心配で購入できない」と

うーん と 悩む事が起こり得ることもある訳で 苦笑 💦


● 分析表を読めてもブレンドする場合、その結果どうなるか??までチェックされるのかされないのか? 


● 所謂、メディカルアロマというところの

精油を処方されている薬局の精油などを購入する事も可能ですが、アロマ=香りに関しては

薬局の処方向けではない一般の精油会社の方が好みであったり、


● A社とB社の EとFの精油は実は同じ卸会社からの購入であったり(会社の評判にはかなり開きがあっても)



とまあ一長一短がそれぞれございますので

私の場合おのずと

自分が「今回はここの精油を」「この香りはここの会社の精油を」という形になっております。



ハーブの世界も同じく

オーガニックで素晴らしい質のドライハーブでも

薬局で扱う場合は、オーガニックよりは「雑菌の有無」の方が

大切になると思いますし、ハーブそのままの形の美しさよりも

「しっかり抽出できるカット」を求められるわけで 笑

チンキ剤も同じく。。。成分重視なのか?? エネルギーも重視したいか?


e0046112_08290139.jpg

こちらも必要に応じて何か良品と言えるか変わってきます。


何が正しく、何が間違っているかという答えを出すのが難しい世界ですよね。


それがこの自然療法の魅力であり、それぞれの違いを学ぶ事が

セラピストにとってとても大切になってくるのでは?と

感じております。



...........................................................................


*2015年12月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

 こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ

 「 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局「ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2015-12-16 08:41 | AROMA

冬のスキンケア&美容の為のアロマ&自然派クリーム&バーム作り ワークショップ in London

e0046112_06284031.jpg
冬のスキンケア&美容の為のアロマ&自然派クリーム&バーム作り ワークショップ


<開催日時> 2016年 1月29日(金)午前10時30分~13時

<場所>最寄り駅:ロンドンパディントン駅/Lancaster Gate駅 徒歩約5分

    *お申込み頂いた方に後ほど詳細をお伝えいたします。

<会費>45ポンド(テキスト&クリーム/バーム 2種のお持ち帰り付き/参加費£33+制作費£12)

<お申込み> info★herbalhealing-uk.co.uk (★を@マークに変更してご送信ください)リエコ迄 

携帯 07946 651742迄お気軽にお問い合わせくださいませ。


只今キャンセル待ち受付中です。


<ワークショップ内容>-----------------------------------------------------------


①スキンケア&美容に役立つ植物基剤

・精油、キャリアオイル、浸出油など他植物由来のスキンケアに役立つ基剤のご紹介。

基剤の紹介を交えながら、それぞれの特徴、効能、注意事項などを学んでいただけます。

・当日はU.K. EUのオーガニック認可商品も数多くお持ち致します。

・ご自分でもいつでも基剤をご購入いただけるように、フランス&イギリスの手作りコスメ専門店のご紹介もさせていただきます。


②手作りスキンケアクリーム&ビューティーバーム実習製作


・乾燥肌やアンチエイジングに定評のあるナチュラル基剤をたっぷり使った

お顔様クリーム 約60ml & 冬の乾燥対策に役立つビューティーバームを 約30ml 製作致します。

・手作り化粧品歴 20年のリエコによって手作り化粧品作りの失敗しないコツや

 気をつけたい衛生面などもご紹介。

・スッピン美人を目指し、肌に嬉しい 有能な植物基剤をたっぷり使ったクリーム&バーム作り♪


*ハーブやアロマを学ぶのは初めてといった方にも楽しんでいただける

講座内容となっております。


...........................................................................


★ ハーブ&アロマセラピー初級講座:「初めてのハーブ(メディカルハーブ)」 &『アロマセラピー」のお講座も常備開催中です。


講座の内容はこちらご案内頁 詳細は→ こちらから



お気軽にお声かけくださいませ。

皆様からのご応募をお待ち申し上げております。


...........................................................................


*2015年12月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

 こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ

 「 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2015-12-11 06:29 | ワークショップ&教室:UK

ガーデンセンターのクリスマスのデコレーション

e0046112_20101896.jpg

12月に入りクリスマスの雰囲気もぐーんとアップのイギリスです。

とはいいつつ、我が家は「クリスマス嫌い」な夫がいるので殆どクリスマスらしい

事を行わないのですが、私自身はクリスマスのデコレーションなどを見に行くのは昔から大好き♪

11月後半からクリスマス前のこの時期は

ご近所のガーデンセンターに設置されるクリスマスコーナーを

のんびり見ながら、冬のガーデンを彩ってくれる植木をチェックするのが恒例となっております。


白、シルバー、赤などそれぞれの好みに合わせてデコレーションコーナーも

工夫されています。


伝統的な飾りも素敵ですが、モダンなスタイルもいいですよね。

そんな中、やっぱり小動物のモチーフに目がいっちゃいます 笑

鳥ばかりのツリーも素敵♪


我が家のマスコット的な存在のリス

e0046112_20140864.jpg


この写真 ↑ のリスの置物を買おうかちょっと迷ってしまいました(笑)

かなり大きかったので結局却下。。。



こちらのガーデンセンターは

カフェコーナーもあれば、食材コーナーもあって

土日は子供、親子、家族3世代?? でなど

いつも賑わっております。

食材コーナーもクリスマスの食材でぎっしりでした♪

そしてこの数年はトナカイも出張(?)で登場します。


この時期にイギリスに遊びにいらっしゃる方は是非是非ガーデンセンターなども

覗いてみてくださいね! クリスマスの雰囲気満載でとっても素敵ですよ〜


...........................................................................


*2015年12月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

 こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 

文化出版局ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2015-12-01 20:19 | 独り言


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(182)
(129)
(78)
(78)
(48)
(25)
(24)
(20)
(18)
(13)
(8)
(7)
(3)
(2)

最新の記事

精油の成分を学んでみよう
at 2017-03-31 19:10
どこでチンキを購入?
at 2017-03-29 18:39
何処でハーブを購入??
at 2017-03-23 21:28
処方箋とハーブや精油の併用の..
at 2017-03-13 00:14
ハーブや精油の学び、講座について
at 2017-02-09 22:06

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧