カテゴリ:HERB( 96 )

基材について

メディカルハーブの世界では、色々な基材が使われます。
内服では、ハーブティー(浸剤・煎剤)、チンキ(Tinctures)、カプセル・・・
外用ではクリーム・ジェル・オイル・精油・・・

よく

「ハーブティーとチンキとどちらがいいの?」

といった質問を受ける事があります。
確かに飲む方としては、効能の高い方を試してみたいですものね。

実は!この質問にお答えするのは非常に難しいのです・・・・
なぜなら、

*そのハーブの品質
*ハーブの性質
*体質&症状

といった事が関与してくるからです。当然私も患者さんには、その時々に合う様に処方いたしております。

「楽しみながら健康に役立てたい」という事でしたらハーブティーで十分かな~と。
ただし、冬の季節や体が冷えている時などには、基材として体を暖める作用が強い、チンキの方が合っているかもしれません。

チンキの作り方、やハーブ基材の選び方などにもやはりお国柄、ハーバリスト個人の
Tasteが出るところ!ここがまた面白いですよね。

「○○が正しい」よりも(正しい知識はもちろん大切で、基本となりますが

色々な経験や失敗を重ねて

「こんな形が良かった(合っていた)」

というレシピや基材に出会っていけるほうが、ハーブを使う楽しさも増えると思います。

先日ご紹介したフィンランドのHenrietteさんのブログでチンキやそのほかの基材を使った液体ハーブについての紹介をしてくださっています。

参考までに もう少しチンキや他の基材について知りたいという方に:
Principles and Practice of Phytotherapy

それぞれの薬草の成分について詳しく、という方には
Pharmacognosyなども参考になるかと。

ここのブログでもできるだけ色々な事を紹介し続けていけたらな~と、思っております!!

写真は・・カモミール・レモンバーム・オレンジフラワーのドライハーブ
そして、それらのチンキをブレンドしたもの・・・です。

e0046112_4211381.jpg

[PR]
by phytouk | 2005-09-19 04:14 | HERB

ハーブ紹介:4

Arctium lappa Burdock バードック ~ゴボウ~であります。
実は私日本の栽培されているゴボウを見たことないのですが、日本でもものすごく
大きく育つのかしら?こちらで見かけるゴボウはそれはもう、すくすく高く大きく育っていますが。
日本人にとっては「薬草」としてよりも、「野菜」としての方が馴染みがありますよね。

薬草として、葉又は根を主に使います。
葉も根も基本的には同じように使いますが、私はもっぱら根を愛用してます。
根は煎出、またはチンキで使用します、どちらもパワフルな効能がありますので少量、
チンキでしたら一日10~15滴とかから初めてみて様子を見ることをお勧めします。

e0046112_6564989.jpg効能は一言で言って「毒素排出」 です。
皮膚の症状、熱を持った赤みのある湿疹やにきびなどに効果的です。
私もアトピーなどの患者さんによく処方いたします、が、タイプによっては合わないときもありますので、そんなときは使用を中止して、他のタイプ(温性)のハーブなどを代わりに利用されると良いかもしれません。 あと便秘を伴う肌の荒れ・・などなど 毒素の滞留の症状に利用価値大のハーブですよ。
[PR]
by phytouk | 2005-09-13 06:59 | HERB

ハーブティー:夏の胃腸不良に

今回は夏の季節の食欲不振・胃腸の疲労にぴったりのハーブティーをご紹介したいと思います。
e0046112_4451085.jpg

材料:(3カップ分)

乾燥ハイビスカス Hibiscus sabdariffa 2つ
乾燥ペパーミント Mentha poperita 小さじ1
乾燥レモングラス Cymbopogon citratus 小さじ1/2
                              乾燥ネトルUrtica dioica小さじ 1

材料をブレンドしポットに入れ、沸騰したお湯を入れて5分ほど浸出させます。
できれば、蒸気が逃げないように、布きんやティーコゼなどでポットをカバーしてあげてください。

      **アレンジ**

1 少し酸味があります、酸味が苦手な方は蜂蜜などを入れると飲みやすくなります。
2 ミントがお嫌いな方は、変わりにレモンバームを。
3 アイスでもホットでも美味しくいただけます。アイスにする場合は浸出を7~10分くらいと長めにしてみてください。
4 シャープな味がお好きな方はハイビスカスを増やす、又はネトルを減らすなどして味を調節してみてください。
5 もう少しエキゾチックにという場合に:ジャスミンの花を少量いれると香&味が引き立ちます。

e0046112_457457.jpg

*とってもきれいな赤い色が目を楽しませてくれます!フレシュペパーミントを浮かべてはいかがでしょうか?

 **効能**

ハイビスカス:ビタミンCを豊富に含むハーブです。疲れだけでなくお肌の改善にも活躍!
また、酸味が食欲を活性してくれますので夏ばてなどの食欲不振もお役立ち。

ペパーミント:言わずと知れた、胃腸の調子を整えてくる代表的なハーブでもあります。駆風作用にも優れていますので、ガスが溜まるなどお腹の張りにも。また便秘にも効果のあるハーブです。清涼感の味や香りは夏にぴったりではないでしょうか?

レモングラス:こちらも消化促進作用のあるハーブです。爽やかなレモンの香りにさっぱりした味わいは色々なハーブに合います。またこれも駆風作用に優れ、痙攣性の胃痛などにも利用されています。また熱を下げる作用もあります。


  ネトル  :毒素排泄作用に優れているハーブで知られています。利尿作用にも優れていますので飲みすぎの後の浮腫みなどにも利用価値大でしょう。また尿酸を排泄してくれるハーブでもあります。毒素排泄作用から皮膚の疾患にも良く利用されます。また、ビタミンやミネラルも豊富含まれたハーブです。
[PR]
by phytouk | 2005-09-07 04:48 | HERB

ハーブ紹介:3

Agrimonia eupatoria Agrimony アグリモニー
こちらもヨーロッパではおなじみのハーブです。
とっても可憐なそれぢて目の覚める黄色の花を咲かせてくれます。古き時代から英国でも
愛用さててきた薬草の一つです。冷性の質をもつハーブとして使われていますが、カルペッパーの著書では確か 弱熱&弱乾 としての気質を持つハーブとして紹介されています。

昔から傷の手当てによく利用されていました。
利尿作用や胆汁分泌促進作用などの効能がありますが、私のは特に 子供の下痢、消化不良などによく使います。あと、そこまで悪くないけれどちょっと肝機能を向上させたいとき・・・
イライラやストレスから、熱っぽく、胃がもたれるときなどにも利用しています。

e0046112_771020.jpg

[PR]
by phytouk | 2005-08-24 07:08 | HERB

ハーブ紹介:2

e0046112_7314767.jpg
Alchemilla vulgaris Lady's Mantle レディース・マントル :こちらもヨーロッパではよく見かけるハーブですが、う~ん ヤローほどどこでも見かけるという感じではないかな?
こちらも婦人科系の疾患に良く使います。ヤローよても似た効能を持っています。月経痛から過多出血に・・・また生理不順にも大活躍します。また抗炎症作用にもすぐれております・・・
こちらもヤローと同じく、子宮内膜症や子宮筋腫などに処方されることが多いハーブです。

5~8月の開花の時期に、地上部を収穫して使用します。
私の大好きなハーブの一つです。
よても穏やかなのにしっかり効きます。長期の効能を期待できるタイプの
ハーブの一つでしょうか・・・
[PR]
by phytouk | 2005-08-18 10:32 | HERB

ハーブ紹介:1

e0046112_62661.jpg
Achillea millefolium Yarrow:ヤロー
この時期、あちこちでヤローの花を見かけることができます。家の近所にもちらほら
生えている姿を発見! 一見雑草にみえちゃったりしますが、このヤロー 
メディカルハーブの世界では、大活躍してくれるハーブの一つです。

使用部分は地上部、開花時期に収穫します。

昔から伝わる風邪の初期に飲むハーブティーのブレンドに使われてきました。
「ヤロー、エルダーフラワー、ペパーミント」初期の症状にとっても効果的です。
飲むとぽかぽかして、発汗を促してくれます。

出血に使ったり、静脈瘤などにも使う他、

婦人系の疾患に私はよく処方いたします。特に月経出血が多い方や
(子宮内膜症や子宮筋腫が要因となっている場合にも、よく処方しますが、いずれにせよ単品ではなく、他のハーブと一緒に処方致します)
月経不順にも大活躍してくれるハーブです。

確か・・・私の卒業したCollegeで一番最初に学んだハーブが確かこのヤローだったような?
[PR]
by PHYTOUK | 2005-08-17 06:46 | HERB


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(201)
(137)
(88)
(79)
(53)
(38)
(26)
(21)
(18)
(15)
(8)
(7)
(4)
(3)

最新の記事

期間限定アクセス無料の精油の..
at 2017-12-16 09:23
選択をする時(長文注意 笑)
at 2017-12-13 19:49
風邪の季節に役立つハーブとアロマ
at 2017-12-09 19:33
2018年4月講座の日程ご案内
at 2017-11-29 18:56
オンラインショッピングにて買い物
at 2017-11-20 19:41

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧