英国でのアロマセラピー学び&セラピー事情(復興支援応援イベントより)


3月4日3月9日に行わせていただきました
〜震災無償アロマケア活動「COCORO」の支援の為のチャリティーイベントに
ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました。
おかげさまで196ポンド(31,587円)のご支援金が集まり、
本日「COCORO」→HP及び「「COCOROリアスチーム」の現地スタッフの
お口座の方に送金させていただきました。

今回はマッサージ&リフレクソロジーのセッションと、ワークショップを行わせていただきました。
実は今回9日のセラピーイベントで会場として
ご協力を頂いたNeal's Yard Remedis Therapy Rooms Covent Garden は
つい先週に内装を改装したばかりなんです〜〜
この下の壁の写真、ボトル持っている人物実は私なんですよ〜〜 
大きく引き伸ばされていてびっくり。。。フォトショップで腕も細くしてくださっているわ 笑

e0046112_23590300.jpg
3月4日では「イギリスのアロマセラピー事情とセラピストとして活躍するには?」のテーマの
お話をさせていただきました。
実は5年前に震災を受けられた方々の為の支援にと立ち上がられた「COCORO」さんと
一緒に行った初めての支援ワークショップで2011年に行わせて頂いた時の(詳細は→こちらから)
テキストをアレンジして使わせていただきました。

数年前といえども改めてリサーチしてみると、スクールの数などにかなり変化があり驚きました。
そして資格を取れるまでのお値段なども。

今回は、イギリスで取れる「アロマセラピスト」の資格の種類と
ご自身が「イギリスで就労するアロマセラピストが所属する各協会のお話」などのお話から、

日本にご帰国される方の場合
どのような将来の可能性があるかなど。

なぜだか??日本に入っている欧米のアロマやハーブの現状の情報って
「それいつの話?」「特定の病院のお話?」「特定の地域のお話?」と言ったように
情報が古かったり混乱している事が多いのでとても残念です。

日本のアロマセラピーも素晴らしいコースが今はとっても多いそうですし
精油の研究なども見逃せません。

一言アロマセラピーを学ぶと言っても
その方にとって「今学びたいこと」「興味がある分野」や「何がゴール」なのか?によって
選択も広がります。

イギリスでは(…と国でくくってしまうのは苦手なのですが)、
アロマセラピスト=精油を使ったマッサージを行うセラピストのカラーが主ですが
日本ではクラフトを楽しむレベル、安全にアロマの楽しみ方を広めるお教室を開催することが為のレベル
そして「セラピスト」など
色々な形の将来が広がりますよね。

今回は「過去の社会人での/専門職などでの経験があるからこそ見えるアロマを使った多様な可能性」など
と言った生徒さまたちからの熱〜〜い🌟お話も出て、
自分が描くアロマセラピーの使い方=将来自分が行いない仕事につながる
形がはっきりと見えれば見えるほど、コースの選択なども自ずと選びやすくるなるなあと
「ビジョンがしっかりしている強み」というものをお話しながら改めて感じました。

もちろん長い道のりの中で迷いも出てくると思います。
私自身、自分が通ってきた道の中にも「寄り道」であった時間はたくさんあります。
その時は選択の失敗だったなあと思ってしまいましたが、
今では「自分に合わない道/スタイルがわかってよかった」と
寄り道も自分の中の大切な経験となっております。

これまで進んできた色々な道の中で
私の中でよかったなあと今でも心から感じていることは
スクールやコース選びの失敗もありましたが、
だからこそ一つのスクールや教授陣や考え方にとらわれず
色々なスクールやコースに参加し、その中で自分自身がちゃんと納得できる
知識や一生の思い出となる経験も得ることができたことです。

またその中から素晴らしい師匠達仲間たちにお会いできましたし、
「あれ?なんだか変だな?私間違っている?理解していない?」と思うことが
生まれることにより、

自分がもう少し学ばなくてはいけない知識(星の数ほどありすぎますが💧)を見つけれたり

・「処方として使うときの精油ブレンドに気をつけなくてはいけない事」など。
  「香り」を楽しむアロマセラピーと処方扱いの(効能)アロマセラピーとの違い。

・間違っている情報や誤解を生みやすい情報がより明確に判るようようになってきたり…

失敗があってからこそ
ステップアップの道を選ぶ事ができますよね〜
もちろん今もその道は尚進行中でございます。(苦笑)



また、国ごとの違いのお話では

イギリスでは〇〇
日本では〇〇
フランスでは〇〇と
ドイツでは〇〇と

確かにそれぞれの国ごとに法律も異なり、特色も大きく異なりますが
実際のところ、同じ国でも「学ぶ状況」「スクール」「考え方」など
それぞれのカラーがありますので、国で選ぶのではなく
その個々の教授陣やコースの特色というのもじっくりと探求されてから選ぶのも良いかと思います。

「資格は取りたくない」
「経験を学びたい」という方もいらっしゃりますが
お仕事として行う立場になる方に取っては「資格」というものは
私たちが毎日身につける「下着」みたいに(例えが悪いですが)
無くても(他人から見えるものでは無いので)確かに問題なありませんが、
基本となる資格はやはり持っていた方が心地が良い。
と感じる事が多いのも事実かと思います。

資格やイギリスで働く云々に関しては長くなりますのでまたいつかお話できたらと
思いつつ。。。


2016年2月以降の日本&イギリスでの講座やイベントのご案内は
こちらから
*治療や各種セラピーの詳細やお問い合わせは→HPをご参照下さいませ。
*著書のご案内
文化出版局ハーブの薬箱


[PR]
by PHYTOUK | 2016-03-11 00:03


英国在住メディカルハーバリスト&アロマセラピストRIEKOのブログです。トリートメント&セミナーなどの情報をお届けしております。(連絡先はプロフィール欄をご参照下さい)


by PHYTOUK

プロフィールを見る
画像一覧

イギリスはロンドン&サリー州でハーブ治療・アロマセラピー・リフレクソロジー他各マッサージを行っております。
施術や執筆活動などの詳細は
RIEKOのHerbal Healing のHP をご参考
くださいませ。HPではメディカルハーブ&アロマティックメディスンの情報も発信しています。

■自己紹介→こちらをご参照くださいませ。

■治療・セッション・
セミナー等の
日本語でのお問い合わせは
携帯:07946 651742
(UK時間10AM-8PM 月-金)
またはメールまで
ご連絡くださいませ。


■イギリス/日本各地で
メディカルハーブの講習

も行っております。
多くの方に
「メディカルハーブや
アロマセラピーの楽しみ・
奥の深さ

をお伝えできる
お手伝いをさせて
いただいております。

英語版のブログはこちらから。 

:::::::::

National Institute of
Medical Herbalist (NIMH)
 
私が所属する
ハーブ医学協会のHPです。

IFPA (International Federation of Professional Aromatherapists)
私が所属するアロマセラピー協会です。英国そして日本でも協会認定の資格がとれますよ。

The Association of Reflexologists (AoR) 私が所属するリフレクソロジー協会のサイトです。

Cocoro 震災無償アロマケア活動さまのサイトです。私も応援しております。同じくその活動代表をされていらっしゃるアロマセラピストでいらっしゃる安藤さまのブログです。

英国メディカルハーバリストスコットランドで
メディカルハーブを勉強され今は日本で活躍されているsaoriちゃんのブログです。
 
Aromatique
広島でご活躍の
セラピストAYAKO様のHPです。

フラワーエッセンスの癒し
フラワーエッセンス、レイキ、アロマを用いたヒーリングをされているあやさんのブログです。

フォロー中のブログ

香港に居るよ
planet*plant...
Forestvita v...
住所不定 海外生活忘備録
ろんどんらいふ
パリでリラックス
オーガニックライフ
チビ猫のロンドン冒険日記
よねごんのつれづれ日記
せらぴすとDiary
英国メディカルハーバリスト
なちゅらる
Dream
英国式ベビーマッサージク...
ポートランドスタッフぶろぐ
NOYAU et cet...
イギリス ウェールズの自...
Flower Essen...
HERBS FOR JA...
Herbs for Ja...

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
more...

カテゴリ

全体
HERB:トリートメント案内
AROMA:トリートメント案内
MASSAGE:トリートメント案内
トリートメント場所案内
マッサージ前後の注意事項
割引について
イベント案内
ワークショップ&教室:UK
ワークショップ&教室:日本
コースについて
執筆活動案内
独り言
プロフィール
HERB
基材紹介
AROMA
自然療法
ガーデン

ベーチェット病
その他
イギリス関連
過去のイベント
過去のワークショップ&教室 
MATERIA MEDICA
ハーブ育成
大震災復旧イベント
France
自然療法ツアー

ライフログ


Principles and Practice of Phytotherapy: Modern Herbal Medicine


The Encyclopedia of Medicinal Plants (Encyclopedia of)


The Practice of Traditional Western Herbalism: Basic Doctrine, Energetics, and Classification


Culpeper's Medicine: A Practice of Western Holistic Medicine


A Modern Herbal


Medical Herbalism: The Science and Practice of Herbal Medicine


セラピスト 2013年 04月号 [雑誌]


ミセス 2013年 04月号 [雑誌]


英国流メディカルハーブ


ハーブの薬箱 英国流、メディカルハーバリストからの提案


セラピスト特別編集 精油とハーブのブレンドガイド


家庭画報 2014年 04月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 01月号 [雑誌]


家庭画報 2015年 08月号 [雑誌]

タグ

(192)
(133)
(83)
(79)
(52)
(33)
(25)
(20)
(18)
(15)
(8)
(7)
(4)
(3)

最新の記事

情報をしっかり理解していますか?
at 2017-08-18 20:43
スキンケアの為のハーブと精油
at 2017-08-11 20:23
楽しくワクワクする事
at 2017-08-07 20:30
我が家のハーブ
at 2017-08-02 07:38
訂正箇所がありました&#12..
at 2017-07-31 23:33

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
スクール・セミナー

画像一覧