カテゴリ:HERB( 93 )

所属協会/資格&イギリスでセラピストして働く「 ハーブ編」 1/2


先日に引き続き生徒様からのお問い合わせにて
改めて考える貴重な時間をいただきました。
(精油の効能、ブレンドについての記事はこちらから)


ハーブやアロマを使うにあたり
「資格は必要?」
と言うご質問です。

こちらのご質問は数ヶ月も前にいただいたのですが、うまく言葉を見つけることができませんでした。
その後、「イギリスのアロマセラピー事情とセラピストとして活躍するには?」詳細はこちらから
にも少し綴っておりますが、

自分の知識を高めたいと言う事であれば、「特に資格は必要ないのでは」と私自身は個人的に思います。

ただ、この知識を身につける時に、人によっては「資格コース」 の方が頭に入りやすいということもあるでしょう。 (その逆もありますが)

一言で「セラピストになれる資格」と言っても、
イギリスでも色々な資格があり、
そのレベルも様々です。

今回はハーブとアロマセラピーの資格に
限ったお話となります。

🌿ハーブの資格や所属団体

私が学んだ、、うん十年前と違い、
大学、専門学校で学ぶ3-4年のちゃんとしたコースとは別に、
インターネットの普及に伴い、色々なコースがある様
資格っぽいモノを出しているみたいです。
正直怪しい資格コースもありそうですよね〜
なので、資格といえども
⚫︎一体なんのどういった事を出来る資格か?
⚫︎クリニックでの診断&処方スキルを学ぶ時間は充分与えられたコースか?
⚫︎どういった団体/協会に認可されているのか?
⚫︎処方をしても大丈夫= プラクティショナーとしての
資格を取得できるコースなのか?

は最低でもチェックしておきたいですよね!

🌿ハーブ医学の協会そんなに多くありません。
一番会員数が多く歴史があるのは、英国ハーブ医学協会NIMH です。私もこちらに所属しております。
以前は他のハーブ医学の協会にも所属しておりました。

所属協会は基本ご自身でご自由に選ぶことが出来ますが、協会毎に入会規定の条件が異なりますので、
場合によっては規定に満たす為にエクストラのトレーニングやコースも受ける必要がある可能性もございますのでご確認下さいね!

🌿ハーブの資格コースは基本(最近ネット関連の中にはめちゃクチャ怪しいのもあるらしいけれど)

ハーブを処方できるスキルを磨く為のコースであります。

もちろん、週末コースや4回コースなど、自分や家族の為のハーブケアコースといったゆる〜い感じのコースも存在します。が、、こちらは資格授与は全く無しのコースです。

今では学士やDiploma などと言ったコース卒業証明書とともに、ハーブ医学療法士の資格も習得出来ますが、
(私の時代は全ての学科の試験に合格した後、メディカルハーバリストの資格を取得したい人は別途その為の試験を受けました)
30年くらい前は、Diplomaは元より学士のコースなんて無かった時代もあるんですよ〜
著名、大先輩のハーバリスト方はこの時代の方々が多いです。

🌿資格コースは必要か?

ハーブの知識や使い方に至っては正直資格コースに入らなくても、しっかりした先輩の元で修行、勉強すれば充分な知識がつくと思います。
出来れば知識が偏らない様に、数人の元で学ぶのをお勧めします。
私自身も、学科の単位を全て取った後は一年丸々学生クリニックで数人のハーバリストについて、ハーブの使い方を実践から学びました。

資格コースに入らないと習得が難しいのが、
医学の知識です。
診断学も含め、やはり実践からの学びは
かなり大きいですし、個人で学ぶののには限界があるかと感じます。(既に診断ができる立場の方は別ですが)

日本のハーブの資格コースは
セルフケアの為が主流らしいですので問題なさそうですが、
英国のハーブ医学の資格場合
まさに「処方=治療行為」 をする為の資格ですので、
ハーブの知識は元より、医学の知識がかなーーり重要な位置をしめています。

私の通った学校は当時3-4年のコースでしたが、診断学、医学知識を既にお持ちの
オステオパス医師免許がある方々などで、メディカルハーバリストを目指す方は、
通常コースの半分以下の一年という特別コースがありました。
そのくらいハーブのコースは医学関連の知識を学ぶ時間が長いんデスよね〜

なので、うーん
これは私個人の意見ですが、こういった事から
治療家としてのメディカルハーバリストを目指す場合、
資格コースで学ばれた方が学びやすいのでは?と感じます。
(まあ大学のコースになってからは不必要じゃない??システム上みたいな課題の時間なんかも
あるわけでしょうが、こういったのは仕方がないですよね〜)


メディカルハーバリスト(治療家)としてイギリスで働くには
「資格」は必須に近いものがあります。
もちろん中には資格をお持ちで無い方もいらっしゃると思います。
そういった方はセラピスト保険などには
加入出来ませんし、協会などにも入っていないでしょう。
資格を持っている方でも協会に入っていない方もいらっしゃいます。

資格を持つ持たないのは全くもって個人の自由ですが、
例えハーブショップなどで咳によいというハーブを数種選んで(売子さんの意志で選んだ場合)
ブレンド差し上げるという行為さえも「処方した」とみなされてしまう事もあるわけで、
(これは働く環境に大きく関与されるかと思います)
実際に「〇〇のお店で勧められたハーブを飲んだら体調が悪くなった」などの
クレームも起こる世の中なので、各お店もここら辺とっても慎重になるわけです、、、
お店によってはハッキリと「カウンターでは相談にはのれないので本などを見て自分で選んでね」
言われる事もしばしばです。

お店でハーブを所望される方の中には「重い病」などを患っていらっしゃる方も多く、
そういった方々がハーブをお求めになられる時に、「お売りしても良いのか?」の一瞬の適切の判断が
できたらお客様に取っても嬉しいですし、売る側にとっても安心ですよね。

実は私がイギリスでしっかりハーブを学ぼうと決心したのが
こういった日本で働いていたお店の中での経験からでした。

日本でハーブが売り始めた頃は、専門書もほとんどなく
注意や禁忌なども曖昧でしたし、
毎日のように「病院からの処方箋をご利用が必要な」お客様がハーブを
買い求めらえていらしゃったので、病気のことも話からないし、禁忌もわからないしで
不安で不安でたまりませんでした。

そんな中、ハーブ医学の資格コースに入りましたが、
「お腹が痛い、調子が悪い」といったご相談を受けて
お腹のハーブに良いハーブは?”〇〇があったかな?” とオススメするのではなく

どの様な痛みなのか?場所?頻度?要因?などをお聞きして
その方の体調や症状がどの様な状態なのかをしっかりとお聞きしてから
適切なハーブを選べる

というハーブをご利用されたい方に取ってお役に立てる知識と経験が
身につける事をできる、そんな資格コースを選ぶ私はとても良かったと思います。


確かに、日本では治療家として、またはセラピストとして
ハーブを処方する事が出来ないという事であれば、わざわざ英国に来て資格コースを
習得するのはとても高い授業料となります。
昔と違い、授業料もとんでもなく高くなっているとお聞きしますし、、
私が学んだ頃は、ハーブ医学を学べる学校が一校しかなかった
事もあって、日本人の生徒も同時期に数人いるなど、日本からの
留学生も割と見かける事もあったのですが。。。

今ではイギリス人さえも、授業料の値上げとともに
ハーブ医学を専攻する人が少なくなってきているかと感じます。
もともと「働き口が非常に少ない職業ともあり人気がないのはあるんですが〜💦」

もともとコースがある大学が少なかったのに
ここ数年でがっくりとまたコースがなくなりつつあり
「大学コースになったのは良いけどその未来が不安」という状態はしばらく続きそうです。


私はもともと「英国で治療家になる意志はゼロ」で、日本で働いていたハーブショップに戻り
「日本ではハーブのコンサルテーションや処方はできないけれど、
(今はできるのかな?すいませんここら辺の情報を持っておりません)
ハーブをお求めのお客様に安心となるハーブをお買い求めいただく為にコースを取った」のですが
もし、あのまま日本に帰っていたとしても、後悔なくとても満足して生活をしていたと思います。

現場の経験の知識は素晴らしいですし、私も実際「使えるハーブの知識は現場から」かなり学びましたし
(学校で学べた使えるハーブの知識は40%くらいかな?)資格コースに入らなくても、確かに十分な知識は学ぶことできるんですが、

「偏る」

恐れはありますし

「隠れた病」を見逃しながら
合わないハーブをオススメしてしまう
可能性も出てきやすいかも〜〜


家族や親しい友人にハーブを選んであげる
くらいなら全然オッケーかと思いますが
公共の場所でハーブを扱うに当たっては、まあ色々あるので 笑
「安心買い」として資格コース習得しておいてよかったな〜〜と
感じることは非常に多いかと思いますよ〜

「aromaの資格に」続く 笑


2016年4月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-04-08 18:58 | HERB

ハーブブレンドの楽しさ&発見

先日「ストレス対策の為のハーブとアロマのワークショップ」をロンドンで行いました。
ロンドンでのワークショップは基本少人数で行います。
なので、色々なレメディーを講座内でたくさん作り上げることが多いです。
今回のいただいたリクエストの一つは
「ブレンドハーブティーの作り方」

この日は
メインハーブに
Chamomile
Gotu Kola
Lemon Balm
Lemon Verbena
Linden
Orange Flower& Buds
Lavender
St John's wort
Skullcap
Passion flower
Rose の11種

そして、味の調整や色合いに
Hibiscus
Elder berries
Blue mallow
をご用意


e0046112_23074835.jpg

それぞれのご希望にあったハーブティーブレンドをそれぞれ数種お作りいただき、
お持ち帰りいただきました。精油を使ったマッサージブレンドもお持ち帰り♫

その時の模様を生徒さまの一人でもあり、素晴らしいセラピストのaromayaのみちよ様のブログにて
もシェアをいただきました💓 とっても素敵に綴っていただき感謝です。

普段はハーブティーよりも、チンキ剤を利用することが多いので
こういったワークショップは自分自身もとっても新鮮で楽しませていただきました。
次回は同じ形で「花粉症用のブレンドハーブと精油」のワークショップを構想中です。


基本、私はどのワークショップでも「レメディーを作ったり、レシピを考えたり」と
ハーブや精油をたくさん、楽しく、役立つ形で使う事を目標にハンズオンの実習を
組み込んでおります✨
その為、ものすごい大荷物の上
キッチン施設が使え、精油もオッケーな会場探しなど、
がなかなか大変なのですが 笑
この10年以上、素晴らしいハーブ仲間やセラピストの先生方&生徒さま方と
心に残る楽しいワークショップをご一緒に行わさせていただいております。
⬇️の写真は昨年大阪で行ったワークショップのお写真。
この時は宿泊ホテルのお部屋が持ってきたハーブ🌿で埋まりました 笑
e0046112_23390496.jpg

来月は、東京をはじめ、大阪、宮崎、岡山で、レメディー作りもたっぷり含んだ
講座を行いますよ〜〜
🌿 宮崎と岡山はまだ残席がございます!
宮崎は4月17日詳細はこちらから
岡山は4月14日詳細はこちらから
現場で色々なお話やクリエイトを生徒さま方と行う時に
たくさんのドキドキする発見があります。

とご一緒のワークショップの際(その時の記事)に「これは是非自分のLifeworkの一つとして行っていきたい」と
感じるワクワクに再会しました。

ハーブのブレンドは
ドライハーブでも十分楽しめますが、五感を楽しむには
やはりフレッシュハーブの方がよりいっそう楽しいかもしれません。
フレッシュハーブのブレンドの記事は→こちらから

そして、ここ最近は、効能だけではなく
昨年のワークショップからの影響もあり→その時の記事
ハーブのイメージ、ブレンドの効能のエネルギーのイメージを
色に表したワークも行って楽しんだりしております。


今回も皆様と作り上げたハーブブレンドからの
色をイメージしてみました。
症状をお聞きした時に色のイメージも
頭にぼんやり浮かんでいるのですが。こうやって「作る」とはっきり見えて面白いです。
e0046112_19000632.jpg
もう2ブレンド
こちらは、時間がなく先に作ってあったボトルで一番イメージに
近い色合いのボトルとなります。

e0046112_00065951.jpg
このボトルたち、ハーブを使って(一部精油)作っております。
飲用できるブレンドです。

春に成ったらお庭のフレッシュハーブも使って
もっともっと色々なブレンド&ボトルも作っていきたいです。

ハーブ、アロマをして色彩を使ったセッション、講座もゆっくりゆっくり
行っていきたいなと構想中です。


2016年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱

[PR]
by PHYTOUK | 2016-03-02 00:17 | HERB

ハーブの大師匠とのハーブトークの1日🌿

e0046112_05550828.jpg
久しぶりのオフの日、朝から珍しく青空が広がりました。
大好きな飛行機も青空に綺麗に映えて見れて、朝からバシャバシャ写真を撮っては楽しんでしまいました。

今日は、私のハーブの師匠ご夫婦のお宅でのランチにお招きをいただきました。
お互い忙しくって、お会いするのも本当に久々だったので、まずはお互いの近況状況からスタート。
そしてもちろん沢山ハーブのお話もしましたよ〜

師匠ご夫婦も私も、入学時期は10年以上異なりますが、同じハーブ医学校を卒業しております。
師匠の頃は「School of Phyotherpy」と呼ばれておりましたが、私の時代は
「College of Phytotherapy」 (フィトセラピーではなく、ファイトセラピーと発音いたします)
大学に組み込まれたコースになってしまってからは、ハーブ医学のコースも随分の趣向が変わったよね〜と
お会いすると必ずと言って良いほど、イギリスのハーブの行き先を心配しちゃう私達です(笑)

私も師匠にお会いするまでは、チンキ剤のちゃんとした作り方など。。。ハーブ基材の基礎の知識も曖昧でしたが
師匠に一からじっくりと丁寧にご指導いただきまして、なんとか「ハーバリスト」として必要な知識が身につきました。
今の学生さんはモジュールにハンズオンの「ハーブ製剤」の授業もないだろうからきっとこう言った知識を学ばずに卒業しちゃうんだろうね〜
エビデンスベースで、英国に伝わり使われ続けている伝統ハーブも学ばずに卒業しちゃうんだよね、なんだか寂しいねと、
時代の流れを感じつつ、それでも少しでも残っていくといいね〜とちょっとしんみりとなるお話から、

どのハーブがどれほど素晴らしい効果を示してくれたとか。。
その中には授業では学ばなかったハーブも沢山あるよね〜 と 笑
何十年経ってもまだまだ植物から学ぶことが本当に沢山あるよね!とワクワクしたり💫

今年は、○○の森には △△のハーブ見つからなかったね〜
去年は どこぞこのお庭ではこんなにすごい収穫があったみたいだよ〜 など、
ローカルハーブ情報交換などもしつつ 

クリニックで行っていた精油の飲用の思い出話や
東欧で伝統的に使われている精油入りの飲用&外用兼用レシピのお話から
e0046112_05594012.jpg
動物と🌿ハーブのトークも💗
昔の飼い猫が重い患っていた時、その猫がお庭で食べていたハーブがJohn Gerardの著に
紹介されていたハーブで、その時の猫の病気にぴったりだんだよね〜
と、16世紀のご活躍されていた先達John Gerard氏を改めて尊敬をしたり(笑)

もう一匹は皮膚アレルギー疾患が酷くなった際、やはりお庭にあったハーブのところに行って、
自分の体をハーブに擦り治していたとか。。。
どちらも現代のハーブ医学では使われていないんですが、
立派な薬草だよね〜
私達って動物からも沢山のことを学ぶよね!とか

師匠はご自分で植物からの染色もされるので、ハーブ染色のお話をお聞きしたりなど。
e0046112_05563674.jpg

ハーブな1日となった休日。
素晴らしいハーバリストの師匠夫婦から
それはもう素晴らしい知識を沢山さんご教授いただきました。

生きた知識、経験って本当にかけがえのない学びですが、
学校で学ぶ知識もとても大切と私は感じます。
今日もこの道30年の師匠達とお話していましたが
「今でも初診の際には、何か見逃していないか? 診断を間違えていないか?」と
緊張するよね。。。と。

自分の選んだ道
決して簡単な道ではなかったけれど
私はこのような素晴らしい先輩や仲間に出会い本当にラッキーだったなあと
改めてその恵まれた環境に感謝をしつつ帰途いたしました。

師匠夫婦は私の治療を受け持ってくださるハーバリストでもあります。
彼らにの助けによって、今働ける自分が居ると言っても過言ではないくらい、
自分の病状が一番酷い時に大きな助けとなりました。
またこの時のお話もいつかゆっくりご紹介いたしますね〜

素敵なハーブな1日に感謝をしつつ💓


2016年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-02-20 06:55 | HERB

ハーブを楽しむ日々&イギリスでのハーブ/アロマ講座日程について

e0046112_21340099.jpg
イギリスにも「夏」がやってまいりました。

先日は晴天にめぐまれた気持ちのよいお天気の中、生徒様達とご一緒に薬草園に訪れました。

6月ともなると薬草園もとっても賑わっていましたよ〜〜

e0046112_21082520.jpg
この時期を120%楽しみたいので(笑)私もランチタイムなどを利用して

時間のあるかぎりロンドン市内の薬草園、ハーブガーデンなどに足を運んでおります。


7月末に皆様とご一緒にまわる薬草園散策を予定しておりましたが、こちら公募する前に満席となってしまった為〜〜

また私の休みを調整しながら機会を作りたいと思っております。。。

しばしお待ちくださいませ〜〜


と同時に。。。


6月以降のロンドンでのハーブ&アロマ講座の日程をお出しできずのままでございますが、

7月の講座は只今以下の通り&満席状態でございましてご迷惑をおかけ申し上げます。


<7月予定>

7月24日「ハーブガーデン散策」(満席)

7月30日「基礎から楽しむ精油の化学」(満席)


基礎講座やご希望のアレンジ講座などは2名様以上などのグループでのお申し込みは

8月も平日限定で受け付けております。


9月以降の日程は近日中にお知らせいたしますね。


--------------------------------------------------------

*2015年5月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせはHPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2015-06-30 21:56 | HERB

コーディアルの季節

e0046112_20360333.jpg5月はなかなか気温が上がらず、肌寒い日々もありましたが、

それでも植物達はスクスクと大きくなっております。


5月といえば「ホーソーン」や「エルダーフラワー」が

満開になり、「今年も春がきたのね〜」と自然に顔がほころんでしまいます。


そんな中、せっかくなのでエルダーフラワーコーディアルを作ってみました。

我が家のエルダーはまだまだ小さく、お花を収穫できないので、ご近所にあちこちある

エルダーを拝借。。。







個人的にはもう少し暑い日に炭酸のお水で割って飲むのが好きなのですが、

せっかくなのでと 笑


常温のお水でわって、飲んでおります。







e0046112_20372109.jpg

e0046112_20355183.jpg



去年はあまりにもバタバタしていたのもあり、そして又、お庭のハーブもまだ

若く、大きく育っていなかったのでフレッシュハーブを使った作業をする事ができませんでしたが

今年は多くのハーブ達も3年目の春を迎えるという事で

収穫も沢山できそうです。時間を作ってフレッシュハーブで色々製作をしてみたいと思います。



昨日の日曜日にはWisely Gardenのガーデンセンターと近所のガーデンセンターを

ハシゴして、メディシナルハーブの種とキッチンハーブを数種購入。


Wisely Gardenのガーデンセンターは、さすが英国王立園芸協会が管理される
ガーデンセンターだわ〜という感じで、
珍しい種の植物も沢山あって、目移りしてしまいます。

ハーブはまあフツーのラインアップですが 笑


わがフラットのお庭には、あちこちを掘ってナッツを埋めようとする

リスが数匹いるので、春の新芽がでたばかりのプランターなどは

大変です。


(穴を塞ぎ中のリス ↓)

e0046112_20540957.jpg


種なんかもかなり掘り起これて、何を蒔いたのかわからない状態のも出て来ちゃいます 笑

かわいいんですけれどね〜


なんだかんだかで今朝も今年購入したばかりのクランプバークの植えた植木鉢が

大変な事になっておりました。

昨日は3時間かけて、植木鉢グループのまだ小さなハーブ達に

リス対策の網をかけて守る作業をしましたよ〜 


この3年でハーブの種類も増えて、小さいお庭ですが、植木鉢などをフル活用して

50種類ほどのハーブが育っております。

これ以上は増やせないとは分かっておりますが。。あと2〜3種どうしても欲しい

ハーブがあるんですよね〜〜 笑

まあとりあえず、夏の盛りの頃のお庭の具合を見て、色々考えてみたいと思います。


ハーブ育成も楽しいですが

お庭ではベイビーブーム♪


小鳥さんたちもお子さんをつれてきてくれます。

小さなヒナ(といっても飛べる大きさ)に餌をあたえる姿は

かわいくって思わず激写 笑


e0046112_21023646.jpg





--------------------------------------------------------

*2015年5月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱



[PR]
by PHYTOUK | 2015-05-25 21:11 | HERB

春のハーブ達

e0046112_05561114.jpg
一旦暖かくなったと思ったらいきなり寒くなったりといった天気が続きましたが、

今週はまた暖かくなる予報みたいです♪

初春の間はどのハーブがちゃんと冬を越してくれたか気がかりで、

毎日ガーデンを見回っておりましたが(笑)

今年も無事に多くのハーブが頑張って冬を生き延びてくれた様です。

e0046112_05562140.jpg


然し乍ら。。乱暴ものリス達にせっかく種から発芽させた

新芽達をかなり破壊されてしまいましたが。。。(一からやり直し中)

可愛いんですけどね〜〜

e0046112_05565675.jpg


うちの庭は半分が日陰なので、引っ越して数年は「日陰でも育つハーブ」の内どのハーブが根付いてくれるかとドキドキしながらの毎日でしたが、3年目となった今年は

根もしっかり張ってくれたようでとっても元気な姿を見せてくれております(感涙)。


e0046112_05563100.jpg


秋に植え替えをしたので、ちょっと心配しておりましたが

ブラックコーホッシュもすくすく成長しております。

e0046112_05564299.jpg

あと芽が出ていないのはセントジョーンズワートくらいかしら?



驚いたのが、2年前に地植えした Sweet woodruff( Galium odoratum)

去年は全然花も咲かず、元気もなく「土地にあわなかったかしら」と半ば諦めていたのですが、今年はとっても元気に花を咲かせてくれました!

e0046112_05531050.jpg


薬草として今は余り使われませんが、昔はこの生葉を打ち身や傷などの治療薬として使ったり、健胃薬としても利用されていたそうですね。

このハーブはフレッシュの時はあまり気が付きませんが、乾燥させるとその香りが(クマリンの香〜♪)が高まります。

特にお花の甘い香りはとっても素敵です。

e0046112_05560040.jpg
摘み取った瞬間は「そうかな〜〜」といった感じなのですが、摘んで10~30秒後にはバニラの甘い香りが混じったような、とっても素敵な香りを楽しませてくれるんです。

せっかくなので今年は少しだけ収穫してポプリにしてみようかな?と計画中です。



--------------------------------------------------------

*2015年5月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は

こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。

*著書のご案内

説話社英国流メディカルハーブ」

 「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

文化出版局ハーブの薬箱




 


[PR]
by PHYTOUK | 2015-05-11 06:02 | HERB

シンプルなカモミール入りケーキ

私も夫も小麦粉が身体に合わないので、我が家ではなるべく小麦粉をとらないようにはしているので

たま〜〜にケーキなどを食べたくなる時は、「スペルト小麦」を使って焼いたり致します 

イギリスの場合「小麦アレルギー」だけでなく「coeliac desease」の方も多いので、

小麦やグルテンフリー食品が多く出回っていてとっても便利ですよね。

カフェに行っても「ビーガン用」「乳製品やグルテンフリー」のケーキ類も多いですし。

(かといってヘルシーなわけではなく。砂糖なんかはたっぷり入って劇的に甘いケースが多いけれど 笑)

e0046112_19532199.jpg

今回も?カモミールパウダーと紅茶&リンゴを使ってシンプルパウンドケーキを焼きました。

仕上げにレモンヴァーベナの精油を香りつけとしてシロップに少々。

イースターのお休みの後半やっと春らしくなってくれて、

お庭のスペアミントも大きくなってきたので、フレッシュスペアミントティーも楽しみました。


--------------------------------------------------------
*2015年4月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内            

 説話社 「英国流メディカルハーブ」「続 英国流メディカルハーブ」電子書籍版 New

 文化出版局「ハーブの薬箱」



[PR]
by PHYTOUK | 2015-04-07 19:53 | HERB

ハーブブレンドを楽しむ

風邪で数日お休み頂きました。

引き始め?と感じた直ぐにハーブでケアをしましたので酷くはならなかったのですが。

それでもしっかり風邪の症状は出ていましたので、大切なクライアントさまにうつすことの

ないように大事をとらせていただきました。

あまり風邪を引く事がないので、正直びっくりです。ご迷惑をおかけして申し訳ありません!


この休みを利用して家でハーブや精油の在庫整理をはじめ、3月のイベントの準備などをしたり、

10月の講座のプランなどをゆっくりと行いました。


e0046112_22291142.jpg
イベント用のハーブブレンド製作なども行いましたが、やはり楽しいですねえ。

普段は、患者さまにお作りするため、治療目的がメインなのでなかなか「きれいで美味しい」タイプのハーブティーを作る機会が少ないので、一人ニコニコしながら作らせていただきました。


日本からドライハーブブレンドのオーダーを頂く時は、こうして美味しさ華やかさも

考慮しながらブレンドさせていただいております。

「効果」を見てしまうと、どうしてもハーブティーだけでは浸剤ブレンドとして使える種類が圧倒的に少ないので、「もう一歩」という気持ちになる事も多いのですが、美味しく飲めて少しでも身体に役立ってくれるハーブティーは、毎日の生活にはかかせません♪


以前はイギリスから液体の郵送が可能でしたが、残念ながら今は禁止となってしまったので、最近はもっぱらドライハーブをお送りする形が多いですが、

数年前と比べ、日本で手に入るハーブもかなり増えましたので日本の患者さまにご利用いただく場合、なるべく日本で手に入るハーブで処方する事も増えております。


こうやってブレンドを作っていると自然に色々なアイデアが湧き出てきます。

そろそろ花粉症向けのハーブをご利用される方が多くなってくる時期ですよね。

私も近々プレゼント用にでもかわいらしい花粉症ブレンドティーを作ってみようと思います♪


3月のイベントはまだ若干お席があるお日にちもございます。

ご興味ある方はぜひお気軽にお問い合わせ&ご参加くださいませ♪

詳細はこちらから

....................................................

*2015年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は →
こちらから

*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内            
 文化出版局「ハーブの薬箱」


[PR]
by PHYTOUK | 2015-02-12 22:30 | HERB

カモミールパウンドケーキ

e0046112_07465216.jpg
今回のケーキはジャーマンカモミールのパウダーを使ったスペルト小麦のパウンドケーキです。
オレンジの果汁&ピールも入れたフルーティーな味わいです。

テーマは「ほっこり気分&お腹に優しい」という事で
選んだハーブは「ジャーマンカモミール」
そしてローマンカモミールとスィートオレンジの精油も使い、
最後の仕上げにはオレンジ果汁とジャーマンカモミール芳香蒸留水で作製したシロップを
焼き上がりに使いしっとり&香り深いパウンドケーキとなりました。

地味なのでマリーゴールド&ヤグルマ草のフラワーを使って華やかに仕上げてみました♪

.....................................................
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。*
*2014年12月以降のイギリス&日本での講座などの情報は→こちらから
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」


[PR]
by PHYTOUK | 2014-12-01 08:20 | HERB

ワークショップ用の材料

e0046112_19505518.jpg

12月そして1月の日本でのワークショップ用の材料の仕入れを兼ねてフランスに行ってまいりました〜〜
といっても全部の材料ではなく、イギリスでは入手困難な品種や目についた良品を主に選んでまいりました。

e0046112_19500424.jpg
e0046112_19515820.jpg

毎年同じ顔ぶれもありますが、新しくみる生産者の顔も多く、彼らが作る品を直接拝見させていただける機会というのは
やはり格別です♪ 
ネットでオーダーももちろん行いますが、やはりこうやって手に取れる機会を作る事は私にとって絶対にかかせない
作業であります。

e0046112_19511980.jpg
もうこれが自分で持てる荷物の限界!ってほど購入しますが
家に帰ってから、あれもこれも買っておけばよかった〜〜って 笑
必ず後悔しちゃうんですよね。
歩き疲れた脚に購入したハイドロソルを塗ったり、お風呂にいれたりと楽しみながら
残りのワークショップ用の材料購入リストを再チェック中です♪

e0046112_19513323.jpg


......................................................
*HPリニューアルいたしました New  → こちらから
*2014年10月以降のイギリス&日本での講座などの情報は→こちらから
*メディカルハーブを学びたい方の為のコース
「A Complete Herbal Medicine Course:リニューアル版」の詳細は→こちらから
*治療やセラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
 文化出版局「ハーブの薬箱」 


[PR]
by PHYTOUK | 2014-11-13 20:02 | HERB


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(186)
(133)
(80)
(78)
(50)
(26)
(25)
(20)
(18)
(14)
(8)
(7)
(3)
(2)

最新の記事

天然原料をしっかり理解して使..
at 2017-06-09 21:15
香りを楽しむ/アロマロールオ..
at 2017-05-21 17:53
2017年10月開催:日本講..
at 2017-05-18 15:47
ハーブに埋もれながら 笑
at 2017-05-14 19:18
オーガニックハーブおわけしま..
at 2017-05-11 17:06

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧